人生なればこそ、賭けるのである

私たちの人生とは、いわば選択であり、知りたいという願望であり、運命に祝福されたい、とねがう心のあらわれである。

マーメイドステークス2017予想 ◎キンショーユキヒメ ○ローズウィスパー▲バンゴール

2017-06-10 22:59:51 | 中央競馬
1996年の牝馬競走体系の整備により、阪神競馬場の芝2000mを舞台とした
4歳(現3歳)以上・牝馬限定の別定重賞『マーメイドステークス』が新設。
その後、2006年に負担重量がハンデキャップに変更されました。

過去10年のマーメイドSでは、単勝10番人気以下の馬が8頭も3着以内に入っているほか、
単勝5番人気以下の馬が毎年2着以内に入っており、下位人気馬が台頭する可能性が高い一戦。
前評判通りに決着しない重賞と、競馬ファンは知っているのでオッズも割れ放題。
穴馬を勝っても配当が安かったりして、頭数が少ない今年はあまり美味しくなさそう。


◎キンショーユキヒメ
デビューからここまで1.0以上負けたのは小倉2歳Sと白百合ステークスのみ。
若駒ステークスでは、後のダービー馬マカヒキら強豪牡馬が相手でも大崩れせず。
G1初挑戦となった秋華賞では18番と大外からの競馬で11着。それでも1着とは09差。
今回は牝馬同士に加えて51kgと、買いたい要素が揃った。

○ローズウィスパー
今年に入って470kg台まで馬体重が増加。見た目に馬体が充実し、ひ弱さが抜けた印象。
前々走の1000万下・四国新聞杯で豪快な差し切りを決めた阪神・内回りの芝2000mに舞台が戻るだけに、
前走とは違うパフォーマンスが期待できるはず。51kgという軽ハンデも生かしたい。

▲バンゴール
前走は後方2番手から追い上げて2馬身1/4差の4着。
エンジンのかかりが遅く差し切れなかったが、末脚は際立っていた。
ここ3年パールSからマーメイドSへの参戦馬は4連対と好相性。
軽量51kgのハンデも魅力。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エプソムカップ2017予想 ◎ナ... | トップ | 岩手ダービーダイヤモンドカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中央競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL