From 1000m

低山の、ゆる山登りがおもしろい (=^▽^=)
藪を掻き分け、岩を登り、ご機嫌珈琲タイム

GW山歩きその2 じいとばあ バリエーションルートから御堂山 エキサイティングなじじばば岩

2012年04月30日 | 日記

4月30日

群馬から長野・長野から群馬 まあどちらでもいいんだけれど、国道254を走っていると 「じいとばあ」 の看板がる食堂があるんです。これね・・・俺的に爺さんと婆さんが経営してるから「じいとばあ」だと思っていたの・・・ 実は、この食堂の裏山に御堂山という立派なお山があり、そこに「じい岩・ばあ岩」というこれまた個性的な岩山がありその銘をとったのが「じいとばあ」なんでした。 足軽くここはいつも通過してんだけど、意を決して「じいとばあ」と会いに行ってまいりました。しかもただ行くのもつまらん・・・ 廃道になって記憶から忘れ去られたバリエーションルートを詰めます。

 

奥の三角ピークが御堂山 そして 右から ばあ岩・じい岩・たんす岩 お婆さんがお茶を爺さんに運んでいる姿だそうです。

地図にない林道を駆け上がり 御堂山へ沢を詰めます。ん〜 熊はここら辺多いから鳴り物だけは付けたのでした。たまにポツリといにしえの時代の目印が忘れ物のように出てまいります。

 

ま・・・まるっきり沢登りだね 当然登山道なんてものは見つかりません。ここは悪い

 

沢を詰め上げ、主稜線に近づくと明るさが増し・・・尾根に登りあげました。いつの時代の看板か・・・難路コース※地図にはありません。 無事登攀なのだ

  

気が付けば後ろにはピラミダルな雨宮山※こちらにはいきません そして目指すエキサイティングな爺さん婆さんが木陰から覗いていたのだ。ここで大ハプニング 何気に足を見ると・・・赤いものが・・・・何か見慣れたいやな予感・・・痛みもなく・・・赤いものが広がり・・・予感は的中・・・山ビルにやられましたしかもどうしてこんな太ももに 誰もいないのでズボンを下げ確認すると、痛みもなく出血は止まらず・・・御堂山山頂でへこんでいたのでした。

  

一般道と合流・・・ここからはハイキングだね 

そ・し・て・エキサイティングな爺さんと婆さんにご対面 すげー 左が爺さん 右が婆さん 先の震災で良く倒れなかったね・・・

 

 

山ビル被害 さらに悪化

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« GW山歩きその1  鹿岳(かなだ... | トップ | たらの芽 2012豊作祭り 1... »