Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

2016シーズンのヤリイカは城ヶ島沖から

2016-09-19 16:45:07 |  釣りレポ 2016

昨日のPureAnglersではへとへとに。
晩酌でビール飲んでて、ちょと横になったらそのまま眠ってしまい、起きたらAM3:00

釣りに行こうかどうしようかな、、と風みたり船宿サイトみたり。
予報より早くナライに変わってますね、凪はよさそう。
そろそろヤリイカに行きたい、食べたい、と思ってたので、これにしましょっか。

そんなわけで、そそくさと支度して向かったのは、二日連続で佐円丸^^;

このところBOo船長はカツオマグロ乗合で、イカ船は第二福丸で出船。
三連休の最後のせいか、片舷流しで全員が隅に座れる人数^^;

おととい模様の良かった城ヶ島西沖の120mラインへ。

一投めでさっそくアタリ、しかし巻き上げ途中でいなくなってしまいました^^;
二投めはぶっこみ即乗り、いい引きなんですが、ヤリではなさそう。

一杯めはスルメイカ。

三投めはなんか変なアタリ。

マトウでした。
ずいぶん舌の長いマトウですね。

舌ではなくてアカタチでした。
アカタチがツノを食って、マトウがアカタチをツノごと飲み込むという珍しいケース。

その後は乗りが遠くなりましたが、なんとかヤリイカゲット。
アタリが小さいです、ちびやりなので軽重差も少なく難しい。

追い乗りさせようと待ってるとこんなになって上がってくるし、、、
この下品な食べ方はフグですね。
フグの食べかけだけど、しっかりキープ!^^;

乗りが上向かず、船長は西沖に見切りをつけ、「しばらく走ります」のアナウンス。
横になってうとうとしてると、着いたところは島下(城ヶ島南沖)。

ここでも余計に乗るわけではないですが、スルメ交じりでぽつーんぽつーんと乗ります。

お約束のスミだけアタック。
海面ポチャンもあったりで、数が伸びません。

昼近くになっても9杯のみ、そしてやっとツ抜けかと思う乗りがきた直後、ガガン!と奪食いされました。引きはてえっぽい。

その正体を確かめるべく、泳がせタックル出動!^^;
あんまり泳がせはやらないんですけどね、今日は空いてるので持ってきてました。

活きたヤリイカは3杯のみ。
晩御飯のおかずが減るけどここはちょっと勝負してみましょう。

一杯め、ゴゴンと当たってそれっきり。イカは舐められたように皮が剥がれてました。あおもんぽい?
二杯め、ガン!と当たってそれっきり。イカは胴体がかじられまっぷたつ。てえっぽい?
三杯め、こりゃ入った!と竿を取ろうとしたらふっと力が抜けました。親針と孫針の間のハリスがスッパリ。さめっぽい?

と、アタリは多く楽しめました^^;、餌が無くなったので、イカ仕掛けに戻してひと流しやって沖あがり。

私はヤリイカ5、スルメ4で9杯、とほほ^^;
もう一人の方はヤリイカオンリーの17杯。

この日は雨模様だったので、スルメも生で持ち帰り。

完全体は一体のみ、あとは泳がせたあとの食べ残し、、、^^;

それでも透明スケスケの刺身を作りますよ。

ノーモアジップロックで持ち帰ったスルメイカは鮮やかな赤茶色。家に帰ってもまだ動いてますよ。
もちろん、色素胞は点滅しまくらちよこ。

壷抜きしてイカ焼きにしましょっかね。

ヤリイカシーズンは始まったばかり、これからポイントも広がりますよ。

[三崎港 佐円丸]
http://www.gyo.ne.jp/rep_tsuri_view|CID-saenmaru.htm

http://blog.goo.ne.jp/saenmaru

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PureAnglers 2016 第8回(#14)... | トップ | 武田屋 [野毛] »

コメントを投稿

釣りレポ 2016」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。