人生なればこそ、賭けるのである

私たちの人生とは、いわば選択であり、知りたいという願望であり、運命に祝福されたい、とねがう心のあらわれである。

ダービーシリーズ2017 まとめ

2017-06-22 23:16:51 | 地方競馬


2006年に創設されたダービーウイークが、
今年から「ダービーシリーズ(DS)」と装いを新たにして実施!  
昨年までの6競走に加えて、高知優駿(高知)、
石川ダービー(金沢)の2レースがシリーズに加わり、
5月28日(日)から6月20日(火)までの日程で8つのダービーが行われることになります。

ダービーシリーズを闘った馬たちからは、2007年のフリオーソをはじめ、
最近ではハッピースプリントやカツゲキキトキトなど、
その後も地方競馬の主力として活躍する馬が輩出されています。

 3歳ダートクラシック路線の頂点であるジャパンダートダービー(JpnⅠ)(7/12大井)に向けて、
全国の3歳馬たちが鎬を削る「ダービーシリーズ2017」にご期待ください。





さて、8つの競馬場でおこなわれたダービー、
ダービーシリーズ、皆さんはご覧になっていたでしょうか。
私は、リアルタイムで観れなかったレースもあるんですが、
きっとライヴで観ていたら、すごい興奮を味わえたんだろうなという
それくらい、どのダービーも甲乙付けがたい好レースばかりでした。

1番人気が戦前の予想通り力をみせつけて勝つダービーもあれば、
そんな圧倒的1番人気が、まさかの結果になったダービーもあり、
地元勢が他地区からの刺客を返り討ちにするダービーもあれば、
他地区の馬が、地元勢を破って勝ったダービーもありました。

今年の東京競馬場で日本ダービーは面白かったでしょうか?
勿論、馬券が当たった方は面白かったと思います。

でも、馬券抜きで観たらあんなクソみたいなレースないですよ。
どこの国でもそんなレースくらいあるんでしょうけど、
ダービーですよ、ダービー。あれが日本のダービーだと声を大にして言えるのか。
恥ずかしくてとても言えたもんじゃないでしょう。

まぁ恥ずかしいという気持ちがまだあればいいんですが、
そんな気持ちすらない騎手もいるみたいで、馬主さん含め関係者が不憫でなりません。
ダービーなんて、一生に一度出れるか出れないかの舞台で
あんな騎乗していたら、酷いものを観てしまったという後味の悪さしかない。

またしても今年の日本ダービー批判になってしまいましたが、
馬はまったく悪くないんです。馬を大事に考えているなら、
やっぱり騎手が勝たせてあげるよう、頭使ったりしなきゃダメでしょう。
結果負けるとしても、勝とうとする意志すら感じない騎乗では馬が可哀想。

そんな気持ちには微塵もならなかったダービーシリーズ。
各々が、意地を気迫を、観ているこっちが鬼気迫るそんな熱いものを感じる。
それがダービーと名の付くレースじゃなきゃいけないでしょう。
そんな想いとともに、今年のダービーを栄城賞から振り返っていきましょう。






栄城賞/スーパーマックス

スーパーマックスの2歳時は九州ジュニアチャンピオンを含む5戦5勝と完璧な内容。
そして九州ダービー栄城賞を勝利し、佐賀では7戦全勝という成績になりました。
2着のフジノカミワザは、高知ダービーで転倒し安楽死と、残念な結果に。
スーパーマックスも巻き込まれましたが、どうやら無事。
強敵(とも)の分まで、無事に勝ち星を積み重ねていってほしいところ。





北海優駿/ベンテンコゾウ
◎ストーンリバー5着○バリスコア6着▲ベンテンコゾウ1着

雨の中おこなわれた今年の北海優駿。地元勢も意地を見せるが勝ち馬は強かった。
北斗盃を勝ち、そして北海優駿まで制した岩手の星ベンテンコゾウ。
王冠賞を勝ってクラキンコ以来、初の岩手所属馬による三冠馬誕生なるか注目したい。
ちなみにクラキンコの仔クラトキンは、デビュー戦大差のシンガリ負けでした。





東海ダービー/ドリームズライン
◎ドリームズライン1着○サンタンパ2着▲アペリラルビー6着

スタート直後にカツゲキマドンナから木之前葵騎手が落馬する
アクシンデントはあったんですが、お互いに連勝馬同士の
ドリームズラインとサンタンパの一騎打ちは痺れるものがありました。
ダービーシリーズからどれか一つ選べといわれたら、悩みますが
私はこの東海ダービーを選ぶと思います。脳汁溢れるレースでした。






東京ダービー/ヒガシウィルウィン
◎キャプテンキング2着○クラキングス9着▲ブラウンレガート3着

昨年の東京ダービーの再現を観ている様だった今年の羽田盃。
移籍緒戦のキャプテンキングが、地元大井の雄ヒガシウィルウィンを破り優勝。
そして向かえた東京ダービー。中央の誇りか。地方の意地か。帝王の夢か。
それぞれの想いが詰まったレースを勝ったのはヒガシウィルウィン!
羽田盃で半馬身届かなかった相手を、今度は6馬身ちぎっての圧勝。
今年は地方の意地が勝りました。来年こそ帝王の夢が叶うはず!





岩手ダービー/キングジャガー
◎ハドソンホーネット2着○サンエイリシャール3着▲キングジャガー1着

ベンテンコゾウよ待っていろ!という感じの様相を呈していた岩手ダービー。
人気馬三頭による力と力のぶつかり合いは、まさにダービーに相応しいレース。
昨年のダービー馬エンパイアペガサスも、先日みちのく大賞典を勝ったばかりと
古馬・三歳馬ともに順調で、岩手競馬の未来は明るい。対決も楽しみ。





兵庫ダービー/ブレイヴコール
◎ホープクリスエス8着○ナチュラリー7着▲ブレイヴコール1着

兵庫ダービーは、無敗のマジックカーペットが戦前に故障し混戦ムードでしたが
菊水賞2着だったブレイヴコールが、スリーピーアイの猛追を凌いで優勝。
3着ジンバイッタイとの差は6馬身でしたから、この二頭の力が抜けていましたね。
優駿達が凌ぎを削る、観ていて涎が出るような素晴らしいレースでした。





高知優駿/フリンビオン
◎マルヨアキト3着○サザンオールスター4着▲フリビオン1着

1番人気地元のフリビオンが、見事優勝を果たして、黒潮皐月賞に続く2冠達成。
佐賀二頭が落馬となり、フジノカミワザは安楽死の処置がとられました。
スーパーマックス、及び鞍上の二人の騎手は無事だそうです。
全馬無事にとはなかなかいかないのが競馬なんですが、佐賀二頭は本当に残念。





石川ダービー/ヴィーナスアロー
◎ヤマミダンス4着○ヴィーナスアロー1着▲ナゲッツ5着

2番人気ヴィーナスアローが、ヤマミダンスと真っ向勝負して完勝。
これまで2戦して2敗と苦杯を嘗めさせられていた相手に、大舞台でリベンジしました。
ダービーシリーズのラストを飾った石川ダービーは、ヴィーナスアローが初代王者に。
圧倒的一番人気を破っての勝利、アップセットの語源通り競馬の醍醐味の一つですね。





ダービーシリーズ、本当に素晴らしかったです。
地方競馬の売り上げが黒字なのは、全国どこでも買えるようになったから
だけじゃないって事を気づかされるシリーズでした。

本場英国のダービーステークス、米国のケンタッキーダービーにも
負けるとも劣らない熱戦に興奮できる事請け合いです。
今年は見逃してしまった方も、来年は絶対に観てください。






『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝塚記念2017出走馬データ 7... | トップ | 宝塚記念2017出走馬データ 2... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (たにむらこうせつ)
2017-06-23 09:50:11
読者登録ありがとうございます<(_ _)>
まだまだ未熟な詩や短歌ですが、
これからもよろしくお願いします!
Re:ありがとう (demarogufan)
2017-06-23 12:31:08
コメント有難うございます!
私もまだまだ未熟です!これからもよろしくお願いします!

コメントを投稿

地方競馬」カテゴリの最新記事