DELTA Mamma mia !
マンマミーア!(なんてこった!)とは、
コイツのためにある言葉なのかも・・・
 



ちょいと訳ありまして、当ブログは引越します。
といっても同じgooブログですが(笑

新しい DELTA Mamma mia! はこちら....

当ブログをリンクやブックマークに入れられている方は、
大変お手数ですがアドレスの変更をお願いします m(_ _)m

では新しいブログでお会いしましょう ( ̄▽ ̄)ノ~~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は一段とシバレるなぁ・・・

洗車しても片っ端から凍ってしまいます。
負けずにシャンプーして洗車機で温水ぶっ掛けますが、
半分くらいは凍ちゃって拭き取りなんか出来やしない(^^;

ルーフも一面このとおり。
エンジン掛けっぱなしで室内ホッカホカなのにね・・・










とりあえずデルタの“塩抜き”完了しました(笑

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は約2週間ぶりにデルタで出勤です。

融雪剤やらなんやらで汚れたままガレージに缶詰めだったので、
洗車してやろうと思いましたが時間が無くて断念。
マジで錆が心配なので明日早起きして洗ってやります(^^

塩カリ(融雪剤ね)で真っ白くなったボディを見てたら、
こっちまで痒くなってくるようで辛いですわ・・・

【塩カリ】塩化カルシウム。
水分を含むと熱を発生させるので、融雪剤として広く
使用されていますね。
正確に略すと“塩カル”のはずなのですが、
北海道では“塩カリ”と呼ぶのが一般的です。
なぜなんでしょうね?

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今回の騒動、燃料ポンプが怪しいと睨んでいたのですが・・・

TSKさんから、「燃料ポンプリレーでは?」というコメントをいただいたので、
早速“デルタ ポンプリレー”でググッてみた。
すると・・・
トップに出てきたのは、なんとTSKさんのブログでした(笑

TSKさんのブログによると、この二つのリレーが怪しいそうです。両方とも抜いて再度差し込み、キーを捻る。
「ブオォ~ン!」
おぉ!やっぱりココかぁ!
リレーは生きてるようなので単なる接触不良だったのか?
とりあえず接点復活剤を端子にぶっ掛け、ステーを元の位置に戻そうとした瞬間、「プスッ・・・」エンジンが止まりましたΣ(゜◇゜;)ガーン
ぐりぐりとあちこち触って見ます。するとリレーの隣のヒューズホルダーから出ている配線を触った瞬間「カチ、カチッ」リレーがオンオフを繰り返す・・・あれれっ?

なんと今回の犯人はコイツでした。
端子が開いて接触不良を起こし、ヒューズが見事に融けちゃってます(^^;;
ココで燃料ポンプへの電源供給が断たれていたわけですね。
このヒューズホルダーを取り去って新しいモノに付け替えることにします。





元の配線に汎用のヒューズホルダーを繋ぎます。今回は気合入れて“半田付け”しました。ラジコンバカなのでこの辺は得意だったりします(^^









新しいヒューズホルダーを所定の位置に固定し、ステーを元に戻して完成。エンジンも一発始動!今度は問題ないようでひと安心。








かくして12日ぶりにガレージを出たデルタ。
快調な走りで、お不動さんだったのがウソのようです(^^
久しぶりなのと自分で治せた嬉しさで、意味もなく町内をグルグル徘徊してしまいました。

コメントをくれたTSKさん、めらさん有難うございました。m(_ _)m

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




昨日のエンジン不動の原因、どうやらバッテリーではなさそうです。
バッテリーを充電してみましたが状況は変わらず。
何度クランキングしても、まったく初爆無し。
ってことは・・・燃料系?
もしや燃ポン?あやしいなぁ・・・

悩んでも仕方ないので、潔くローダー頼んで工場入り決定です(泣

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




この1週間、全くエンジンを掛けなかったのがまずかったか・・・

またデルタのバッテリーあがっちゃいました。
今度はジャンプしてもエンジン始動できず。
コリャ、重症かな(^^;;
どうもCDチェンジャーが常時電源喰ってるようですね。
チェンジャー付ける前は、1週間以上乗らなくても平気だったし。

とりあえずバッテリー外して、明日何処かで充電してもらわなきゃ。

いよいよキルスイッチ導入かな・・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ニュープントだそうです。

こるそまるけの日記から

なんか微妙だなぁ・・・
こんなカオした動物いませんでした?
グリル周りは最近のア○ディにクリソツだし(汗

GMとの合併が暗礁に乗り上げてしまったFIATですが、
出来るものなら自力で再建して欲しいものです。
ダメ元でスティーロでWRカー作ってWRCで一発当てるとかさぁ。
来年あたりチャンスだと思うんだけどね・・・

【スティーロ・シューマッハエディション】

コレ結構好きです、私(^^





モンテゼーモロ会長、どうよ?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




毎年恒例の“とまこまいスケートまつり”です。

スケートまつりとは名ばかりで、スケートのイベント(アイスホッケーの試合など)なんて、だぁ~れも見やしません(^^;;
訪れる人の殆どは、名物“しばれ焼き”がお目当て。
屋外の会場にズラーっと並んだドラム缶の焼き台で、ジンギスカンを焼いて食べます。

スンゴイ肉臭くなるので匂いがついても良いカッコウで出かけましょう。
中央は合席?になった家族連れの奥様。
「グッチのバッグ臭くなるっしょ!」

当然帰宅後は全身ファブリーズ攻撃です(^^




雪がひどくなってきたので、氷の滑り台を滑って綿アメ買って早々に退散しました。










それにしても今年の苫小牧は雪が多いです。
なんかコンスタントに降り続けてる感じがするなぁ。

前に住んでた岩見沢に比べりゃカワイイもんですが(笑

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


節分  


“豆まき”といえば“落花生”

ここ北海道では常識です。
本州の方は大抵ビックリしますよね。
撒いた豆は食べられるので無駄になりません。
さすがに外に撒いた豆は食べませんが・・・

“豆まき”のあとは“恵方巻き”です(^^
今年は西南西に向かって「ガブッ!」っと。
太く作りすぎて一気には食べられませんでした(^^;;
この習慣もここ数年で北海道に浸透しつつあるようです。
もともとは関西方面の習慣?らしいですが、元を正せば海苔業界の策略という話も・・・
まぁ、バレンタインデーみたいなものですかね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




先日、小二の娘が「版画コンクールで賞もらったよ!」と言うので、
私は学校内の版画コンクールかなにかで賞をもらったのだと思い、
「おぉ、それはすごいね!頑張ったじゃん!」と娘を褒めてあげました。
しかしよくよく聞いてみると、日専連全国児童版画コンクールという
結構ビッグなコンクールだと知りちょっとビックリ w(゜0゜)w ワオッ!
作品が、苫小牧駅前のサンプラザに展示されているという事で早速家族で見てきました。
*日専連賞の短冊がついた“魚”が娘の作品

「ヤッパ、お前のが一番うまいんでないかい?」

“親ばか”丸出しで娘の版画を褒めちぎる私・・・(^^;

でも自慢げに版画の説明をしてくれる娘が誰より一番嬉しそうでした(^^
娘の作品を含む入選作50点は、この後全国大会へ出展されるそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


腹筋  


ヤバイです!腹が・・・

最近チョット体重増えてきたなぁ~とは思っていたのですが、
ズボンがキツイ。
特にジーンズや仕事着はファスナー全部閉めると苦しい。
しばらく体重量ってなかったので体重計へ・・・・・・ギョッ!
適正体重を10キロ以上オーバー!体脂肪率26%!?

緊急事態発生!!ヽ(゜□゜;)ノ

とりあえずウエストを絞らなくては・・・
近所のホームセンターで腹筋台をゲット!
早速使ってみる。
「まぁ、30回はいけるだろう!」
勢いがあったのは最初の3回だけ・・・結局15回で撃沈。
体力の衰えを思い知らされる。

ヤバイよ!本気でヤバイよぉ~!!

自分の体、知らず知らずのうちにオヤジ化してたのね・・・
って、気づくの遅すぎ(^^;;

柔道部時代は100回×3セットを毎日・・・でもそれは過去の話。
腹筋はキレイに割れて・・・それも過去の出来事で。
頭の中だけはあの頃のイメージのままなんだよね。

今日から本気で肉体改造します。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




職業病なんですかねぇ。
右足親指の付け根付近に出来た魚の目。発症して一年位たつでしょうか。
丁度アクセルを踏む部位なので、長時間運転すると痛いのナンノって(;ヘ;)

これまではバンソウ膏タイプの薬剤で治療していましたが、イマイチ良くならない。
それどころか患部がドンドンでかくなってきてるし・・・

そこで最後の手段(?)、イボコロリ投入です。
バンソウ膏タイプよりは手間がかかりますがこっちの方が効きそうな感じ。
これでダメなら皮膚科行きかなぁ・・・
皮膚科で魚の目の治療を受けた知人の話では、患部を1cm以上の深さで
エグられるとか・・・Σ(゜◇゜;)ガーン

ウゥ、痛そ・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




様々なトラブルで、いつ何時不動に成りかねないデルタ。
そうなるとレッカーなどで牽引される事態に陥るわけです。

が、しかし・・・

デルタには当然牽引フックが前後に装備されていますが、
フロントのフックにロープを掛けて引っ張ると・・・
なんとパンパーが割れてしまうという“オチ”がもれなく
ついてくるのです(^^;;

ちと見難いですがココにフックがあります。どうやらバンパーとの位置関係が物凄~く悪いようですね。










どうやらウチのデルタも以前牽引時にバンパー割っているようです。昨年、雪山に突っ込んだときココを割ってしまった(画像のように破片をボンドで付けてます)のですが、裏を見てみると治した跡が確認できました。







こうなると牽引時にバンパーを保護するためには、面倒ですがバンパーを取り外すしかありません。
デルタのバンパーはボルト2本を外すだけで簡単に取り外すことが可能ですが、より素早く作業できるように加工を施します。

奥に見えるボルトでバンパーを固定しています。この網を外さずにボルトを緩められるよう画像のように丸く切り取ります。このままでは見栄えが悪いので・・・








そこに電気関係などで使うゴムブッシュをはめ込みます。地元ではこのサイズが見つからず札幌まで探しに行く羽目に・・・









こんな感じでボルトにアクセスできるようになります。左右2本外してバンパーを前に引き出せば簡単に外れます。2分もあれば楽勝でしょうね。
このボルトの代わりにワークス風の牽引フックを付けている方もいますが、ココでは牽引しないほうが良いという話も聞きますので却下して・・・ホントは高くて買えないだけなんですけどね(^^;;



今後も、バンパーを外すような事態に遭遇しないことを祈るばかりです。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




先日、注文していたバッテリーが届いたので早速交換してみました。

左が新しく搭載するACデルコ(27-44)。幅・奥行はほぼ同じですが高さが15mmほど低くなってます。この低さはマイナス端子付近がフェンダー裏に納まるデルタには好都合。
補液不要のメンテナンスフリーでバッテリーの状態が確認できるインジケーターもついてるのでメンテは楽チン。底部の“ツバ”が欧州車用の証、外観もブラックでイイ感じです。



バッテリーを交換するだけではつまらないので、以前から気になっていたターミナルも交換してみることにしました。
ご覧のとおり痛み具合。
まもなく朽ち果てようとしてますが・・・(^^;;






古いターミナルをぶった切り、コードの被覆を剥いて新しいターミナルに挟み込み固定しますが、これがすぐに抜けてしまいそうななんとも頼りない構造なので、端子を取り付けてネジ止めすることにします。







裸線の部分に14サイズの端子を専用工具で圧着。











バッテリーにターミナルを取り付け、端子をネジ止めして完成。
コレでアーシング(正確にはグラウンディングでしたか?)のワイヤーも簡単に接続できそうな感じなので、今年は挑戦してみようかな?
我ながら綺麗な仕上がりに大満足
(^^





早速、試運転へ。
3速・4速・5速での“もたつき”が消えて加速がスムースになり、減速時の軽いノッキングのような症状も見事解消されました。
バッテリー交換で体感できるほどの違いがでるとは正直ビックリ(;゜◇゜)
古いバッテリー、相当弱ってたんだろうな~

改めてバッテリーの重要性を実感させられたとさ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




「今ごろなにを・・・」と言われそうですが、とりあえず。

あけましておめでとうございます
本年も当ブログをよろしくお願いいたします m(_ _)m

年末年始のハードな繁忙期を終え、ようやくPCに向かう時間が
とれるようになりましたのでブログ再開です。(^0^)v
郵便に携わる仕事をしている私には、正月休みなんて関係ありません。
大晦日も元日もモチロン仕事でしたから(泣
まぁ、この職に就いて13年経ちますから慣れてはいますが・・・

さて、そんなこんなで迎えた2004年ですが、新年早々やってくれましたよ!
ほんとに飽きさせないヤツですね。我が家のデルタは。
どうやらここ数日の厳しい寒さに耐え切れずバッテリーが昇天した模様。
慌ててプントからブースターケーブルでジャンプするも、エンジンが始動
する気配は全くナシ。
どうやら手持ちのケーブルは軽クラスのモノらしく容量が足りないようです。
某イエ○ーハッ○にて、100Aのケーブルを購入して再びジャ~ンプ!
今度は見事に始動成功。

しかしこのバッテリーは5年モノですから、またアガッてしまうのは非を見る
よりも明らかなので、新しいバッテリーを購入することに。
いろいろとサイトを探し回った結果、性能と価格のバランスがイイ感じの
「ACデルコ」に決定。
型式は27-44というサイズで容量は44AH。
ボッシュのS-4Cとほぼ同じサイズで同容量。
秋田県のオートパーツプラザというショップが安かったので早速発注をば・・・

ACデルコバッテリー(27-44)¥9,400 送料¥1,000

すぐにメールが届き、即日発送してくれるということでひと安心(^^)

・・・したのもつかの間、
充電のため30分ほどアイドリングをしていると、なんだか様子がオカシイ。
水温計の針が110℃付近を指してるじゃあ~りませんか(^^;;
普通なら水温が90度超えたあたりで電動ファンが回りだすのですが、
一向にその気配はありません。
どうやらラジエターファンスイッチのレジスターがブチ切れたようですね。
幸い、この時期は走行中なら水温は嫌というほど下がるし大丈夫かな?
とも思いましたが、やはり暖機運転中でも100℃超えちゃマズイでしょ~。
近いうちに交換することにします。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ