三昧日記

凝り性川筋男の後悔日記

石に刻んで後世に伝えよ

2017-07-29 12:28:06 | 日記
大切なことは石に刻んで(彫り込んで)後世に伝えよという習わしがあるらしい。今なら別の方法があろうが,昔は永久に保存できるのは石に刻んだものしかなかった。
きょうサイクリングで故郷の町の中元寺(ちゅうがんじ)地区まで行った。田んぼの中を通っている道路の交差点付近に石の巨大な記念碑が目に付いた。

耕地整理の竣工記念碑のようだが,その豪華さに驚く。詳しくはないが,石材は黒御影石というのだろうか?屋根まである。竣工したことを後世まで伝える必要があるのだろうか?あるとしてもこれほど豪華・巨大なものが必要なのだろうか?
故郷の町は先日の豪雨で大きな被害が発生した。その災害現場に「〇年〇月,ここまで浸水した」といったようなことを刻んだ碑を建ててほしいものだ。豪華でなくてよい。大切なことを後世に伝えるために。
以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤の花が咲きました | トップ | 身辺整理道半ば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。