Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

松壱家 戸塚店 / 鶏白湯ラーメン

2010-11-17 07:14:09 | ラーメン
酔っ払って東海道線(横須賀線だったかも?)に乗ったら横浜を寝過ごして戸塚にきてしまった。


最近できた駅ビル(?)、その名もなんと、トツカーナ。
イタリアのトスカーナ州をもじってつけられた名前だろうけど、こういうオヤジギャグの名前つけた責任者でてこい、と言いたい^^;。

で、小腹が空いたんでらーめん屋さん探したけど、良さげな店がナッシング。
駅をでて、歩いていて見つけたのが家系らーめん。


松壱家です。
鶏白湯ラーメンをお願いします。


細めんは粘度の高いスープとよく絡みます。
美味しい一杯でした。
昔戸塚に住んでたときがあって、そのときは飲んだ帰りに踏み切りの湧きのそば屋で食べて帰ってたなぁ、懐かしい。
再開発でその頃のお店はいずこへ。

[松壱家 戸塚店]
横浜市戸塚区戸塚町56 内田ビル1F

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Delle Venezie Cabernet 2009 | トップ | 珍彩楼 [新横浜] »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戸塚に住んでたの? (こんだう)
2010-11-17 18:50:35
呑み、食いのテーマの時にしかコメントできない、こんだうです。

Calmさんって、昔、戸塚に住んでたんですか?
実を言うと、私もその昔(国鉄からJRになったころ)戸塚の上倉田団地に住んどりました。

戸塚は、えぇ街でした。特に、再開発前の西口は妙な路地が商店街を取り巻いていて、えぇ具合でした。

私も酔って帰った時は、大踏切(って言うんか?)の通りの酒屋の先にあった、18番(37番だったかか?)って言う中華料理屋でタンメンを食べるのが好きでしたね。

最近は、再開発で綺麗になったようですが、昔の猥雑とした雰囲気はなくなっちゃったんでしょうね。

あぁ、腹減ったから、そろそろ帰えろっと。
んでは、また。
戸塚〓 (SUEOKA)
2010-11-17 21:08:50
踏切の角に有った、立ち食いそばの三吉ね!

そばは普通だったけど、うどんが極太で、一筋づつでないと口に収まりきらない程でした(笑)

全盛期には、六軒も有った、戸塚の立ち食いそば屋も、今や二軒になってしまいましたよ。

神奈中ストアーとさくらストアーがなくなったのも痛いなあ・・・
立ち食いそば (こんだう)
2010-11-17 23:12:41
戸塚*超*ローカルねたで申し訳ないっす_o_。

私が知っている、立ち食いそば屋って、北海道味噌ラーメン屋がその周りを囲っているような店構えのそば屋で、いつも揚げたての天ぷらが食べられたような記憶があるんすよ。

揚げたてのかき揚天ぷらそばは、うまかったなぁ。

店の名前は覚えていないんすけど、うどんは食べた記憶がないなぁ。
それにしても、戸塚には立ち食いそば屋が6軒もあったんすか、知らなかった。もっと、食べておくんだったなぁ。

風呂入って、夕飯食べて、晩酌終わって、あとは寝るだけの「こんだう」でした。

でんは。
こんだうさんゑ (calm)
2010-11-18 06:39:06
わしがいたのは15年くらい前かなぁ。もちろんJRだったし、東海道線も戸塚に停車していました(^^)。

その立ち食いそばや、確かに天ぷらが美味しかったの覚えてます。けっこう平べったいかき揚げだった気がする。
それがつゆを吸うとまた美味しくなるんだよね。
また食べたいなぁ。
SUEOKAさんゑ (calm)
2010-11-18 06:41:48
三吉でしたけ。店の名前はぜんぜん覚えてないです。
うどんも覚えてないなぁ、、、^^;。天ぷら美味しかったのが妙に記憶に残ってる。

その昔、まだ大船駅が木造だった頃、駅の階段のわきにあった立ち食いそばやも美味しかった。
Unknown (tete)
2010-11-18 22:59:23
いつも楽しく読ませていただいております!
おそばさんありましたね!商店街、懐かしいです。
天ぷらおいしかったのですね。以前は仕事でよく通った道ですが、一度も入らずじまいでした。ザンネンです。
teteさんゑ (calm)
2010-11-19 06:40:18
こんにちは。
あのおそばやさん、しらふの時はぜんぜん目に入らないんですが、酔ったときには俄然キラキラと輝いてみえるから不思議でした^^;。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。