Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

美味宮城#1 仙台牛は信頼のブランド

2017-03-13 06:08:15 | 食べ物あれこれ

宮城県の美味探索の旅(日帰りだけど^^;)。
最初にやってきたのは「肉のいとう」

かたい信用やわらかい肉、の地元に根ざした精肉店ですよ。
こちらで、教えてもらったの食材は「仙台牛」

仙台といえば、誰でも思い浮かべるのは牛タン
しかし、今回は牛タンはちょっと置いておきます。
ここのお目当ては「仙台牛」

仙台牛は外れなし、の信頼のブランドなんです。

その前に、牛肉についての予備知識を。
私も知らないことばかりだったのですが、いろいろ教えてもらいました。

まず、A5とかA4とかよく聞く、牛の格付けについて。
牛の格付けは、次の2つの評価で決まります。

(1) 歩留まり等級 → A, B, C で評価
   一等の牛から取れる食肉の割合、これが高いと良い牛です。ぶっちゃけていえばまるまる太った牛が吉。
(2) 肉質等級 → ランク1から5で評価
   霜降りの度合い、脂の質、身の締り、色艶の四点が評価されます。肉の味に大きく影響する要素。

上の2つで最高級の評価を受けた牛肉がA5ランク、というわけです。

ここまでは知ってる人多いかも^^;

そして、仙台牛が信頼のブランドと言われるのはここから先。

仙台牛は肉質等級が5以上ないと名乗れないのです。← ここ大事!

かの有名な松坂牛は、肉質等級は1でも5でもブランド表示をしています。
もちろんA5松坂牛はそれは美味なのでしょうけど、A1の低評価でも松坂牛を名乗っています。
くさっても鯛、ならぬ、A1でも松坂牛、というのはネームバリューのなせる業。

対して、仙台牛は下表の通り。

A5, B5ランクの上級肉のみが、仙台牛を名乗れるんです。
ひっくり返すと、仙台牛と名が付いているものはA4かB4のいずれかに限定。
つまり、「仙台牛はハズレが無い!」 ← 結論

ちなみに、仙台黒毛和牛というのは、上の表のように仙台牛よりも格付けが落ちます、といってもわたしら庶民^^;にとっては高級牛肉ではありますが。

いやいや、世の中知らないことがたくさんあります、勉強になりました。

肉のいとうは、精肉の他、お弁当も販売。
仙台牛を使ったお弁当、人気のようでお客さんはひっきりなしに訪れていました。

これが仙台牛のラインナップの一部。
サーロイン100g2400円、しかし、松坂牛のA5ランクに比べるとリーズナブルな価格とのこと。

仙台牛カルビとすきやき弁当。
肉の味がすごく良いです、柔らかいし脂の甘みなんてたまりませんよ。

この後、カルビ、サイコロステーキ、すきやき、牛タンも試食させてもらいましたが、写真取り忘れた^^;
特にサイコロステーキはすごかった、サイコロステーキって成型肉だから安物、と誤解してたのだけど、いとうのサイコロステーキは違います。いろいろな部位の切れ端でサイコロサイズのものを集めているので、なかには特上サーロイン(キロ24K!)も入ってます。すごい美味しいと行ったら、「それアタリだったかも」と笑われました(^^)
なお、サイコロステーキにならないサイズの切れ端は、仙台牛ハンバーグに加工されます。なので、仙台牛は捨てるところがほとんどナッシング。

こちらは仙台牛のローストビーフ。
これまたいつも食べてるのとは別の食べ物、ソース等は不要です、肉の旨味だけ純粋に味わえますよ。

そんなこんなで、パンフレットもいろいろいただいて、ごちそうさま。
仙台牛についてもうかーなり詳しくなっちゃいました、仙台アングラーズのみなさん、なんでもわたしに聞いてください^^;

なお、この仙台牛については、4月6日(水)から4月12日(木)の間に、そごう横浜店で開催される「宮城の物産観光展」でも出展される予定です。提供メニュー等はまだわからないのですが、横浜では滅多に口にできない美味しい仙台牛が食べられるはずです。

さて、次回は仙台名産品では超メジャーな一品を紹介します。
なんかテレビのグルメ番組みたいになってきましたが^^;、まだまだ続きます。

[肉のいとう]
宮城県仙台市青葉区米ケ袋1-6-8
10:00-20:00 日曜休
http://www.oniku1129.com/

にほんブログ村 酒ブログ 神奈川・横浜飲み歩きへ横浜グルメ:にほんブログ村

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンゴツリーキッチン グラン... | トップ | 美味宮城#2 絶品、焼き立て... »

コメントを投稿

食べ物あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。