三昧日記

凝り性川筋男の後悔日記

自転車をレストア中!

2017-05-14 19:31:57 | 日記
連休初日に郊外の廃棄品収集場所でドロップハンドルの自転車を見つけました。ほどなく管理人がやってきたので交渉した結果3千円なら譲っていいとのこと。一旦帰宅した後,結局3千円で買うことにしました。
一見すると良い自転車のようでしたが,良く見るとタイヤは極度に劣化,チェーンは錆で固着,多分チュープも駄目でしょう。サドルも苔が生えるほどの傷み。手入れの大変さが予想されました。
購入時の写真は残念ながら撮っていません。とにかく,錆びと劣化でボロボロです。
持ち帰って空気を入れたところ,一応何事もないように入りました。タイヤもまあまあです。直ちに交換しなければならないほどではないようです。
まず,チェーンの固着を解かなくてななりません。Kure CRC5-56を吹きかけながらチェーンを一節ごとにペンチで折り曲げて固着を除きました。
その結果,一応車輪が回るようになりました。
しかし,ここで重大な問題を発見。それは後輪のラチェットが働かないのです。つまり,乗車中は常にペダルをこがなくてななりません。通常の平坦な道ではいいのですが,下りでは大変です。致命的に近い重欠陥です。
ラチェット機構は後輪の軸に組み込まれています。修理するには歯車群を外さなければなりません。しかし,寸法が特殊で普通の工具では外せませんでした。

仕方がないので市内の自転車屋に持って行って外してもらいました。このとき,ベアリングが錆びているということで交換してもらい,何と3,500円かかりました。車体より高くついてしまった。
本当は錆びたボールを洗って再利用したかったのですが,自転車屋さんの勢いに呑まれてしまったのです。
しかし,このときいくつかの貴重なノウハウを得ました。まあ,3,500円は授業料と思えばいいのです。
さて,その後ブレーキ関係を修理して,何とか道を走れるようになりました。

そうは言ってもまだがたがたです。これから錆びの手当と信頼性の確認などを徐々に行なってサイクリングに使えるように仕上げたいと思っています。
わが家には何台の自転車があるのだろうか?
以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八木アンテナ完成間近 | トップ | 低い山ある記(15) 観音山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。