教育ママの受験計画

二人の息子がいます。彼らの教育について母の試行錯誤日記。

ご質問にお答えします!

2016-09-17 23:00:05 | 長男
前回の記事にコメントをいただきました。それについてお答えしたいと思います。

教えて頂きたいのですが、長男さんはインタースクールで、次男さんは日本人学校、というのはどのように決定されましたか?次男さんも中学からはインタースクールをお考えなのでしょうか?インタースクールで塾に行っての日本の勉強はとても大変そうですが、日本人学校でも塾に行かれるのが普通なのでしょうか?日本人学校はどこも優秀と聞きましたが。高校受験は日本でと現時点では考えているので日本人学校か…せっかくの機会なのでインタースクールか…悩ましいです。

えっとですね〜、
まず長男は6年生で日本人学校に編入したのですが中学校からインターに行かそうかと思っていました。それは、その地の日本人中学校の人数が極端に少なかったからです。10数名しかいないかったのでそこでの三年間は面白くないだろうと思いました。それが6年生の2学期に隣町へまさかのスライド。1学期の間に運動会も修学旅行も終わっていたので9月からG6に編入しました。

長男は日本で中学受験塾に行っていたので5年生でほぼほぼ6年生の範囲を修了していました。それも大きかったですね。我が家は日本の義務教育範囲ぐらいはたとえインターにいても知っておくべきだと思っていたので、何が何でもインターに行かせたいという感じではありませんでした。

長男のインターでの生活を見てわかったことは、本人がやる気ないとインターの勉強をこなすのが大変すぎるということです。なので次男に関しては、中学生になる前に本人が行きたいと言ったら行かせてあげようと思いますが、特に何も言わなかったら日本人中学校かなって思ってます。

積極的に行けるガッツのある子はインター向きですが、おとなしい子、先生に質問とかできない子は日本人学校向きかな〜って思います。

日本人小学校の子も高学年はほとんどの子が塾に行ってます。それ以外に英会話の先生をつけている子が多いです。よって、日本人中学校に上がってからすぐの英検は準2級、あるいは2級を受験する子が多いです。

中学生に限っては9割塾に行ってると思いますが、聞くところによるとクラスのトップは塾に行ってない子らしいです。

現在中1のお子さん、高校は日本でとお考えならば、私ならば日本人学校を選ぶかな〜。学校によったら英語がある程度できないと入学できない場合も多いです。そして来春までに編入したとしても、早生まれでないならばおそらくG8。そしてすぐG9になります。英語の習得が優先ですが、その間に授業はどんどん進みます。かなりの覚悟がないと厳しいです。ちなみに長男の学校は編入生でも容赦なく、G6のとき編入1ヶ月では日本の紹介のプレゼンをさせられました。もちろん親が簡単な英文を考え、家で練習をしました。親の協力がないと厳しいですよ〜。



ジャンル:
受験
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実は夏期講習で・・・ | トップ | 8月の月例テストの結果 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました! (悩む母)
2016-09-18 22:50:19
早速、また大変詳しく教えて下さり、ありがとうございました!なるほど〜と読ませて頂きました。よくわかりました。
インターナショナルスクールというと素敵な感じでせっかくなら!という思いもありましたが、甘い話ではないですね。うちは海外赴任の話が出てあわてて英会話スクールに行き始めたのが半年前…塾も行かず、先取り勉強もせずで…日本の勉強と両立させるのも並大抵のことではなさそうです。本人にこの辺りのことを伝え、それでも行きたいと切望したら考えたいと思います。タイプ的には積極的でよく喋るのでいけそうですが、学力は決して高い部類ではなく(笑)
とはいえ、日本人学校も塾率9割とは!教育熱心なご家庭も多いでしょうし、当然といえばそうでしょうね。日本人学校なら安心、と軽く考えていたのでこちらも参考になりました。
長男さん受験頑張って下さいね。一読者として応援しています!教育ママさんもいつもどーんと構えておられて尊敬してしまいます。これからもブログ楽しませて頂きますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

長男」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。