DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

よねや@高崎

2017年07月08日 | そばうどん
藤岡から高崎に向かう途中で



うどんの看板を見かける。



この入口の横に麺打処がある佇まい。
ココとかココとか。前橋周辺でぐいぐいやられたあのいい感じ。

よし。



うほほ。入ってせーかい。やっぱり。



カウンターに鎮座するセルフ天ぷらも同じだ。
東京のオールドスクール立ち食いそば処に匹敵する、群馬の大衆うどん定番スタイルである。



前橋ではもりばかりだったので、今回は冷やかけをお願いしてみました。

お昼前だったからか、オーダーを受けてからご主人うどんを茹で始めて。



おほー。いいいいいい

天ぷらは明日葉で。
東京の路麺じゃ、めんやが有名だけど、こちらをはじめ、地方の明日葉天ってのはレベルが高い。ぱりぱりさくさくうまいねえ。



そして。出ました不揃い(笑)
ま、うどん屋ほどの極端な不揃いじゃありませんが、やはり楽しい。
麺質も加水たっぷしのもちもちよか少し硬めで、この辺りが高崎と前橋の差なんだろうか。

因みに前橋は利根川の本流、高崎はその支流である烏川にそれぞれ隣接している。
以前より大衆めんの流布の大きなひとつに川が絡んでいるのではないか?との認識を持っているのだが、その事と関係あるのか否か。今後の宿題にしておこう。



そして、せっかくの冷やかけなんで、3口ほどズビズビした後は、おっと手が滑ります(笑)

冷やかけ汁はほぼ常温でごくごく飲める系。ま、温めてないかけ汁すな。そこに天ぷらから滲む油の賑やかさが加わって。
かなり量も多いのだが、気付けば丼の中はすっかりカラとなっていたのであった。



やはりこのスタイルの店はたまらんものがあるなあ。路麺好きならまず間違いないと思う。離れ離れになった兄弟。そんな気がするのだ。



ところでメヌーにジャポネみたいな大関、横綱表記があったけど。目の前にあったこの丼。コレだよね(笑) やびいいい





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂文精肉店@川治湯元* | トップ | 神田商店@花見川団地 »

コメントを投稿

そばうどん」カテゴリの最新記事