人生なればこそ、賭けるのである

私たちの人生とは、いわば選択であり、知りたいという願望であり、運命に祝福されたい、とねがう心のあらわれである。

CBC賞2017 展望

2017-06-30 23:28:05 | 中央競馬


関:では、福島のラジオNIKKEI賞に続いて、
  次は中京1200mハンデ戦のCBC賞をみていきましょう。
  
劉:CBC賞は、サマースプリントシリーズには含まれていないんだが、
  その行方を占う上で、重要なレースとも言えるし、
  そして、このスプリント路線の中心になり得そうな馬を見極めるレースでもあるよな。

張:昨年の勝ち馬レッドファルクスみてぇに、
  未来のG1馬が潜んでいるかもしれないと思うと、今年も楽しみだぜ!
  
関:直線の長さは地が言うが、坂もあるしタフなコースなので
  スプリンターズSでも必要な要素が詰まっているからな。
  今年の注目馬はやっぱりメラグラーナになるかな。

劉:メラグラーナの父ファストネットロックは豪州馬で
  ライトニングSとオークリープレートの二つの短距離G1を勝っているんだよ。
  ただ、それ以上に種牡馬として優秀で、世界中で活躍馬がいて、
  チャンピオンS、タタソールズゴールドカップを勝ったファシネイティングロック、
  英オークスを11番人気で勝ったクオリファイなんかを輩出してるんだよな。
  
張:日本で産駒はこのメラグラーナ、そしてブラヴィッシモくらいしか聞かないな!
  とても、中距離に活躍馬がいるとは思えなかったぜ!

劉:まぁクオリファイなんかは母父がガリレオだし、
  ファストネットロックは、割と母系の持ち味を引き出すタイプなのかもしれないな。
  
関:メラグラーナの母父シークレットセイヴィングスは米国馬ですが、
  豪G1ドンカスターマイルを勝っていて、どちらも豪州に縁が深いですね。

劉:ドンカスターマイルって、14年ハナズゴールが出走して6着、
  15年には日本から二頭出走して、リアルインパクト2着、
  ワールドエース8着という結果だったな。

張:リアルインパクトは、シャトル種牡馬として豪州いってるから
  そのうちリアルインパクト産駒が海外で活躍する日が見れるかもしれないな!!

関:それだけ、豪州と日本ていうのは、似通った適正があるんでしょうね。
  リダウツチョイス産駒のフルーキーや、
  そのリダウツチョイスの仔スニッツェル産駒のヤングマンパワーなど
  日本でも重賞馬が出ていますからね。

劉:メラグラーナも豪州遠征したら面白そうだな。
  父も母父も豪州G1勝っているんだから、合わないわけがないよ。

関:それには、まずこのCBC賞を勝って今後に弾みをつけたいところですな。
  高松宮記念は10着でしたが、中京コースがダメだった訳じゃないですからね。

張:戦績を見てもスプリンターズSは適正バッチリだろうな!
  陣営もそこを見据えてになるだろうから、下手な競馬にはならないんじゃないか!

劉:1番人気で妙味が薄れるが、やはり実力上位で軸候補の一頭だよな。

関:過去の履歴を観ても、馬体重の変動が激しいタイプだけに
  当日の馬体重には気をつけたいですな。

張:2番人気はシャイニングレイアルティマブラッドになりそうだ!
  シャイニングレイは、ホープフルSを勝って弥生賞7着の後に
  屈腱炎で長期休養してしまったんだよな!

関:故障から約二年間の療養期間を経て
  復帰三戦目の安土城ステークスを勝利してここへ参戦と、
  ドラマがあって期待したくなる気持ちもわかるが、今回は様子見が打倒に思える。

劉:一方のアルティマブラッドは、典型的な上がり馬だな。
  今回が重賞初挑戦も、母アルティマトゥーレはセントウルS、シルクロードSと
  短距離重賞を二勝して、スプリンターズSでも1番人気に支持された馬だから
  血統的には、ここでも十分にやれると思っているんだがどうだろうか。

張:鞍上も先日の帝王賞をケイティブレイブで制した
  福永祐一で勢いもあるし、なかなか侮れないんじゃないかと思うぜ!
  でも、この馬も馬体重の変動が激しいから、当日のチェックは必須だな!
  
関:昔から夏は牝馬と言いますからな。
  メラグラーナアルティマブラッドの二頭に注目ですね。
  他にあと二頭牝馬がいますが、そちらはどうみてます?

劉:3歳のアリンナと、7歳のラヴァーズポイントだな。
  後者は確か、昨年のこのレース2着だった馬だったな。
  
張:そうだぜ!ただ、昨年は、斤量が50.0kgだったが、
  今年は2kg重くなって52.0kgだから、これがどう響くかだな!

関:この馬、全ての勝ち星を6~9月にあげている典型的な夏馬なんですね。
  中京1200mの持ちタイムも、アクティブミノルに次いで2番目でした。

劉:コース適正は昨年2着で証明済みだし
  人気薄での激走が怖いし、押えておいたほうが良さそうだな。

張:アリンナは前走の葵ステークスで1着の馬だな!
  過去5年、前走葵Sだった馬は重賞に挑戦してことごとく大敗しているんだ!

  12マコトナワラタナ  葵S1着→北九州記念  14着
  13ティーハーフ    葵S1着→セントウルS 12着
  14リアルヴィーナス  葵S1着→CBC賞   16着
  15ジャストドゥイング 葵S1着→CBC賞   08着
  16ナックビーナス   葵S1着→キーンランドS05着

劉:今日の益徳は、なんか厳顔を誘き出して捕らえた時くらい冴えてるな。
  しかし、二桁着順から、年数が近づくにつれて着順も上がってきてるのが不気味だよな。

関:そうですな。今年あたり3着になっても驚けませんね。
  しかし、まぁ積極的にアリンナを買いたい気持ちは薄れた事は確か。

張:兄者、アリンナが馬券圏内にきたら、俺は反省して、酒を飲む量を減らすよ!
  
劉:そこは、せめて、酒をやめるだろ!
  飲まない誓いをたてたところで、下邳を奪われるくらいだから信用はできないな。

関:懐かしいですな。曹豹は成仏したんでしょうかね。
  でも、あの死に方のお陰でゲームでは人気者になれた訳ですし。

劉:曹豹の娘が呂布の妻だったとか、演義の強引な設定も面白かったな。
  つっこみどころが随所にある懐の深さが三国志演義の魅力だと思う。

関:同じ羅貫中作品なら水滸伝も、つっこみどころが満載で面白いですよね。
  孫二娘の人肉饅頭とか、懐が深すぎて最早コメディですよ。

劉:わしは、差し出された人肉を実際に喰った人間なんだけどな。
  劉安の妻の肉、実に美味であったぞ。
  
関:闇が深いなぁ。

張:じゃあ、そろそろ時間なんで、気になる馬をそれぞれあげていこう!


関:某は、アクティブミノルトーセンデューク
  人気馬ではやはりメラグラーナが気になりますな。

劉:わしは、アルティマブラッドに、ラヴァーズポイント
  メラグラーナは馬体重の大幅な増減に注意だな。

張:俺は、セカンドテーブルナリタスターワンに注目してるぜ!!
  


『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオNIKKEI賞2017 展望 | トップ | 福島9R南相馬特別2017予想 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログ (花を見る花子)
2017-07-12 07:20:39
おはようございます。

ブログ承認ありがとうございます。

昨日、いいブログよと先生が紹介してくださいました。

拙いブログですが、よろしくお願いいたします。
Re:ブログ (demarogufan)
2017-07-12 19:40:12
コメント及び有難いお言葉、僥倖の極みでございます!
これからもよろしくお願いいたします!

コメントを投稿

中央競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL