goo

一日一句(2046)








鬼になる酒もありけり十二月











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2045)







寒林の影たくましき黒さかな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2044)







冬の日や赤城に近く胸さはぐ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2043)







世にあるや幾度見上げし冬の空






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2042)







冬の雲ひとつを追うて帰郷かな












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2041)







冬天の青は動いてゐたりけり






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2040)







百代や冬の公孫樹の幹ぬくし






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2039)







大いなる命の匂ひ冬田かな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2038)







さきたまは冬田の空の青さかな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(2037)







大空や冬田一枚野に還る






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ