From 1000m

低山の、ゆる山登りがおもしろい (=^▽^=)
藪を掻き分け、岩を登り、ご機嫌珈琲タイム

たまには山道具の話でも・・・その3 下降器

2011年01月23日 | 日記

西上州を歩くのにザイルと下降器は必修なのです。どこを歩いても藪と岩・・・とても整備されたアルプスなんかと同じ装備では歩けないのです。というわけでいつも旅のお供に持ち歩いている下降器を紹介します。

基本的にはオーソドックスなCAMPのエイトカン かなり年期も入っていい味が出てきています。ただ最近は予備として携帯しています。最近のメインの下降器はKONGのハイドロボット これが使い良いのです。難をいえばちと重い・・・ 先のエイトカンが約90g・・ハイドロボットが180g・・・ほぼ倍ですな。されどロープの掛け方で幾通りのフリクションが調整でき、特に空中懸垂が頻繁にある山行ではかなり良い仕事をしてくれます。そしてロープを通すのもカラビナから外さず、銀色のバーをカパッと開いてロープを通し戻せばセット完了なのです・・・

 

ロープの掛け方によっては自己脱出や荷揚げにも使える優れものなのだ・・・ただ太い軽のザイルだと絡めたときに一杯になりそう・・・・

自分は9mmのハーフロープが最大径なのでジャストサイズです。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« サロモン コズミック4D GT... | トップ | 山の悲鳴が聞こえる・・・鹿に食... »