DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

大使館@谷中

2017年06月16日 | 大衆食堂
週末の谷中。御多分に洩れず人人人の人だかり。イヤだねえ。



なーんてこの日のDK一家もその一味なワケですがw

でも人混みは嫌い。だから谷中だんだんを降りたトコを左に曲がっちゃう。
曲がってしばらく進むと出てくる谷中大使館。



そう、大使館という名の食堂です。
昔はもっと昭和な建物で。取り壊しちゃったの見てあああーと思ってたら、この前新しい建物で再開してたの目撃しましてね。

エビピラフ、ドライカレー、ナポリタン、天津飯、あとビール。というオーダー。



するってーと出てくる出てくる。

そら豆はビールのアテだけど、その他は勝手に出てくるサービス2品。此れらが手が込んでていいいーのよ。

センターの厚揚げと帆立の煮物。
これベビー帆立とは別に干し貝柱も入ってて帆立の出汁がぐいっぐい。やばうぎ。



そしてマグロとアボカド、までならよくある手合いだけれども。そこにブロッコリと新玉ねぎですよ。天才。うましぎ。



で。エビピラフとナポリタン。素っ気ないでしょ?(笑)
でもグラハムカー。バターが効いててこれまたうまいいいい



メインデシュは本能の赴くまま、がつがつイケるうまさ。
対して最初の突き出しは、技を用いたセンスの効いたうまさ。



一杯目と二杯目ではお茶の温度が違う。みたいなおもてなし大使館いいいいいいい



かみさんは密かに天津飯コレクションしてるんだけど、ココうまい!て言ってたな。



自分はあさりの味噌汁と漬物に感心。もう見てわかるでしょ。



そして最後にいい店の証いただきましたー(笑)




とまあ、人混みに紛れ、何時間も並んでかき氷食ったり、メンチを食べ比べするよりも、大使館だよね。
この方がずーと谷中の町と心を感じ取れると思うんだけどねえ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もくりん@中三依温泉 | トップ | きのこの杜@日光 大桑 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。