DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN

宴の始末-II (6):シリア侵略を止められない米軍と基地の島日本

2017-06-19 21:45:18 | アジア情勢複雑怪奇

大阪地検が奇妙なことをしよる、と思わず笑ってしまった。森友だけでなく関係者全員調べたらいいのと違いますかと言いたいところだけど、腐った組織に何を言うてももうあかんやろというところ。あと、モリより加計の方がやばいんだろうなぁとかも思う。

そういうわけで、いやぁほんと、破壊が進んでると私は嘆かわしく思うけど、でもきっとこういうのが安倍ぽんの好きな「岩盤破壊」なんじゃないですかね。国家を国家たらしめていた岩盤を壊すことこそ望みなんでしょう。その岩盤は、別名、信頼っていうんですけどね。

というところで、その信頼が1ミリもない米の中央軍は、イラク寄りのシリア領内で、シリア軍のジェットを撃ち落とした。たんなる侵略行為です。アメリカ合衆国はシリア国を侵略し続け、出ていけ、出ていけと言われてもまったく出ていく様子もなく、時にはISを攻撃するなどとほざいてみたりするものの、実体はそれらを使いながら、クルドをカバーに、クルドがやられたので我々は加勢しているのだとかなんとか言いながら、侵略行為に余念がない。

というところで、ロシア軍はこの空気でのアメリカとの協力チャネルを切る、と宣言。今後はシリア領内のこの空域を侵略してくる奴は撃ち落とすという意味。

Russia cuts deconfliction channel with Washington after US downs Syrian jet

http://tass.com/defense/952119

撃ち落とされればいいんじゃないですか。イランも今朝がたミサイルを発射していたので、思う存分シリア側は攻勢をかけて追い出せばいいと思うな。

ってか、もうクルドをカバーにシリアを切り取ったところで、それで一体何をする気なのか、侵略者アメリカ、と誰か聞いておいたらいいんじゃないの、って感じですね。

クルドをイスラエル、アメリカの傀儡にして、シリア、イラク、トルコの真ん中に居座ろうという腹なんだと思う。で、その上で、イランと戦争をしたい、という妄想を止められないんでしょう。何度、シリアの主権を尊重しろと言われても、まったく感知せず、テロを使い、相手国の正規軍を攻撃して、つまり、単なる侵略者になっていっている米中央軍。

現状はほぼこんな感じ。というより、このぐらいにしたいのが米と有志連合。しかし、実際には、既にシリア軍はイラク国境付近に達している地域もあるぐらいなので、米と有志連合側は勢いとしては押されてる。

 

だから、この撃墜も、シリア軍がシリア東部をコントロール可能にしてしまうことを、なんとかして妨害しようとするテロリストとその親分たる米の行動と見るべきなんだろうな、とシンプルにそう思う。

去年もそう、今年もそう、オバマだろうがトランプだろうが、出ていく気ない点では同じ。

それで一体どうするんでしょうね。わかりません。少なくとも米中央軍は規律もなければプライドもない、単なるぐだぐだの侵略軍。ラッカ周辺とかモスル側とか見てても、出来の悪いろくでなしにしか見えない。強いとも思えない。住民に尊敬されているとも思えない。歓迎されているわけもない。テロリストと一緒になって一進一退を繰り返しているだけ。

そういうわけで、こっちも岩盤が破壊されているなぁって感じ。

 

 

日本の記事を見たら、実に腹立たしい記事ばかりだ。

米軍、シリア軍機撃墜=爆弾投下受け「自衛措置」

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061900174&g=isk

だそうだ。そもそも米がシリアに存在していることが侵略なのだが。それのどこに自衛の権利があるんだよ、というところ。

これはまるで、なんで日本軍が華北で暴れまわっていいんだよ、とか、中国国内で軍事演習なんかして挑発するのやめろよ、というのと実に実に似てる。いやぁ、ほんと、今のアメ(または有志連合なるユニット)は関東軍率いる大日本帝国陸軍とそっくり。

NHKの方は、まったく寝ぼけたことを言っている。

米軍主導の有志連合 シリア軍機を撃墜 対IS作戦に影響も

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022391000.html

アメリカ軍とシリア軍の双方にとってISは共通の敵ですが、今回の撃墜はISに対する軍事作戦で調整がなされていないことを改めて示した形で、ISへの作戦に影響が出ることも懸念されます。

 

誰がそんなことを言ったの? ISはアメリカのツールなので、シリア軍とアメリカ軍の共通の敵だったことなんか一度としてありません。シリア軍が盛り返すと、アメリカ軍はシリア正規軍を攻撃します。つまり、アメリカ軍はまったくのISの友軍です。何を言っているんだ、NHKは。

つまり、整理すると、

テロリストを追い出そうとしているのはアサド率いるシリア国。

シリアは主権国家なので、外から入って来る奴を追い出す権利がある

それをまったく無視して入り込んで、テロ支援をしながら居座っているのがアメリカ率いる有志連合とかいう名前の侵略軍。

この基本を伝えられないNHKは、結局のところ、私たちは米の基地の島だという事実を突きつけているんでしょうね。そう納得すれば理解がしやすい。植民地の民は辛いですね。

 


 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドン火災:本物とお人形 | トップ | 宴の始末-II (7):来るなら来... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『クルド空軍』を口実にするアメリカ (ローレライ)
2017-06-20 00:10:24
『クルド空軍』を口実にするアメリカの侵略な訳で『責任者のいない傭兵団』なのは『IS』と変わらず。
イージス艦 (蔵権)
2017-06-20 00:23:18
>下田海上保安部は同日夕、東京港に入港したコンテナ船に立ち入り、乗組員から事情聴取するなど捜査を始めた。業務上過失往来危険容疑を視野に調べる

これもなんだかなー。どうせ逮捕されるのはフィリピン人の乗員だけで、どんだけ重過失があったとしても、イージス艦の米軍乗組員は不起訴・無罪放免なんだろ。下手すると過失割合が1対9とかで米軍側に重大過失があったとしても、残りの1の過失でフィリピンだけ書類送検されるんじゃないの。
なんという偏り! (ブログ主)
2017-06-20 07:59:46
蔵権さん、

コンテナ船には捜査権限が及ぶが、米艦船には及ばないので、コンテナ船だけ調べて、それで一体何がどうなるっつーんでしょうね。いやぁ、おそるべしこのインチキ報道。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア情勢複雑怪奇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL