Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

仙台湾の一つテンヤは魚種多彩

2011-10-20 14:22:48 | 釣りレポ 2011

起喜来湾でのヒガレイ&夜イカが終わって仙台に戻ったのはAM1:30。
針生さんのマンションで仮眠させてもらって、AM5:00には次の釣りに出発ですよ!(^^)

やってきたのは亘理の鳥の海。
荒浜港からの出船です。
夏にきたときはいい釣りができたところです(^^)

今回の釣りは、流行のひとつテンヤ。
仙台湾では遊漁の対象になっていませんがマダイは多く、刺し網には相当はいるようです。
塩釜の船で狙っているところはあるけど、荒浜ではナッシング。
今回は、試験釣りを兼ねての出船ですよ、ワクワク感120%。

お付き合いいただいたのは拓洋丸。
荒浜で唯一のジギング船でもあり、ヒラメ、カレイの乗合にも出船しています。
つり丸にも情報掲載していますよ^^

ポールの上におられるのが船長です^^
この日は針生さん、仙台アングラーの戸島さん、わたしの3名で出船。

餌はもちろん、花エビ。
オキアミ職人で黒色化防止をします。

テンヤはみんな違うのを使っていますが、わたしは勇治のテンヤ。
鴨居スタイルの頭縛りでいってみましょう^^。

ポイントは弘法根と呼ばれる、工程30分ほどの場所。
水深は28m、根が点在しているので根ガカリ注意。
パラシュートは入れず、エンジン流しで糸を立てます。

わたしは野毛屋スタイルで、きつめのしゃくりを入れて落とし込みを繰り返します。

最初にヒットしたのはアイナメ。

35cmほどのサイズだけど、ひとつテンヤタックルで釣ると楽しい魚です。

いろいろ釣れあがりますよ。マゾイ、ヒラメ、カンパチ(ショゴ)。

戸島さんはなんと、ナメタガレイ!
ひとつテンヤでナメタ釣ったのは、これが日本で初かも?

マウステンヤも使ってみました。
これは頭縛りができないので尻尾掛けになるんですが、頭が落ちにくい花エビとの相性は抜群。
アピール力は高いので、ヒラメ、アイナメに効果は高かったと感じました。

ここでもマヒマヒなんかも釣れたりして^^;
これはペンペンですが、戸島さんはメーターオーバーのスレ掛かり、長時間ファイトの末に身切れでフックアウト。

しかし、魚種が多いですよ、仙台湾は。
それも本命級の魚揃い。
ちょっと書きならべてみましょうか。

 本日の御献立
  平魚三種 ヒラメ、ナメタガレイ、ミズガレイ
  青物二種 カンパチ、イナダ
  根物二種 アイナメ、マゾイ
  河豚三種 ヒガンフグ、ショウサイフグ、コモンフグ
  上物一種 シイラ

というわけで、11魚種も釣れましたよ(@_@)

え、赤い魚?^^;
まあ、あいつは気難しくて、潮を気にいらないと口使わないから。
それにしても、マダイがいなくてもこんだけの魚が釣れる、仙台湾のひとつテンヤは面白いです。
まだまだポイントは多いようなので、これにマダイが混じれば、大ブレイクする可能性もあると思いますよ。
また仙台に行く機会があればやってみたい釣りです(^^)

で、戸島さんが釣ったナメタはいただいちゃいました^^;
初めて食べたけど、身がしっとりと柔らかくて美味しいですね。
この骨格をみると、釣って面白い理由もわかりました。
今度は50cmオーバーの子持ちナメタを狙ってみたいです^^。

針生さんが釣ったマゾイもなぜか私の家に^^;
これまた旨い魚なんだよねー。

[荒浜港 拓洋丸]
http://outdoor.geocities.jp/wataritakuyou/

船に集合↓

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌焼き味噌らーめん みず... | トップ | 36スパイス [野毛] »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わはっ♪ (JIN)
2011-10-24 10:50:22
仙台湾のポテンシャルはかなり高いんですねw(゜o゜)w。。一つテンヤで11目釣りo(^-^)o。。ムチャ楽しいだろうなぁ~
JINさんゑ (calm)
2011-10-24 22:42:58
仙台湾て、魚種はかなり多いんだけど遊漁船のメニューが少ないです。
このときもほとんどの船が、ヒラメ、マガレイ、ワラサ(ジギング)、サバ(ドッカン釣り)のどれかで出船しているくらい。
フグなんて、でかいアカメがたくさんいるので、専門に狙ったら相当な釣果でそうですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。