DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

一休@芝浦

2015年10月12日 | そばうどん
一膳飯屋~路麺のかがみ亡きあと、芝浦ふ頭の大衆食を支える老夫婦の名店じゃないだろうか。



看板すらない削ぎ落とされた構え。ご覧の通り一見店の存在すら見落としがちだ。
しかし朝6時にして入れ替わり立ち替わりで常に客が集う店内。

牛めしと牛うどん、あとは卵や味噌汁、お新香というシンプルなメニューから、湾岸の男達が思い思いの組み合わせで楽しんでいる。



部位不明な牛もつを実に上手に煮込み、それをたっぷりと堂々のソフト麺に乗せた牛うどん230。そうココは手打うどんなんて似合わない。ある種大衆食の極みだ。すばらしすぎる。

一般には知られるコトもない湾岸の早朝の飯事情。コンビニやチェーンの即飯屋に任せきってしまう事もできるだろう。
でもこの存在に、今一度、食の在り方、幸せの在処を考え直してみても良いと思う。



この店前の枝は桜の木。春の早朝ともなれば、ここの景色は酒を飲まずともさながら大衆桃源郷の面持ちだ。
早く起きた日は一度眺めに、そして食べに来て欲しいと思う。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サテンドール@豊島 | トップ | 文殊@両国 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2017/03/04 一休@芝浦 牛めし (知らぬが仏)
以前は浅草橋、秋葉原、神田あたりをペタペタと歩き回ってはモグモグしてたんだけど、職場が変わってコレまた雰囲気の違う場所をペタペタすることになったね。 ずっと前ににゃん......