DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN

日米が融合する世界最強の集団、だそうですよ

2017-12-04 19:42:16 | 太平洋情勢乱雑怪奇

安倍ちゃんを倒すのはいいんだが、しかし、それで何かが解決されるというのも間違いと何度か書いたけど、いやほんと、だってこんなだもん、という記事を昨日読んだ。

元外交官の天木直人さんの昨日の記事。

阿修羅に全文を貼っている人がいたので拝借。

「アメリカ太平洋軍」という名の日米同盟礼賛本

http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/624.html


 新聞広告につられて「アメリカ太平洋軍」(講談社)という本を買って一日かけて読み終えた。

 「日米が融合する世界最強の集団」という副題につられたからだ。

 米軍が最強である事は知っているつもりであったが、どこまで米軍が強大なのか、少しは勉強してみたいと思ったからだ。ところが読んでみて失望した。

どこを読んでも、米軍の、それもハリス司令官率いる太平洋軍の礼賛ばかりだ。無理もない。著者である梶原みずほという朝日新聞の記者が、朝日新聞と米国務省の全面協力によって、ハワイの研究機関で二年間もの間、研究させてもらった「成果」を本にしただけだからだ。

 

まぁなんてか、日米合同委員会の賜物、みたいな話でしょうね。合同委員会というと官僚のことが取りざたされるけど、メディアの日米一体化の方もものすごい。むしろこちらの方が、「民間」という名が付されて誰もけん制できない分、パワフル。

私はこの本を、朝日新聞の行動の中の偶然の一例だ、などとは思わないですね。

で、安倍ちゃんがやっていることは、このようにして日米を一体化させることの法制度の整備なので、実質的には朝日新聞が志向していることとまったく同じだ、という話でしょう。たんじゅんにいえば、朝日を含む日本の主流メディアは、たまに安倍を叩くような素振りを見せつつ、世論のバランスをとってゴールは同じ、といったところ。あと、現代も矛先が違うだけで、一緒だと思いますよ。

そして、日米が融合して世界最強ならなんだか自分も強くなった気がする、と思う一般人も多分おおぜいいる。

さらにいえば、政界も、簡単にいえば、前原と枝野の「二大政党制」になるといいな、的な方向で今まではしてったんじゃないですかね。太平洋軍の利益を代表する者と、国務省の利益を代表する者、みたいな「二大政党制」。カバーとしては共和党、民主党だが、実質は多分違う。

笑えないけど、要するに、何十年か前、日本のために「二大政党制」が必要なのだとか言った人たちは、言ってみれば、ゴルバチョフみたいなものではなかろうか。

ゴルバチョフやらシュワルナゼといったあたりの人たちは、愚か者ではないし、人物もそうへんな人たちではなかった。が、根本的なところで間違っていた。世の中には調和ある世界など絶対受け売れらないと思っている人たちがいる、という事実を甘くみていた。

日本の人たちも同じでしょう。まさか、どこまで行っても自分たちへのコントロールをやめる気がない人々がこれほどまでに強く存在しているとは気づいていなかったんだろうと思う。

振り返ってみれば、北朝鮮問題もそれに近いものがあるかもしれない。この場合は朝鮮というより、度重なるソ連の甘さが問題を複雑にしていったような気がする。

 

この動画の中で、

『近代天皇論—「神聖」か、「象徴」か』by 片山杜秀×島薗進

片山さんという、まぁ普通に右派だが日本史に詳しい、知恵のある人が、興味深いことを言っていた。

ソ連が崩壊したからって、なんであんなに大政翼賛会みたいに二大政党制にしないとならないと言い出したんでしょう、そして今必要な時に社会党がない。

繰り返しますが、右派の方ですよ。当然に、社会党の内実が好きとかそういう話じゃなくて、国会を機能させるには、みんな同じような人たちじゃダメだろうってことと、アメリカの戦略と妥協しつつ、抗していくには、みんなして、アメリカと融合って素敵、じゃ困るわけでしょ(笑)。

それがわからない人たちが、わーわー言って、コントロールされやすい「二大政党制」をもくろんでいたというお話ですね。

多分、少なくともこのへんから話を掘り起こさない限り、日本の政界が多少なりともまともになることはないだろうと思う。

が、しかし、そこでメディアですよ。メディアはこの「二大政党制」の仕掛人なわけだから、反省するはずもない。ではどうするか。そこから考えないとならないんだろうけど、それをさせたくない人たちが大勢いるって感じですね。

 


 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユーラシア鉄道開発情報 2017/12 | トップ | 混迷続くイエメン、ロシアに... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『合衆国憲法知らずの親米派』 (ローレライ)
2017-12-04 20:39:44
『合衆国憲法知らずの親米派』は『霞ヶ関村を忖度』するだけで『TPPみたいにアメリカから拒否される』!
アメリカでさえない (ブログ主)
2017-12-04 20:45:37
そうそう。日本の政治家が言ってる「アメリカ」は、アメリカ合衆国の枠を超えた、極東を支配下とする軍のユニットですからね。爆笑って感じ。

一般アメリカ人がどう考えるのかを一度も考えずに、自国を溶かしてアメリカと融合だと言っているこの能天気さはなんだろうって感じ。彼らには拒否する権利があるでしょう。
片思い (私は黙らない)
2017-12-05 07:40:40
太平洋のこちらから日米関係を見ていていつも思うのは、何だか極端な片思いみたいだということ。熱烈な想いを寄せる彼女は、カネもホイホイだすし、文句は言わない、実に使い勝手がよい。日本のメディアはアメリカの動向を追いかけることに必死だけど、アメリカのメディアで取り上げられる日本なんて、極めて限定的。
日本は一億総親米派に近い状態だろうけど、アメリカの親日派なんてごく少数だと思う。知日派ならいるけど。
この片思い、こちらから見ていると正直恥ずかしい。ディグニティの問題。
そうなんですよ、その気恥ずかしさ (ブログ主)
2017-12-05 14:42:57
私は黙らないさん、
そうなんですよ、かつて北米に住んでいた頃、その気恥ずかしさに私も苦しんだというか、疑問に思っておりました。へんだと思わないのかぁああみたいな。

というより、どうして気づかないのかとも思いましたね、これだけ多人数が米を訪れておいて。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

太平洋情勢乱雑怪奇」カテゴリの最新記事