Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

The Best of Italian Rock Vol.3 Latte e Miele

2016-10-24 06:32:42 | 音楽

先週の金曜日は、楽しみにしていたライブ(^^)

仕事帰りにクラブチッタへ。

Latte e Miele ですよ。

座席はセンターエリア、ステージ全体が見えるし音もいい席。

来場者限定特別CDもゲット。

こちらはフライヤーの一部。
あらかじめセットリストが発表されていて、それによるとマルコポーロがオープニングでしたが、さてどうなるか。
本日のライブはレコーディングされて、Live in Japan でアルバム化されるとのアナウンスの後、
7時の開演時間に緞帳が上がります。

オープニングは、なんと、いきなり受難劇ですよ。オリジナルアレンジで再現。

ステージは2列、後列はドラムのアルフィオ・ヴィタンツァ、右手にオリヴィエロ・ラカーニーナ、左にアルド・デ・スカルツィ。
前列は4人、左からヴィットリオ・デ・スカルツィ、マルチェッロ・デッラカーザ、ロベルト・ティランティ、アンドレーア・マッダネーロという配置です。7人編成。

Introduzioneが終わるとヴィットリオ・デ・スカルツィが退場、スカルツィさんはこの後1部ステージ終了まで出てきませんでした。体調崩したのかと心配したんだけど、杞憂でした。第2部では大活躍。

ティランティさんがベース弾いてます。最初から最後まで彼がベース、てっきりボーカルとコーラスで入ってたかと思ったのでびっくり。
ボーカルはアルフィオさんとティランティさんです。
アルフィオさんの歌声はスタジオ版の頃と変わらない、そしてパフォーマンスがお茶目です。

Il Giorno Degli Azzimi 以降は、分厚い音の受難劇が演奏されます。コーラスはテープだったのと、I Testimoniでティランティさんが入るとこ間違えたのはご愛嬌^^;

受難劇が終わると、マッダネーロさん退場で5人に。
そしてパピヨン、今度はデッラカーザさんの哀愁あふれるボーカル。
このバンド、全員が歌います、コーラスします。

アルド・デ・スカルツィ(以後スカルツィ弟)がお茶目で、ステージ上を動きながらメンバー紹介したり、力こぶ作ったり^^

そしてマルコポーロ、さらに鷲と栗鼠からPavanaと、第一部はラッテ・エ・ミエーレのナンバー総さらい、これは意外なセットリストでした。
第一部が終わり20分の休憩、ここでもう満足なんですが、さらに二部がありますよ。

二部のオープニング、なんだろう?とわくわくしていたら、もってきたのは禿山の一夜!
ヴィットリオ・デ・スカルツィ(以降スカルツィ兄)はまずはキーボードで登場、プログレアレンジで緊張感あふれる禿山の一夜でした。
次いでは、父オブライエン、スカルツィ兄の力強い歌声、フルート、期待を上回るパフォーマンス。女性コーラスのところはフルートで、ティランティさんもコーラスに入ってきましたが、マイク入ってないし^^;

第2部の3曲めはホ・ビスト・ポイ!スカルツィ兄の情緒あふれるボーカルが終わると、デッラカーザさんとマッダネーロさんがウィッシュボーンアッシュばりのツインリードギターを疲労、素敵すぎる。

その後は、ビッキオ・ダル・ボッツォの曲や、ロベルト・ティランティのソロアルバムからの曲とか、いろいろ。
ここらへんはあまり聴いてないのでよくわかりませんでしたが、フルートとギターのインタープレイあり、ジミヘンばりの背中弾きあり、ティランティさんのポップな歌声もあり、ぜんぜん退屈しないステージでしたよ。
スカルツィ兄弟はキーボードの他、フルート、ソプラノサックス?、アコースティックギターなど、多彩な楽器を演奏。
後半は前半とはまったく違ったステージで楽しめました。

そして、アンコール。
ニュートロールズのコンチェルトグロッソですよ!スカルツィ兄の優しくも力強い歌声、素晴らしい。
おいくつなんですか?1966年生まれ、60歳ですか、いやー、まだまだ若い!^^

これで終わりかと思ったのですが、ここからが長い!

二回目のアンコールでは、スカルツィ兄が、もう曲がないよみたいなことを言ったようで、客席から、パピヨン!の声がかかると、OKとパピヨン2回目の演奏、なんか得した気分^^;

あー、いいライブだったと、思ったのも束の間、スカルツィ兄が「家帰んなくてもいいの?」と言って、さらにアンコールは続きます。
知らない曲だったけど、なんだろう、3曲くらいやったんじゃないだろか?
最後の方はハードロックがプログレか、もうわけわかんなくなって大拍手の中終了。
22時回ってましたよ^^;

最高のライブでしたよ。
ライブ盤がリリースされたら絶対に買います。全曲収録してくれい!(^^)

メンバーはこちら

Alfio Vitanza / Latte e Miele (Ds, Vo)
Oliviero Lacagnina / Latte e Miele (KB, Vo)
Marcero Giancarlo Dellacasa / Latte e Miele (G, Vo)
Vittorio de Scalzi / New Trolls (KB, G, Flute, Vo)
Aldo de Scalzi / Picchio dal Pozzo (KB, Sax, G, Vo)
Roberto Tiranti / Labyrinth (B, Vo)
Andrea Maddalone / New Trolls (G, Vo)

[Club Titta Kawasaki]
神奈川県川崎市川崎区小川町5-7
http://clubcitta.co.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長竿満月、東京湾アオリ | トップ | カレーハウス ピヨ 川崎ア... »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。