DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

平井精肉店@北高崎

2017年07月12日 | 弁当・惣菜・デリカ
わたくし、ぽっと出の取って付けたようなB級グルメは認めませんコトよ。



もちろん、地元を盛り上げようと頑張ってるのはわかる。研究を重ねているのもわかる。
でもね、自分が好きなのは、その地の風土や慣習に裏打ちされたB級グルメなのだ。



詰め込み型の受験勉強した東大生みたいのじゃなく、もっとニュートラルな町の天才や秀才が見たいのよ。



と思ってた。

なので2000年に登場したという「新」高崎名物、オランダコロッケも存在は知ってましたが、キホン興味なかったのです。

が。この日、たまたまお店を見つけてしまい(笑)



あと子供らのお土産にコレも買っとくか。



実はさ。お店伺った時、既に只ならぬうまいオーラが漂ってたのよね。。

があああああー
今まで勝手なコトばかりホントごめんなさい^^;



すっさまじくうまいす。



思えば誕生から17年。訊けば紆余曲折あったともいう。既に地に足のついた名物になっていた、というコトなのか。



いや、違うな。
ひとくちスペアリブ齧ってそう思った。
うましぎ。この店の実力がすごい。

そしてやはり、この実力こそ高崎の風土や慣習に根ざしたニュートラルな天才秀才なんではなかろうかと。




そして思い出した。
立ち食いそばなんだけどうまい店。
名前で食べるんじゃなく、それを作る人の思いが滲むナイスでうまい味。
そこに気付いたトコロから大衆食の旅はスタートしていたのであった。

ともあれ、北高崎にまた寄りたくなる名店をひとつ見つけたのだった。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グルメックおおき@実籾 | トップ | 蒲田屋 女塚支店@蒲田 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。