goo

一日一句(1863)







深閑と椿涅槃の乱れあり






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1862)







三月や道に迷うて薬師堂






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1861)







看板の店の名はなし彼岸明






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1860)







国道はものの影なし彼岸明






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1859)







春の木や深空をわたる日の光






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1858)







放浪癖あると言われしさくらかな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

公開講座『ルカーチの存在論』26周年第10講







★土曜日に行われた、公開講座『ルカーチの存在論』26周年第10講の様子が公式ページにアップされました。ここから>>> なお、報告のレジュメおよび資料は、ノートにアップしてあります。

レジュメ「時間の社会哲学・序論 ―<時間存在、即、労働存在>論の展開―」ここから>>>

資料1「道元の時間論」ここから>>>













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1857)







樂茶碗櫻古木の春の影






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1856)







熊本やしらすは枡で量り売り






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日一句(1855)







三匹の猫春風になるところ






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ