三昧日記

凝り性川筋男の後悔日記

きんもくせいの花が咲きました

2016-10-19 19:11:24 | 日記
気が付いたらもう1か月ほどブログをサボってしまっていました。久しぶりの投稿です。

まず,前回の訂正を。
最初の写真のすぐ上のところの文「白いセメント抵抗が立っているのがわかりますか?」は2枚目の写真のすぐ上に書くべきでした。分を挿入するとき,「下の写真をご覧ください。」が双方の写真の上に書かれていたため場所を間違えてしまいました。いつまで経ってもおっちょこちょいのわたしです。

さて,きょうはあまりにもありふれた題材です。わが家の庭のきんもくせいが咲きました。とにかく,写真をご覧ください。

きんもくせいは2株あります。もう1株は

のとおりです。
いずれの株もわたしの母の住んでいた住宅の庭に植わっていたものです。1999年に母が他界した後にわが家に移植したものです。最初は二丁目に,その後現在住んでいる一丁目に越してきました。よく枯れずに堪えています。
ことしはきんもくせいの花が咲かないことを心配していたのはつい1週間か10日ほど前のことでした。それが咲き始めたらあっと言う間に満開です。いい香りが漂っています。
ところで,この2株には苦い思い出があります。
わたしがまだ二十歳代のとき,母の庭に植わっているきんもくせいを剪定しました。そのやりかたが全くダメで母の不評というか,怒りに近いものを買ってしまいました。わたしとしては当時の知識・技能を最大限発揮したのですが,そもそもの考えが間違っていたのです。
実は丁度その頃,同僚との話で植木は下枝を切ってしまわなければならないと教わりました。しかし,それは庭木,観賞用の樹木ではなくスギなどの木材用の植木に関するものでした。それを鵜呑みにして伐ってしまったから大変なことになったのです。
ですから,今でもわが家の2株のきんもくせいは形が悪いのです。
以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TS-520Vを改造 | トップ | 手術後初めて山に登りました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。