DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN

要するにNATOと情報機関

2017-05-17 17:56:08 | アジア情勢複雑怪奇

マルウェアが仕込まれたというので世界中が大騒ぎしている。

プーチンは15日に既に、ざくっと、

情報機関が作ったマルウェアは、製作者にとって裏目に出る可能性がある

Putin: Malware created by intelligence services can backfire on its creators
Published time: 15 May, 2017 09:51
Edited time: 15 May, 2017 14:57

https://www.rt.com/news/388395-putin-ransomware-creators-intelligence/

と言っていた。

で、「逝きし世の面影」さんの今日のエントリーを読むと、状況から考えれば、その裏目(バックファイヤー)は日本に及んでいたという可能性がある、となるようだ。

陸自LR2機(サイバー攻撃?)計器着陸で全員死亡
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/c43fc2cccc57892c95d435af41c9d2c8

こういう恐怖ネタなら、北朝鮮が疑わしいとか言いたいところは日本にたくさんあるだろうし、世界的には、ロシアが~ロシアが~ロシアがあああああああ、となるにはもってこいなのだが、どうもそうなっていないのは、それはやっぱり、出方によっては難しい対応になりそうで、面倒だから奇妙なうろうろ報道が続くということなんだろうか。

 

で、マイクロソフトが米政府機関に対して批判的なのが目立つ。

MS、ランサムウェア攻撃で米当局を批判--「トマホークミサイルが盗まれたのと同じ」
https://japan.cnet.com/article/35101128/

Microsoftは、米政府機関がソフトウェア脆弱性をひそかに蓄積して情報を開示しないことを批判し、先週末に発生した大規模なランサムウェア攻撃は「警鐘」であるとした。

 

まぁ、批判は結構きれいごとレベルではあるけど、MSはそこにかかっている何かを知ってる関係者でしょうね。で、さすがにこれはヤバいというところになってる、って感じか。

まぁ、このへん、いくらなんでもハルマゲドン主義者につきあって、核戦争は勝てる、とかいう方向に引きずられるのは困ると考えているであろう総体としてのペンタゴンさんと似た立場のような気がする。

とういわけで、だんだんと、問題の核心にあるのは、結局のところNATOと各種情報機関に入り込んでいる「本気のバカ」ということになるんじゃないでしょうか。

つまりですね、ある程度はみんなこれで儲かるならいいじゃないかと進んできたんだけど、そのコアに、とんでもない本気のバカがいることに怯えだして、気がついた人たちからだんだんと、これはヤバいよこれはヤバいよと言い出しているのがここ数年の出来事と考えると辻褄があうと思うな。

だから、現在のフェーズは、どうやってこれらの軍と情報機関を、できるだけ米の体面を傷つけずに、いや、できるだけ軽度の損壊で収集するか、というところじゃないのかしら。そんなことができるならば、ではあるけど。

一極支配は内部から崩壊する、なぜなら誰もチェックしない機構だから、と数か月前に書いたけど、まぁそんな感じ。で、現状はまさにこれでしょう。

この状態は、結局のところ、世界中の数多くの国と地域の一般大衆にとって便益はない。工作のたびに治安が悪化し、メディアが嘘をつく、という事態にさらされ、かつ、それを隠すためには買収された政治家しか上位にいけない、残らないような仕組みだから、国全体をマネージしようという政治家、官僚はパージされる。さらに、本拠地としたアメリカ人にとってもまったく便益がないどころか、紛争のたびにアメリカに対する嫌悪と侮蔑だけが募り、いわゆる軍産複合体と治安機関によるやりたい放題を止められなくなっていくばかり、という事態だった。

とりあえず過去25年の恐怖時代は終わりつつあるんだと思う

 

で、思うに、日本の中の一部はこれら本気のバカに汚染されているんじゃないかという疑いが濃厚な気がするんですけど、どうなんでしょう。

 

■ 危機的状況

「マスコミの載らない海外記事」さんが訳しておられたポール・クレーグ・ロバーツの最新の記事。私もこの認識かな。だいたい。

急速に激化する危険な状態
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-6bf5.html

 

■ オマケの妄想

で、妄想だが、最終的には欧州+日本を切る(無視して進む)方向に行くしかないという形になるのかもしれないな、という気がしてきた。少なくともシナリオ5ぐらいのところにはオプションとしてあるでしょう。

どういうことかというとこの2つをぶら下げたことがアメリカを頂点とする支配体制として強くかつ有効だったのだが、頂点が腐り、ぶら下がった2つがバカだったら腐敗に自重を与えているだけになる。

それでは全部がぺしゃんこになる。ではどうするか。二本の足を切って、他の構造物としてリニューアルする、ということ。

NATOの代わりに何かを作るといった提案になっていくのではないか。もともとOSCEがあるからいじれる構造になっているわけだし。

まぁ、妄想です。

 

■ 関連記事

SCOと南北回廊とイラク+アフガン戦争はつくづくバカだった

 


 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大本営発表:プーチンだって... | トップ | キプロスジョークと極東妄想 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『ビットコインの広告』 (ローレライ)
2017-05-17 20:26:39
『システムの身の代金はビットコイン払い』で世界中で『ビットコインの広告』が行われた結果となった!『中国人以外にも』ビットコインに興味を持たせた。
ビットコインを学習 (ブログ主)
2017-05-17 22:36:19
ローレライさん、

いや私も、そういえばこの際仕組みを学習しようかしらとビットコインのサイトを見ていたひとりです(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL