頑狷曲捻者TNの日々雑記、沈思黙考

多くの失敗と後悔から得た考え方・捉え方・共感を持つ私が、独り静かに黙想、祈り、悔い改め、常識に囚われず根拠を問う。

欧米との石油利権で腐敗するサウジへ911テロの自身の犯罪をすり替えるイスラエル・米国・・・日本はイエメン殺戮に手を貸すのか

2016-10-16 09:40:59 | 中東
 石油利権、欧米との繋がりにより腐ってしまっているサウジアラビア王家そのサウジアラビアに日本は軍事面等で協力し、金儲けの為ならイエメンの子どもたちを殺す事等に手を貸すのか
 サウジアラビアは、IS(イスラム国)を支援し、シリアの反政府勢力(反体制派)をも支援している悪者である。また、テロ組織アルカイダに、クェート、カタールと共に資金援助している
 昨年(2015年)から、サウジアラビアはイエメンに空爆を行う等して侵攻している。アメリカ・イギリス・イスラエルは武器・資金・情報提供をしてサウジアラビアを支援している。
 空爆には禁止兵器クラスター爆弾が使用され、多くの子どもや民間人が犠牲となっている。
 イエメンのイスラム教・フーシ派はシーア派系で、シーア派の中心であるイランが支援する。サウジアラビアはスンニ派の中心であり、イランと対立する。本年(2016年)1月2日~3日未明(現地事件)には、サウジアラビアが少数派シーア派の指導者でサウジ王室に批判的であったニムル師ら47人を処刑した事に抗議する為、イランの首都テヘランのサウジアラビア大使館を群衆が襲撃した事を受け、サウジアラビアはイランとの国交断絶を発表し、そのサウジアラビアに同調する形で、スーダンとバーレーンがイランとの国交を断交した。イランと米国との核合意や、イラク・イエメン・シリアでイランの影響力が拡大している事への恐れを、サウジアラビアが抱く事も一因となっている様である。
 スウェーデンのストックホルム国際平和研究所の発表した昨年の世界の軍事費の調査結果によると、サウジアラビアは米国5,960億ドル、中国2,150億ドルに次いで、ロシアを抜き5.7%増の872億ドルで第3位となった。ロシアの減額はルーブル安の影響であるとの事である。上位10カ国は前年(2014年)と同じで、日本は円安の影響も有り458億ドル(9位)から409億ドル(8位)と減額で、前年度も2013年度より3.7%の減額であった。中国は推計値で前年度より10億ドルの減額だが、前年度は年度比9.7%増額、2005年度比では167%もの急増となっている
 サウジアラビアは急増する軍事費、イエメン侵攻、石油価格下落、シリアやイラクでのテロ組織(反体制派)支援等で経済的困窮化が進み、米・英・イスラエルのみでなく、日本に支援を要請する為に、先日(2016年)9月1日~2日にサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子兼防衛相とジュベイル外相が来日し、日本の安倍首相・稲田防衛相・岸田外相とそれぞれ会談し、防衛装備品の分野での関係強化の覚書が署名された。安倍首相は、「ビジネスチャンスの観点から、サウジを重視している」と強調した。
 またそれに先立った本年4月25日に、サウジアラビアは石油依存の経済システムからの脱却を図る為に経済改革策を発した。国営サウジ・アラムコの株式を公開し、将来的には軍事関連企業の株式も公開し、2兆ドル(約220兆円(当時レートによる))規模のファンドを設立して、投資に依拠した経済体制に変えるとの事である。
 先日9月9日に米国下院議会にて、5月の上院に続いてテロ支援者制裁法(JASTA)が全会一致で可決され、23日にオバマ大統領が署名を拒否したが、28日には議会にて拒否権を覆らせる2/3の賛成多数で再可決してこの法案を成立させた。2001年9月11日の米国同時多発テロに、ハイジャック犯としてサウジアラビア国籍者達が関わったと疑われている事や、サウジアラビアがそのテロに資金援助したとも疑われている事から、その法律を適用しようとしている事に対してサウジアラビアは非難する。また、実際は911テロはイスラエルの諜報員による爆破によって行い、米国の自作自演であり、航空機は突っ込んでいない事から、そのイスラエルと米国の犯罪を覆い隠そうとするものと分析者は見ている。
 2015年3月からのフーシ派とスンニ派の大統領派とアルカイダ傘下のアンサール・アル・シャーリアとの三つ巴によるイエメン内戦に於いての死者は1万人近くとなっているが、サウジアラビアはフーシ派勢力圏の民間人や病院に対してクラスター爆弾や白リン弾を用いて攻撃している。民間人の経済的困難が続き、子供の栄養失調等の影響が出ている。先日2016年10月8日には、サウジアラビア主導の連合軍によりフーシ派勢力圏の首都サヌアの葬儀場空爆が有り、少なくとも140人が死亡し、525人超が負傷した。またその後、10月12日には駆逐艦を攻撃された事の報復と称して米軍がフーシ派支配地域のレーダー施設3ヶ所を直接攻撃した。尚、フーシ派は駆逐艦攻撃の関与を否定している。
 創造主である唯一の神を純粋に崇め感謝し祈っていた正義のリビアの故・カダフィ大佐は、精神的に堕落したサウジ王家を批判し対立していた。

 本ブログ過去の関連記事
  ・2013/04/16付:「911テロ、イラク侵攻、アフガニスタン侵攻の虚構・・・米国の自作自演、ビンラディン氏の2001年死亡、フセイン元大統領の生存」
  ・2015/01/25付:「米国CIAとイスラエル・モサドはISIS(イスラム国)を使ってイルミナティの世界統一政府樹立計画を進める」
  ・2015/05/10付:「サウジアラビアが米国提供の禁止兵器『クラスター爆弾』でイエメンを攻撃 & アシールを暴くつもりか?」
  ・2015/11/22付:「911テロとモサド・CIA操作の米国製ISISを通してパリ同時多発テロ事件を見る」

 参考文献
  ・2016/01/04付・神戸新聞朝刊:「イラン 群衆、サウジ大使館襲撃 宗教指導者処刑に反発 募るシーア派恐怖症」
  ・2016/01/04付・神戸新聞夕刊:「サウジ、イランと国交断絶 大使館襲撃 外交官に退去命令」
  ・2016/01/05付・神戸新聞朝刊:「対イラン、相次ぎ断交 スーダンとバーレーン サウジに同調、中東緊迫」
  ・2016/04/05付・神戸新聞夕刊:「世界の軍事費 4年ぶり増 15年 中国や中東、高い伸び」
  ・2016/04/26付・神戸新聞朝刊:「サウジ、国営石油上場へ 220兆円規模のファンド設立」
  ・2016/09/02付・神戸新聞朝刊:「日サウジ閣僚会議を新設 石油輸出依存からの脱却支援」
  ・2016/09/03付・神戸新聞朝刊:「サウジと防衛分野覚書」
  ・2016/09/03付・Pars Today:「日本とサウジアラビア、中東問題で協力」
  ・2016/10/01付・The Huffington Post Japan:「9.11遺族がサウジを提訴できる法案成立 あわてた議会はオバマ大統領に責任転嫁」
  ・2016/10/10付・神戸新聞朝刊:「イエメン空爆 140人死亡 葬儀場標的、525人超が負傷」
  ・2016/10/14付・神戸新聞朝刊:「イエメンで米軍が空爆 駆逐艦攻撃に報復 武装組織標的に」

 関連動画
 

YouTube: イスラエルと9 11テロ
 

YouTube: 9 11テロ直後逮捕されたイスラエル諜報員たち
 

YouTube: 9.11テロ ペンタゴンにミサイルが突入した瞬間
 

YouTube: 9 11テロリスト母親「息子はグアンタナモに生存中」
 

YouTube: Let's Make 9/11 'Jewish Remembrance Month!'
 

YouTube: カダフィVSサウジアラビア国王(2003年)
 

YouTube: イラクを分断するISISを裏で操るサウジ王子と欧米石油会社 2014/6/24
 

YouTube: サウジアラビアは原子爆弾を保有
 

YouTube: UK sold $8bn of arms to Saudi Arabia in 5 years
 

YouTube: "Saudis use US-made cluster bombs in Yemen"
 

YouTube: Saudi use of banned weapons affecting Yemen’s agriculture
 

YouTube: 10 killed in Saudi airstrikes in Yemen's Sa'ada
 

YouTube: サウジ軍イエメン葬儀狙い虐殺90人死亡
 

YouTube: Saudi-Arabien bombardiert erneut MSF-Krankenhaus im Jemen
  

YouTube: Shocking images of starved toddler show horrors of Yemen’s civil war (Graphic)
『中東』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧米に翻弄されながらもトル... | トップ | 日本はデフレ脱却・防衛力強... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。