『似肖屋(あやかりや)』 旧東海道 江尻宿で商いをしています。ー現在の清水銀座商店街です。ー

でくのぼう シャツ、作務衣、スラックスの製造元です。美と癒しと新和風をテーマに、古代布の復元を目指しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手の込んだワンピース

2007年05月22日 | Weblog
 
 春から夏に向けて作品が出来上がってきました。
このワンピースは、ぼかし染め、型染め、纈(ろうけち)染め、を一枚の布に
染め込んだ逸品です。
藍、硝煙、柿渋、紅花等の染料が使われております。
 この複雑な柄の布をワンピースに仕立てるには、布の全体像と作品の全体像が
一致しなくてはなりません。デザイン及び縫製は、望月英子さんです。
ワンピースは一点ものです。 帽子もセットでどうぞ・・・
(写真のワンピースは現在売り切れております)

 一点ものとオーダーメイドの違いは、生地の染色のことで、
一点ものは生地を一着分しか染めることが出来ません。
オーダーメイドは、あと一~ニ点分は布地があるということです。
縫製は、どちらも一点一点丁寧につくられます。
 

この記事をはてなブックマークに追加

第7回 ハンズ55

2007年05月15日 | Weblog
“第7回ハンズ55”を5月18日(金)~22日(火)に似肖屋にて開催します。
今回は藍染の伊藤宣夫さんの作品を中心に、布、服、帽子、バック、ハンカチ、
その他いろいろを100点ほど、又、19日には、午前、午後と柿渋染めの実演と
柿渋チタン媒染の講習会があります。
柿渋で染めた後、チタンで染めますときれいな黄色に染まります。
他にも木酢酸鉄(濃いグレー)、炭酸ナトリュウム(重曹)(ベージュ)
とか、いろいろ試すと色を楽しむことが出来ると思います。
又、それを使い込むうちに“移ろいゆく色”を実感出来ることと思います。

 写真のロングブラウスは、紅花と藍の濃淡の古代型染めです。
デザイン及び縫製は、望月映子さん(清水区)です。一点ものです。
(現在売り切れております)

 他にも、随時新しいブラウスをそろえております。

この記事をはてなブックマークに追加

夾纈染(きょうけちぞめ)プルオーバーシャツ

2007年05月14日 | Weblog
 夾纈染めプルオーバーシャツを紹介します。
 
 布地は、似肖屋(あやかりや)オリジナルの似肖布(清水区)
染めは、小山典男さん(東京都西多摩郡)
洋裁は松村はつゑさん(清水区)

   オーダーメイドです。(現在売り切れております)

この記事をはてなブックマークに追加

手描きブラウス

2007年05月12日 | Weblog
 木山司津子さんのコスモスをモチーフにした手描きブラウスを紹介します。

 弟と同じ様に 洗濯に強いアクリルガッシュで描いてもらっています。
木山さんは、東京と海外を行ったり来たりしていて忙しい方ですが、
ブラウスに描く花の絵は、一枚一枚 丁寧に、やさしく、細やかに
女性の視点で描いてくれます。

 この他に、チュウリップ、ひまわり等々いろいろあります。
母の日のプレゼントにも最適です。
 
 






この記事をはてなブックマークに追加

手描きTブラウス

2007年05月11日 | Weblog
 タチアオイをモチーフにした手描きTブラウスを紹介します。
画家は、アーボンハウス フラメンコスタジオ主宰のギタリスト、
弟の土屋満章です。
アクリルガッシュで描いているので水洗いOKです。

 彼は、もともと造形美大の彫刻科出身の芸術家で佐藤忠良先生に
師事していたことを 昔はよく自慢していました。

 現在は高校の美術の講師をしながら、趣味で絵やギターを教えたり、
描いたりしているようです。

 手描きTブラウスは、すべて一点ものです。
 

この記事をはてなブックマークに追加

生成りジャケット

2007年05月04日 | Weblog
似肖布の“生成りのジャケット”を紹介します。

 06’12月31日付けのブログ、“わび”にも書きましたが、
あやかり布は、和紙と同じで繊維と繊維が絡み合って糸に
なっていますので、そこに隙間が出来て 軽く、夏涼しく、
冬暖かい、しかも皺になりにくい布になります。
 これからの旅行に便利な逸品です。
急に冷房のきいた部屋に入ったとき、涼を求めて山へ出かけるとき、
その他、用途はいろいろあると思います。

 




この記事をはてなブックマークに追加