goo

公開講座『ルカーチの存在論』27周年第1回







※ 科学技術的知識―それは、われわれを自由にすると同時に、われわれから自由(いのちさえ)を奪うもの。そのことがはっきりしたのは、3.11だったと思います。科学技術的知識の根底には、数学的思考があります。第1回は、ゲーデルの「不完全性定理」をめぐる講演となります。この「不完全性定理」を境に、数学的思考は大きく質的に変質したと考えられます。その社会的意味はなんだったのか、そして、それが科学技術的知識に、いまも与えている影響とは何のか。そうした点も踏まえて、ゲーデルから現代数学を見直してみるということになるでしょう。報告者は大学院で物理学を専攻し、その後、長く、技術者として、日本と海外の生産現場で、仕事をしてきた人で、いわば、理論と実践を媒介することが、その仕事の内実だったと言えるでしょう。ぜひ、ご参加ください。

※ 後半の報告は、石塚省二が、現実の東欧革命をポーランドで体験し、現実と格闘する社会哲学を身をもって示した著作『近代の終焉と社会哲学―東欧革命のアンプリカシオン』を読み解いていく第一回目となります。アンプリカシオンとはフランス語のimplications、英語のインプリケーションズ、含意のことです。今回は、プロローグおよび第一章「近代普遍主義の崩壊と現代世界」です。乞うご期待!

(前半)ゲーデルの『不完全性定理について』(尾木嘉令)
(後半)石塚省二著『近代の終焉と社会哲学―東欧革命のアンプリカシオン』を読む(外岡則和)
(後半2) ルカーチ著『社会的存在の存在論』日本語版作成の試み―労働論の翻訳(報告:尾内達也・和田裕)

★日時:2017年平成29年5月20日(土) 午後18時-21時

★場所:中央大学駿河台記念館410号教室(最寄駅JR中央線御茶ノ水駅、他)

★会費:2,000円(10回一括で15,000円)

※ 講座終了後、デリ・フランス御茶ノ水店で懇親会があります。参加自由。大いに本音の意見交換をしましょう(だいたい、費用2,000円ほど)。懇親会の議論が、表の議論より面白いという評価もあります。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 第10回銀河朗... 一日一句(1897) »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。