Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

初島はワラサの季節

2012-09-08 13:21:54 | 釣りレポ 2012

つり丸編集部から下りたミッションは初島沖のワラサ。
久しぶりのワラサ取材ですね、張り切っていってみましょー!

わたし自身はあまりワラサ専門で狙う回数が少ないんですが、初島ワラサに来たのって何年ぶりだろう?20年ぶりくらだと思います。その時はブリが回遊してました。

伊東港への集合は4:30、暗いうちから船に明かりが灯り準備開始です。

竿入れは5:30。薄暗い中をゆっくりと初島に向かいます。

薄曇り、べた凪の釣りにはうってつけのコンディション。

餌、コマセともにオキアミで、ビシは100号。
棚に集中して撒くため、穴の大きいプラビシを使います。

さて、いまワラサが食っているのは初島の西側と北側。
船長のチョイスは船の少ない北側。
しかし、これは裏目に出たようで竿入れタイムのサービスは無し。
西側の船団に合流するとハナジロ(2.0kg前後のブリの若魚、イナダとワラサの中間サイズ)がぽつぽつと食ってきます。

時合が終了すると船長は船団を離れて探索。
わたしもここから竿出し、ちょと深みで良いアタリがきて、3.3kgのワラサゲットで一安心。

村正丸にはとくさん、はむさんが乗っていました。良い釣りだったようです^^

夏空が戻って暑くなりましたよ。

中弛みがあったものの、上がり間際に北へ移動。

珍しく、音丸がワラサやっていますね^^
普段は大ムツやキンメなど深場釣りに出ている船です。

ここでバリバリ食いだし、やっとワラサ釣りらしくなりました。
サイズはハナジロ(房州ではサンパクとも呼ばれます)サイズが中心。

血抜きはクーラーの中でがルール。
サメを召喚してしまうと厄介なことになるためです。
たっぷりの氷水に生きたまま魚を入れ、エラに刃を入れればOK。
血は帰りにポイントを離れてから捨てます。

お世話になったのは伊東港の三好丸。
詳しくはつり丸10月15日号(10/1発売)でレポートします。

私の釣果は4本、久しぶりに青物の引きが楽しめました。

[伊東港 三好丸]
http://www.marines-net.co.jp/cgi-bin/hp.cgi?to=miyosimaru
船に集合。係留場所は港内で季節によって異なるので事前確認のこと。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すき家 124号鹿嶋店 / 野菜... | トップ | のんびりリラックス、東京湾... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。