Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

雨ニモ負ケズdeエンジョィフィッシング

2008-06-22 15:39:13 | 親子deエンジョイフィッシング
今日は、2008年の親子deエンジョィフィッシング、第3回!
しかし、第1回第2回は悪天中止、実質的には今回が初回。
昨晩は大島では南西風が轟々と吹き荒れてたんですが、朝には風はピタリとやみ、よい凪、雨もやんだ。これなら行けるぜ、と三崎に集合。



今日は多いですよ、お題目は現在ブームのまっさかり、マルイカ釣りです。
親子deエンジョイフィッシング史上初の4席だし!!



看板はオニカサゴ船、さらにリクエスト船で色々出船中、えいあん丸
イカ乗合に、根魚乗合は中深場の沖メバルから深場のアコウまで、いわき丸



真鯛やイサキ、マルイカで出船、浜福丸
マルイカの名手が集い、オニカサゴやムツキンメにも出船、佐円丸



で、わたしが乗せてもらった船は、この船長。
漢は背中で語る!(^^;)



今回も各メーカーさんが太っ腹に仕掛けを提供してくれました。
もちろん、ロッドもリールも最新モデル。

船よーし!船長よーし!タックルよーし!仕掛けよーし!
インストラクターさん達もよーし!凪もよーし!
さあ、出発ですよ。



今日もみんな良い顔してます。
途中から、雨がざんざか降ってきたけど、そんなのかんけーナッシング!



マルイカのように可憐なアングラー!



一荷ですよ、お母さん!
この女性、上手いですよ^^;、親子で19杯!



はい、ピース!



よいサイズのマルイカですね。レンズに水滴ついててゴメンね^^;。



船長も指導しますよ、竿をとってちょいちょい、でハイ乗せた。
さすがにマルイカ釣らせたら上手いや、Boo船長。

えーと、そんなこんなで、イカ釣り初めてはおろか、船釣り初めての人もマルイカと遊ぶことができました。
家族では10杯前後とってたかな、お土産は十分。
今日は美味しいマルイカ刺身が食卓に上がることでしょう(^^)。

わたしといえば、子供たちの笑顔に、今日も癒されましたよ
さて、次回は7月5日(土)、安浦港のカサゴ釣り教室です。
まだまだ募集中、梅雨が明けるか微妙なとこだけど、天気の良いことを祈りましょう!
お申し込みはこちら↓から。


なお、この日の詳しい模様は、7/15発売のつり丸8月1日号で紹介します。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺通 [新代田] | トップ | 引越し作業中 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまでした! (Taroken)
2008-06-22 18:03:44
いやぁ、ちゃんとカッパ着てたのにびしょ濡れでしたぁ。。
でも、ちびっこの笑顔を見るとついついがんばっちゃいますネ。
次回もがんばりましょう。

おつかれさまでした (calm)
2008-06-22 23:47:48
さきほどは声かけていただき、ありがとうございました。
tarokenさん、インストだったのですね。すみません、てっきり参加者の人と勘違いしちゃってました^^;;。
そっか、だから前回の中止の場合は早めに港に行ってたんですね、なんか変だな、と思ってたけど今気づきましたよ^^;;;。
今後ともよろしくお願い致します。
船長も楽しかった!釣教室 (Mr.BOo)
2008-06-29 15:03:51
コメント掲載が遅れてごめんなさい。日々のお仕事ご苦労様です。今後に向けての課題もございましたが、怪我もなく無事に楽しくマルイカ釣を体験していただいた事が最大の宝でございました。ちびっ子様の竿を持たせていただいてのレクチャー。大きくなってもフット思い出してくれると幸いです。自己紹介もほしいよね。結構BOo丸では”のったのったぁ~”などとちょっぴりみなさん引いてたでしょう。親子でもっともっと会話しましょうよね。”よかったねぇ~”とか”泣き笑い”もMore Moreよ。サメの登場も良かったね。Staffのみなさん大変ご苦労様でした。シマノ伊藤さん竿ありがとうございました。つり丸さんNice!Phot楽しみです。また、丸十丸・所エ門丸・やまはち丸三軒からの竿の御協力を頂きました。ありがとうございました。
Boo船長、ども! (calm)
2008-06-29 15:56:35
わざわざこんな正体不明のブログに来ていただき、ありがとうございます(^^)。
今日、日曜日も先日の親子deエンジョイフィッシングに負けず劣らずの雨降りですね。

なるほど、船上での親子での会話ですか、確かに釣ってるときはみなさんなかなか余裕ないかもしれないですね。インストの説明は二人でよく聞いてくれるのだけど、確かに親が子に教えるというより、一緒に教わるって人も多いかも。
でも、家に帰って、食卓の魚やイカを囲んで、お母さんも交えて、これボクが釣った、これはお父さんがというように会話が盛り上がったという話も聞きました。日本人らしくて地味な喜びの表現法だけど、もっと船上で釣った瞬間にパフォーマンスするのもいいですね。そこらはインストや船長が盛り上げていかねば!(^^)。

サメの登場も偶然にしては出来すぎてましたね、背ビレを水面に出してゆうゆうと泳ぐサメは、まるで映画のJAWSのようです。あれは実はやまはち丸のタケル船長がアクアラングつけて泳いでくれていたというのは内緒です(ウソです^^;)。

丸十丸・所エ門丸・やまはち丸さんも竿を貸し出してくれてたんですね、それは知らなかったです。ありがたいことだし、みなさん協力的なことはなにより貴重なことです。

つい昨日、JCF.Fleet代表とあれこれ話す機会があったんですが、やはり港全体で協調する雰囲気を持っているところが、こういうイベントや教室をやるとうまくいくし、人も集まるなんて話をしました。
三崎の船宿さんたちは、そういう意味では親子deエンジョイフィッシング開催には理想的な地区ではないでしょうか。カワハギ教室のときもまたよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
親子DEエンジョイフィッシング(マルイカ)@三崎 (Taroken's blog)
この企画、本年度は第3回目の催しものなのですが、1・2回は悪天候で中止となりましたので今回が実質1回目。 そして、私も初のインス...