ディメンシアへの想い

認知症になってもフツーに暮らせる社会の実現に向けて医療・介護・生活に関する情報発信

コウノメソッドに想う⑧

2016-10-31 08:54:40 | コラム

 今回の河野医師の3カ月の医業停止の問題の本質を違う切り口で考えてみた。

河野医師がコウノメソッドで推奨するサプリメントの競合品に対する誹謗中傷めいたことをブログやセミナーで発信したことがことの発端であるが・・・・

推奨するサプリメントのひとつであるフェルラ酸・ガーデンアンゼリカ抽出物配合製品の商品名を限定していることに違和感をもつ人も少なくないようだ。

日本抗加齢学会雑誌「ANTI-AGING MEDICINEアンチエイジング医学・2016Vol.12No4」に「サプリメントと認知機能アンチエイジング」の特集がされている。

そこには、イチョウ葉エキス、ヤマブシタケ、フェルラ酸、クルクミン、DHA、リン脂質、ヒューベルジンA等の有効性について掲載されている。

医師が処方する医薬品ではないのだから、それぞれの商品の特性や安全性や品質などの情報を公開して、最終的には利用者が選択すればいいのではと考えてしまう。

河野医師が商品名を限定するところに問題の本質があるのではないか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護離職を考える① | トップ | 介護離職を考える② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。