日本グルーヴチューン振興会

アイドルからインディーポップまで、主にカッコいいJ-POPのレヴューを書いています。

購入記録

2017-07-17 12:43:41 | CDレヴュー

ここ何か月かで買ったけど、まだ何も触れられていないモノをご紹介するという、困った時に時々発動する企画(笑)

 

大ベテランからアイドルまで色々と織り交ぜてご紹介します。

 

 

まずコチラ。

 

 

角松敏生が過去にリリースしたギターインストアルバムをセルフリメイクで再構築したアルバム『SEA IS A LADY 2017』から。オリジナルの方も散々聴きましたが、今回聴き比べてみてオトナな音に仕上がっているなと感じました。もちろん音のクオリティも格段に上がっています。このアルバムを聴いていると、やっぱりカッコいいギターはイイもんだなぁと改めて確認できる素晴らしい作品です。

 

 

続いてコチラ。

 

 

4月に国内盤がラリーレーベルからリリースされたPREPの「FUTURES EP」から。私的名盤紹介というブログの管理人、@privategrooveさんが紹介していたのを聴いてハマったので購入。個人的にはリアルタイムのUKモノを買うのは非常に珍しい(笑)それくらい良かったんですよね。どこかジャパニーズアーバンポップの匂いも漂う心地よいメロウグルーヴ満載のアルバムでした。

 

 

次はコレです。

 

 

5月にリリースされた、シンリズムくんのアルバム『Have Fun』から。この曲を含む冒頭の3曲が本当に大好きなのですが、個人的には好みとの乖離が若干感じられるアルバムでした。それだけ振れ幅が大きくなってきて多彩になってきているんだろうなと好意的には捉えていますが。とにかくまだ若いので、これからの成長が本当に楽しみ。

 

 

続いてコチラ。

 

 

空気公団の結成20周年を記念してリリースされた3枚組CD『Anthology Vol.0』より「呼び声」。ヴォーカル:山崎ゆかり嬢が醸し出す唯一無二の佇まいと、張り詰めた空気と緩さを共存させるバックトラック。気持ちいいのにどこか緊張も感じる歌が心に突き刺さる。

 

 

ここからアイドルっぽいゾーン(笑)

 

 

元AKB初期メンバー(という枕も不要かと思いますが)、星野みちるがリリースしたアルバム『黄道十二宮』から。楽曲や演奏に参加しているのは、新井俊也・はせはじむ・佐藤清喜・杉真理・清浦夏実・沖井礼二・辻林美穂・小川貴史・かせきさいだぁ・井上薫(ブルー・ペパーズ)・福田直木(ブルー・ペパーズ)・ゲイリー芦屋etcというクレジット見るだけでテンション上がる1枚。

 

 

その星野みちるのレーベルメイトがコチラ。

 

 

元エスペシアの脇田もなりのシングル「I'm With You-Extended Version-」よりタイトルチューン。ハウス界のレジェンド:福富幸宏プロデュースによるオシャレダンスグルーヴ。この曲も素晴らしいけど、それ以上にカップリングの「EST! EST! EST!」が大好きです。冗談伯爵の新井俊也のアレンジとスムースエースのコーラスが最高にカッコいいジャジーメロウグルーヴ。

 

 

最後はコチラ。

 

 

東京女子流の最新シングル「water lily~睡蓮~」よりタイトルチューン。この曲も悪いわけじゃないんだけど、やはり心惹かれるのはカップリングの「illusion」の方。俺は松井寛センセの音作りが本当に大好きなんだと再確認。女子流と松井寛の組み合わせがもっと聴きたいんたけどな・・・・

 

 

という訳でダラダラとご紹介してきましたが、少しでも興味を持っていただける曲がありましたらこんなに嬉しいことはありません。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UNCHAIN『from Zero to “F”』 | トップ | Negicco『Negicco 2011~2017... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

CDレヴュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。