DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

きのこの杜@日光 大桑

2017年06月17日 | 弁当・惣菜・デリカ
ゆで麺を持ち歩くべきだ。



生麵ではなくゆで麺。



今市の中心部から北へ5㌔ほどの街道沿い、



きのこの杜なる施設で



一杯100円のきのこ汁に出会った。



10種以上は入ろうかという、きのこから出た出汁が大変結構。



しかもアッアッでこのサイズ。

となれば、そばに絡めて啜りあげたい。という心がむくむく湧いて来るのが自然の流れ。
そこで、いつでもどこでも(大体)すぐ食べられる。ゆで麺の出番である。

多くのそば弁当に巡り合ってきたこの大衆食の旅は、ゆで麺のそんな適応力の高さを証明してきた旅でもある。

だから、こんな時の為に、はげしくゆで麺を持ち歩くべきなのだ。

。。若しくは、ゆで麺でいいから、ココはきのこそばを提供するべきよ。と言い換えるコトも可能ですが(笑)






因みに、もしあなたがきのこの杜に来るコトがあったなら、その奥にひっそりとある孔雀の杜に足を運んでみるのも良い。



なぜなら、満開の桜、そば、渓流、温泉などなど。
多くのものに出会ったこの旅の中で、次男がひとつだけ、学校の宿題に選んだテーマ。

それは、孔雀と会話ができました。という絵日記なのであったのだからw




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大使館@谷中 | トップ | 江戸丸@高円寺 »

コメントを投稿

弁当・惣菜・デリカ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。