DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN

「いまさら聞けない北方領土」by NHK

2016-12-13 12:42:35 | 太平洋情勢乱雑怪奇

今、NHKのサイトを見たら、

「いまさら聞けない北方領土」というコーナーがあった。いつできたの?

http://www3.nhk.or.jp/news/special/hoppouryoudo/?utm_int=news_contents_news-closeup_004

NHKのツィッターによれば、プーチン来日の特設として作ったように見える。ここ

 

いまさら言えない第二次世界大戦の終結物語とか書いてほしい、とか思うし、日本のメディア全体としては、

いまさら言うけど、平和条約

とかのタイトルにすべきじゃないの。あははは。

その中でいろいろ経緯が話されているけど、日本の主張とロシアの主張がわかりやすく書いた表などもあった。

終戦後の1956年10月、日本と当時のソ連は、「日ソ共同宣言」に署名し、国交を回復しました。 共同宣言には、▼正常な外交関係が回復された後、平和条約の交渉を継続すること、▼平和条約の締結後に歯舞と色丹の2島を日本に引き渡すことなどが明記されました。 

 

そう。平和条約締結の話が先なのだと外交的に決着したのに、それを無視して、北方領土とはロシアが盗んだ領土だから、まずは返還だ、おーし、還れ北方領土ぉおおおおおおおおおお、と右翼が街宣車飛ばして年がら年中騒いだ、という経緯は書いてない。書けよ! と思う。

 

とはいえ、

ロシア破壊願望をやめられない日本

で書いた通り、あくまで日本で日本人のために勝手に言ってきた、日本でしか通じない勝手な話、というより半分妄想みたいなことをメディアが性懲りもなく言い散らかす状況から考えれば、少しは文明化したような。今までは、理性的に交渉ができない、外交的無能力者状態、ほとんどまるっきりのバカだったもの。

前に、ドイツの国営メディアがロシアと日本の平和条約、領土問題をかなり上手に図を入れながら説明した記事を出した話を書いたことがある。1年ぐらい前だったか? あの頃にこうなっていたらまだよかっただろうになぁと思う。

 

■ 街宣車の思い出

お若い人はあんまり知らないと思いますが、中年以上の日本人では、北方領土と聞けばあの下品極まりない、バカを絵に書いたような、迷惑この上ない街宣車を思い出す人は大勢いると思います。

四島一括返還というアイデアはこうして刷り込まれました。

 

しかし、最近私の知り合いがそれについて興味深いことを言っていたことを思い出す。逆効果もあったらしいのだ。

もうおばあさんといっていい年齢の方なのだが、何かの話のついでに、そういえば、あの街宣車の人たちは何者なの、と私に尋ねた。

私にしたってそんなの知らないけど、冷戦時代の反共団体の人なんじゃないですか、みたいなことを言った。

すると彼女はああこの人もよくわからないのかといくらか失望の色を浮かべつつも、「でもようするに、なんというの、保守派の人じゃないんでしょ?」という。どういう展開なのだろうかと不思議に思って、どうしてそう思うのですかと尋ねた。

彼女は、自分は長い間東京駅、大手町周辺で働いていたので、そこで数えきれないほどその手の街宣車を見た。しかし、

だって、あの人たち、北方領土を返せとはいうけど、沖縄とか横田を返せなんて言わないでしょ。そりゃ沖縄はってきたわけだけど、でもそれで終わりってことじゃないでしょ。横田だって・・・・(略)。そんなの保守の訳ないでしょ、なにかへんよ、絶対おかしいのよ

と思っていたのだそうだった。だから、あの人たちは何者なのだろうとかねがね不思議に思っていた由。見た目も嫌だし、がなるし、そんなの保守の訳ないでしょ、なのでした。

いやぁ、日頃政治的なことを何も言わないからといって何も考えないってことではないんですよ。あと、東京でいえば、中央線、西武線とかの沿線の人は城南地区の人とは違う事情を見てるってのもありますね。

と、そういう時代を放置して、今また、マスコミ総動員で訳のわからない外交的無能力者状態を晒した。が、どうも世界情勢的に戦後世界を総括しそうな雲行き。

そこで、まったくおバカのまま浅間山荘よろしく立て籠もって、ロシアと中国はいずれ崩壊するのだ~と徹底抗戦する方法もある。森永卓郎は4年後にロシアは財政破綻すると書いたことを記憶しよう! デットラインは2020年9月。

他者の破綻願望:ロシア編を評価してみる

 

どうもそれってまずくね?みたいな感じになったらしいのかNHK、ってか官邸? 外務省はトランプ騒ぎでパニックしてて機能不全になってると想像する。

 


 

永続敗戦論――戦後日本の核心 (atプラス叢書04)
白井 聡
太田出版

 

マンガでわかる永続敗戦論
岩田やすてる
朝日新聞出版

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「真珠湾への道は日露戦争で... | トップ | 宴の始末(24) アレッポ解放 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『今さら聞けないポツダム宣言』 (ローレライ)
2016-12-13 13:00:34
『今さら聞けないポツダム宣言』知らずな首相は『敵国条項』違反の『歴史修正主義』を政策にして国民を『歴史戦』に動員中。
今更言えない敗戦したんだよ (ブログ主)
2016-12-13 15:06:34
いやほんとに、永続敗戦論は本当だったのだとしみじみ思いますよ。
どうしてこうなったかといえば、占領が継続していたという驚愕の事実を伏せていたから、でしょう。

理性で語れないわけです。嘘だらけなんだから。
日本は未だ戦時下にあり (luna)
2016-12-13 22:40:57
占領が継続しているのは、朝鮮戦争(宣戦布告してないから戦争とはいえない)が終わっていない、停戦中で有り非常事態下にあるから。
2島返還で平和条約を結びたいのだけれど、アメリカがそれを許さないから締結できない。
アメリカに脅されちゃったのでへたれな日本はそれを言えない。
そう、戦時下 (ブログ主)
2016-12-14 00:07:53
lunaさん、

そうなんですよ。占領下というより戦時下の編成のままなんです。そうしてそうなのかといえば、おっしゃる通り結局朝鮮、そして台湾だと思います。

これはアメリカのせいばかりではないんだろうな、と思います。

で、だからこそ日ソ(日露)も、このまま適当に流したかった(事実上戦時体制継続だから)。ところが、少し前に進めと言われた、ハンドラーでないアメリカから、と思ってみてます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

太平洋情勢乱雑怪奇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL