Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

蓮爾 登戸店

2008-05-28 06:41:44 | ラーメン[二郎亜流,インスパイア]
こないだ夜アナゴ出船中止の日は、実は最初はこの店に行こうかと思ったんですよ。でも、調べてみたら日曜休み、それで陸まで足を伸ばしたわけです。
それから、なんか心のどこかに極太麺が引っかかっちゃって...^^;。
そうなるとダメですね、行くしかない。



「はすみ」と読みます。
漢字の試験にでるから、良い子のみなさんはちゃんと書けるようにしとこうねー!(ウソ)



オーションです。
なーんか、こういう写真撮るなんて、ラヲタの仲間入りももうすぐ~...^^;。

さて、この日の注文は、たま大つけ麺(1000円)。
たまつけ麺とは、タマネギたっぷり魚介風味のつけ麺。
メニューは前回のページを参照(この時より原料高騰により値上げしています)。
入店したら券を渡し、ラーメンが出来たらコールをします。
この日のコールは、やさいにんにくあぶら。
そして、現金100円をカウンターに置いて、うずら卵5個を追加。



麺が来ました。うずらの卵は最初からひとつ乗っています。
これ、こないだ来たときよりも麺が太くなってないすか?気のせいか、すごく太く感じるんですけど...^^;。
麺は湯きりしただけで、暖かいです。こういうつけ麺もアリですね(^^)。



これがつけダレ。タマネギのざく切りがたっぷり入ってます、こりゃ嬉しいね。
スープの中には、ぶたの塊が2つ。



そして、3つめのお皿(丼)がこれ。コールの後にでてきます。
やさい増しで、にんにく(右手)、あぶら(左むこう)、うずら卵が入っています。コールによって、この量が増減します。ぶた増しだとここに乗るのかな?

そして、一番上の写真のように、3つの丼が揃った姿。いやはや、こりゃ豪快ですよ。

さて、いただきます、とつけダレに麺を入れてぼきぼき。野菜を入れてわしわし、ニンニクをからめてはぐはぐ。あぶらを野菜とからめてわしわしぼきぼき。
魚粉が効いたちょい辛のタレも美味しいですよ。



こーんなぶたの塊が2個。子供のげんこつくらいあります。
ぶた入りにするとこれが5個に増えます。

しかし麺が太い、ほんまに太い。
で、ごわごわぼきぼきの麺なので、うどんみたいにつるつるとはすすれない。
はぐはぐもぐもぐ食べて、アゴが疲れた^^;。

麺を全部食べ終わって、「すいませーん!スープ割りお願いしまーす!」



ここで4つめの丼が登場!濃厚な豚骨スープをくれました。
豚骨スープにちょっとずつタレを入れながら、タマネギをボリボリ、これも美味しいなー。
最後はスープをぜんぶ混ぜ合わせて、半分ごくごくと飲んで、ごちそうさま。

いやぁ、満腹です。
食べ終わった時の満足感で言えば、ここは二郎系の中でもトップクラスだなぁ。

[蓮爾 登戸店]
川崎市多摩区登戸1770

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀裂な気分 | トップ | 本店なゝ樹 [恵比寿] »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ここも (たけ)
2008-05-28 22:57:48
行きたい店ですヨ~
calmさんの追っかけしよっかナ?
オーションの絵、笑えます
原価高騰のあおりを受け (SUEOKA)
2008-05-28 23:58:25
麺が細くなる二郎も有る中、この極太面は凄いですぞ。
たけさんゑ (calm)
2008-05-29 08:24:57
よく「二郎はラーメンではなく、二郎という食べものである」というフレーズを聞くけど、この蓮爾も二郎ではなく蓮爾という食べ物って感じです。

たぶん、好みは二郎以上に分かれると思うけど、二郎食いなら一度は食べておきたい、食べておいてほしいって、食べ物ですよ^^;。
SUEOKAさんゑ (calm)
2008-05-29 08:28:46
麺は太ければ太いほど良いのだ、というポリシーが感じられます(ほんまか^^;)。

予備知識なしにこの店に入った人はびっくりするだろなー。
 (ツリキチ)
2008-05-29 20:26:01
オーションは元々、麺を打つ時の打ち粉です。
日陰の存在だったのでチー麺と名づけたのかも。
チー麺? (calm)
2008-05-29 20:41:35
チー麺て知りませんでしたよ。
ぐぐってみると、チー麺(ちぃ麺)は、小麦粉とかん水だけで打った麺で、かの浅草開化楼の麺はこれにあたるみたいですね。

てこたぁ、浅草開化楼もオーションを使っているのでしょうか。
ってんで、またぐぐってみたら、なるほど、
http://w960.blog13.fc2.com/blog-entry-305.html
で、意味がわかりましたよ(^^)。

で、話は戻って、オーションて打ち粉だったんだぁ、と言っても打ち粉はどんな特性があるのかわかんないけど...^^;;。安いのかな?

つまり、コストの低い粉を使って、あのわしわしぼきぼきで風味豊かな麺が出来たってところがオーションで作った麺の素晴らしさ、と理解していいすかね?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。