goo

第8回銀河朗読会―戦に抗う詩4―







■「第8回銀河朗読会―戦に抗う詩4―」が、11月5日(土)に行われます。ご興味のある方の参加をお待ちします。




爆撃機シリアの空の十三夜

★戦争は他者の問題と直接つながっています。マーケットとしての他者には強い関心を持てても、人間としての他者には関心が持てない。そういう状況があちこちで見受けられるように思います。原発の問題にしても、沖縄の問題にしても、差別の問題にしても、あるいは、自分自身についてさえ、マーケットとしてしか自己認識ができなくなりつつあるのかもしれません。こうした人間が、<ロボット商品>と化した世界に希望はあるのでしょうか。人一倍敏感な感受性を持つ詩人たちは、こうした世界のありようをどのように感受してきたのでしょうか。朗読を通して問題提起をしてゆきます。


第一部  自作朗読(俳句と14行詩を中心に)(尾内達也)

第二部  トラークルとアルトー、メルヴィルなどの詩の朗読

第三部  オープンマイク・意見交換

最後の詩 ロミー・リーの詩の朗読

【日時】11月5日(土曜日)15:00-17:00

【場所】恵比寿カルフール ギャラリールーム

【会費】2,000円(珈琲・紅茶付き)

【申込み・連絡先】尾内達也
mob 080-5443-8649 
eメール delfini800@gmail.com


※ 過去の銀河朗読会の朗読詩などは、公式FBページからご覧になれます。ここから>>>










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 公開講座『ル... 一日一句(1726) »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。