Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

秋の好機、亘理沖のヒラメ

2011-10-21 16:49:56 | 釣りレポ 2011

この日は帰宅日。ホテルで朝ごはん食べてのんびり走って帰ろう、と思ったんだけど、せっかくなのでもう一回船乗ろうかな。
と、針生さんに紹介してもらったのが亘理のヒラメ。
このところ大型があがってます、80cmオーバーは連日、90cmオーバーも顔だしてる。
ここはいっちょう、大ヒラメ狙いをやってから家に帰りますか(^^)
単身で向かったのは、亘理のきくしん丸。亘理では一番人気の船宿だそうです。

今日も凪はいいですよ(^^)。
平日だけど、釣り客は20人の盛況です、わたしは右舷の2番目に。

餌のイワシは大羽、20cmありますよ。これならでかいヒラメが食いつきますわ^^

きくしん丸では、足元の桶にまず10尾が配られます。それを使い切るとさらに10尾。
きっちり各自のイワシ配布が決まっています。
こりゃいいですね、餌を無駄遣いする人は自分の分が早くなくなるだけだから。

さて、そんなこんなで工程は30分ほどの亘理沖、期待感いっぱいで第一投。
しかし、アタリなし^^;。次の流しも、その次の流しもアタリなし^^;;
こりゃやばい雰囲気です。昨日は2隻で50枚上がったヒラメが今日は音沙汰なし。

ヒラメに嫌われちゃったか?と不安になった頃、船長は20分かけて大移動。
そしてやっと私の竿にヒラメのアタリが到来。

一枚目はキロ級の小型ながら、型をみてホッと一息。
この後は、流し替えのたびにアタリが到来、サイズもキロ半から2キロが中心、亘理沖らしいヒラメ釣りになりました。

イワシは大羽でも、孫針はナッシングがわたし流です。
やっぱヒラメに餌を呑み込ませて掛けないとね!特に大ビラメ宝庫の亘理では^^
これだとソゲが掛かりにくいので数は伸びませんが、型物だけ相手にすれば十分。

こんなふうにガッチリと針ガカリしてくれます。

期待の大ビラメですが、この日は最大で70cm。
わたしは58cmが最大でした。90cmオーバーを狙っていたけど、まあ大物は時の運ですから(^^)。

この日は7打数5安打、5枚でフィニッシュ。終わってみれば、満足な釣果で沖上がり。
船では20人で50枚のヒラメが上がりました。
外道にはイナダがたくさんにマトウダイ。
イナダが多いので、餌の消費も激しかったです。

この日に乗ったのは大型船、第七きくしん丸。
片舷10名乗っても窮屈さは感じません。

ほかにも大型船が4隻稼動している船宿です。
この日もあと1,2名多ければ2隻だしになっていた模様。

受付は港前の釣具店で行います。
釣具店は津波の被害で壊滅しましたが、現在はここまで復興。

荒浜の港はまだ瓦礫が積みあがり、津波の被害を物語っています。

そして最後のお楽しみ、亘理名物といえばこれ!

はらこめしっ!!(^^)
亘理名物のはらこめしは、受付時に予約しておけば、沖上がりに渡してくれます。
こちらはきくしん丸特製品、900円なり。

ふたを開けると、鮭といくらがどどーん!

これは旨いです、むちゃくちゃ旨いです。
いやぁ~、汁がかかった飯がまた旨いんだねぇ~、と思わず宮城訛りになるほど旨いです(^^)。
うん、これが食べられただけでも、亘理に釣りに寄って良かった(^^)

というわけで、東北釣行三連荘も無事終了です^^。
帰りは白石ICから東北道~常磐道経由で、途中仮眠をとったものの渋滞ナッシングですいすいと家に着きました。

[荒浜港 きくしん丸]
http://www.kikushin.com/

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

ジャンル:
モブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 36スパイス [野毛] | トップ | 国見SA / あぶら麩丼, いも煮... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (びしま)
2011-10-22 19:54:13
私も昔から“男度胸の1本鈎”・・・^^;

マゴ鈎付けても引っ掻き傷だけ残してスッポ抜けなんてかなり見てきましたかし・・・
やはり、しっかり呑み込ませた引き込みで鈎掛かりさせれば確実ですし気分最高ですね。
Unknown (right)
2011-10-22 20:22:24
きくしん丸懐かしい~。昔よく停留してるボートに運んでもらってハゼやアイナメを釣ってました(^o^)中学生のときなんで、もう20年前かぁ~☆そんな思い出あるところにcalmがいくってなんか嬉しいです♪

でもこんなにヒラメがいるなんて知りませんでした。帰省の際には自分もいこう!
孫針つけないことで手返し早くてイワシもイキイキ、きっとアタリも多いんでしょうね~☆

はらこめしもホント旨そう~(*^_^*)
びしまさんゑ (calm)
2011-10-23 09:59:34
やっぱ、男は度胸で1本針ですよねっ!^^
イワシの泳ぎの面でもアピール高いし、魚から針外すのも楽だし、オマツリのときに解くのも簡単だし、メリットは多いと思ってます。

最近では東北の市販仕掛けにも、チラシ針と銘打って、鮎の友釣りのように孫針を何本も使っているのがありますが、、、なんだかなぁ、、、^^;;
rightさんゑ (calm)
2011-10-23 10:05:24
中学生の頃に鳥の海で釣りしてたんですか(^^)、いいですねー!

20年前といえば、たぶんヒラメの遊漁船はなかったと思います。
マイワシ餌の供給、確保が安定したのも最近の話(それまではセグロをサビキで釣って餌にしていた)だそうで、関東スタイルのヒラメ釣りを始めてから、大型連発の魅力的な漁場としてクローズアップされているようです。

帰省の際には、ぜひ行ってみてください。荒浜は大型船も多くて、快適な釣りができると思いますよ(^^)

はらこめし、海の上で食べたらさらに美味しいだろうなー、と思ったけど、販売は沖上がりのみだそうです^^;
ムヒッ (JIN)
2011-10-24 10:58:04
さすが、素直に帰りませんでしたね(^_^;)
でっかいエサにはでっかい獲物が来る!!
ってか、7打数5ゲットはさすがですね!!
クーラーに収まりきらないくらい釣りたい(-.-;)。。
JINさんゑ (calm)
2011-10-24 22:47:00
この日は外房のように波長の長いウネリがあって、仕掛けを落ち着かせるのに慣れてない人はアタリが少なかったみたいです。食い込ませるのも、竿をウネリに合わせて操作しないといけなかったし。

今回はクール便を使わなかったので、3日分の釣果でクーラーいっぱいだったんですが、家に帰ってからそれを捌くのが一日がかりでしたよ^^;。
ヒラメ7枚も五枚卸しにするの疲れる、もうやりたくない^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。