三昧日記

凝り性川筋男の後悔日記

2017年の計画

2017-01-04 20:17:07 | 日記
目標
1.日々規則正しく生活する
2.前向きに生きる
3.健康の維持・増進に努める

手段
1.1 一週間に4日ほど出勤する。
1.2 自宅にいるときは時間割に従う。
2.1 資格試験を一つ以上受験する。
2.2 欧文1分間60字以上,和文1分間50字以上のスピードでのモールス通信を可能にする。
2.3 マイクロコントローラ(AVR,PICなど)の利用技術を修得する。
3.1 毎朝可能な限りラジオ体操を行う。
3.2 膝のリハビリを継続する。
3.3 無理せず「低い山歩き」を継続する。
3.4 年1回の健康診断を受診する。

補足(反省・根拠・抱負)
(1)ほぼ年金生活に突入し家にいることが多くなった。すると一日をだらだらと過ごすことが多くなった。何の成果もない日が多くなった。読書さえしなくなった。
 時間割を作成してこれに従うのといいのだが,要は自分を厳しく律することができるか否かにかかっている。わたしは意志の弱い人間だからこれが難しい。ならば規則正しくなる出勤を課せばよい。
(2)わたしの自己研鑽の一つの手段として「毎年一つ以上資格試験を受験する」というのがある。ことしは総合無線通信士を受験する予定だったが難しい。ならばこれに代わるものとして何かを受験しよう。
 もちろん,総合無線通信士受験のための準備は進めなければならない。難関のモールス通信をせめてアマチュア程度でも身につけることにする。実は以前和文モールスで交信していたのだが,十数年遠ざかっているうちにできなくなってしまった。さらに年齢も加わって取り戻すのも困難になってきた。何とか元の水準を取り戻すのをことしの目標とする。
 数年前からマイクロコントローラを使った装置作りを目指しているが一向に進まない。ことしは是非具体的に着手したい。まずはエレクトロニックキーヤー,つぎに周波数カウンター,つぎに・・・。
(3)一昨年の右膝半月板断裂以来運動能力が極端に低下した。運動どころか,日常生活にも支障が出るほどである。昨年6月に手術を受けたが回復が思わしくない。しかし,緩慢ではあるが回復基調にあるように思える。
 膝が悪いと他の部分も悪くなり,また運動不足,行動範囲の制限から生活規模の縮小が惹き起こされている。体重が増え,体力も低下している。
 リハビリは続けなければならない。
 リハビリの一環として始めた「低い山歩き」を継続する。ただし,無理は絶対に禁物。
以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホタルの里温泉 | トップ | 低い山ある記(10): 亀ノ岳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事