頑狷曲捻者TNの日々雑記、沈思黙考

多くの失敗と後悔から得た考え方・捉え方・共感を持つ私が、独り静かに黙想、祈り、悔い改め、常識に囚われず根拠を問う。

「自信」とは、自分の判断を信じる事である・・・他人の判断・評価を信じる事は自信の無い「他信」である。しかし最高の次元は神を信じる「神信」である。

2017-03-29 21:19:13 | 孤独・独立・自尊心・誇り
 「自信」とは、「自分の判断」を信じる事である
 世間一般的には、勉強が出来る事、スポーツが出来る事、仕事が出来る事、技能・技術が優れている事、競争や試合に勝利する事等に、「自信」という言葉を用いる事が多い。しかし、それらへ用いる事は意味を履き違えしているのである。
 他人の評価や承認、判断を信じる事は「他信」である。自分の判断をを信じずに、他人の判断を信じているのであり、それは「自信」の無い「他信」でしかないのである。
 例え、嫌われようと、笑われようと、認められなくとも、その様な周囲の「他人の判断・評価」を信じず、惑わされず、影響を受けず、「自分の判断・考え」を信じる事が出来る事を「自信」が有ると言う事が出来るのである。
 付和雷同し、周囲に同調して、自分ひとりが異なった行動を取る事が出来ない人達は、結局は「自信」が無く「他信」でしかないのである。
 しかし、その「自信」をも上回るレベルに在るのが「神信」、つまり、神を信じる事である。神を信じる心を基礎・基準として、その上に「自分の判断」を信ずる「自信」を築き建てる事が良いのである。

 本ブログ過去の関連記事
  ・2013/08/30付:「『自己実現』と『神実現』の違いについての私の独り言・・・過去を振り返り、『悔い改め』と確認をする」
  ・2014/01/12付:「世間の人達はなぜ自分独りで考える事が出来ないのか」
  ・2014/02/23付:「オリンピックを通して、世間の人達が自分で判断出来ない考え方・捉え方を見る」
  ・2014/06/28付:「『絶対的』では無く『相対的』に、周りの人達の顔色や反応を基準・規範にするのが世間の人達・・・「『空気』と『世間』」を読んで」
  ・2014/06/29付:「『普通がいい』という病」を読んで・・・絶対的基準・規範も持たずにお互いの顔色・反応を確かめて「普通」と認め合っているに過ぎない世間の人達」
  ・2014/03/22付:「世間は常に同じ方向を向いている・・・『高学歴の本質は、奴隷従順歴』、『化学的愚民化政策』」
  ・2015/08/13付:「自分のアイデンティティを重んじ自尊心を高める事が自信・誇りとなり、ひとりで生きる強さとなる」
  ・2015/08/13付:「独立を維持し自尊心・自信を持ちつつ自分の弱さを認め謙虚である事による力・・・『負ける力』を読んで」
  ・2015/08/15付:「人を恐れる、つまり人からの評価を求めると偽善となる:『この世の偽善 人生の基本を忘れた日本人』を読む」
  ・2015/11/29付:「精神的に自立した本当の大人は自分で勉強する・・・セックスを基準に大人と判断する世間の低レベル」
  ・2016/04/10付:「確たるベース・根拠の裏付け無き世間の低次元の評価を恐れる事により偽善・欺瞞・裏切りの罠に陥る」
  ・2016/05/08付:「聖霊存する不動の土台が築かれた心により失敗・ユニークが才能・特性に変貌する・・・『聖書力』を読む」
  ・2016/05/08付:「心に絶対的規範由来の礎を存する独立自尊の精神を持つ力・・・『孤独の力』を読む」
  ・2016/05/08付:「閑寂の中に独立し、心に礎を据え成熟する・・・『孤独の価値』を読む」
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本はプライバシーを侵害さ... | トップ | 「一次資料」の消去を謀るマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。