やむやむやみー

やみーのやむやむな毎日

「ゆうゆう」2014,12(表紙 大地真央)

2016-10-19 19:16:06 | ヨムヨム ネタバレチュウイ!!!
前半にあるインタビュー記事では、大地真央も中尾ミエも似たような

ことを言っている。

体はいくつになっても鍛えられる、という話。

老化する体をせめて現状維持するために「鍛える」ということが必要だと、

私は中年時代にケガをしたことで早くに実感した。

不運だったと思うけど、早くに老化めいたものを体験したことで

なんとなく老年に持つべき覚悟を想像でき、これから迎える老年期が

少し怖くなくなった気がする。


そして中尾ミエが言う。

悩む暇を作らない。

今は思う。時間がゆったり流れる老後、いいなあ、と。

でも時間があるということは悩む暇を作る可能性は増える。

だから「鍛える」のだ。


☆親が独居できなくなったとき、というテーマ

 きっかけは、認知症・歯が悪くなり食事が難しくなったなど。

 専門家の意見としてはトイレに自分で行けなくなったときが判断のとき。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つながり読書92 「挨拶は... | トップ | もっと捨てづらくなる前に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。