同人戦記φ(・_・ 桜美林大学漫画ゲーム研究会

パソコンノベルゲーム、マンガを創作する同人サークル

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤンでるなッ 【律氏】

2011年05月17日 | 中編小説
プロローグ

プロローグ

 さて、君達、世の中には様々な愛のカタチがあるというが、この物語はとても特殊で猟奇的なものであることを、前もって伝えておかなければならない。しかし、そこには、誠実で純粋な愛のカタチしかないことも、また事実である。

 いいだろ。
 うらやましいだろ。
 なんなら代わってやってもいいぜ。

 ってか、代わってくんねえか?

 彼らの声に耳を澄ましたとき、この世でもっとも大切なことがわかるだろう。さて、ご案内するのは、このわたくし、名は無き語り部。
 語り部である私は、彼らに干渉は出来ないが、できれば彼らに幸多からんことを祈るばかりである。

第一章

 下田幸之助は恋をした。身も裂けるほどの恋だ。
 このままでは、本当に裂けてしまうかもしれない。しかし、それを我慢していると、想像を絶する痛みが襲い掛かってくるのだ。それこそ、身が真っ二つに裂けたほうがマシなくらい。
 幸之助と彼女は、幼馴染だった。
 そして、高校一年生になった彼らは同じクラスになったのである。
 幸太郎は運命だと思った。いや、もう運命だった。
 だから、ある日の放課後。
 五月病ウィルスが学校に猛威を振るい始めた。歯痛にすら効くという効能を誇る、正露丸でさえ完治させることが不可能なのである。学生は震え上がり、外に出てはいけないと、家にこもりがちになっていた。
 しかし、流行性感冒症にかかるすきもなく、幸太郎は恋煩いにかかってしまっているのだ。
 彼女にはウィルスも効かないようで、楽しげな学校生活を送っていたのだ。その笑顔を見るたびに、苦しみ悶える幸太郎。
 もう我慢は出来なかった。
「好きだ。付き合ってください」
 体育館裏という、もはや都市伝説にすらなりかけている、そんなベタなシチュエーションで、幸太郎は彼女に手を差し出す。握ってくれれば、幸太郎の恋愛は成就したと言える。
「よろこんで」
 彼女は、やわらかな感触を幸太郎にもたらした。
 幸太郎の恋愛は成就したのである。

 しかし、幸太郎は不幸になった――。

 つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 百合に挑戦したかった……。
 なんで一人称で女性主人公にしてしまったんだ、僕。

 ということで、違うプロローグを上げてみました。今回は、ちょっとヤンデレが……。ヤンデレって、どこが萌えるのかわからん。だから、また逃げ出すかもしれませんので、あしからず。

 ところで、
 
「ミルヒオーレ姫、万歳! オール・ハイル・ブ(ry!」

 なんだ、あの姫様は!

 か、かわいすぎる。

 先生、ビスコッティ共和国に行くには、どうしたらいいんですか? え、勇者召喚? 逆に、姫様召喚とか、できないんですか? 僕は、ミルヒオーレ姫に会いたいだけなんです!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

翼をくださいっ! 【律氏】

2011年04月06日 | 中編小説

 雲は白いものだと思った。
 真昼の空に浮かぶそれは、月よりも白いもので、それはタンポポの綿毛のように、ほわほわしている。乗ってみたいものだ。そのほわほわに。きっと気持ちがいいのだろう。
 いつもと同じように、ガードレールの横を歩きながら、私はそんなことを考えていた。
「ゆえっちぃ!」
 その声はっ、
「しのぶッ。ヤメロ!」
「ええ~、じゃあ、湯江子ちゃん」
 呼び方じゃない……。
「もういいよ。で、なんだ?」
「一緒に登校しよっ?」
 しのぶはもうすでに私の腕に絡み付いていて、離れない。
 なんだかなぁ。私は、今日も今日とて、こいつのためにため息を吐くのだ。難儀だ。非常に難儀だ。どうにかならないものだろうか?
 とはいえ、同級生として、クラスメイトとして、姉妹としてしのぶには優しくしなければいけない。いや、優しくさせてもらえているんだ、私。

 私には負い目があるのに。

「明日って、ほら、お母さんと一緒にお買い物でしょ。どうしようか? あたし、この前買ったチュニックがあるんだけどぉ。でもねぇ、色が春っぽくないのぉ」
 そんな話を延々聞かされるうちに、学校に着いてしまった。

 私立アイリシア学園。

 中学校・高等学校を備えた、総生徒数5000人超のカトリック系宗教学校だ。
 学園を有するこの貴意居市は、構造改革特別区域に指定されており、学術や経済の発展が著しい。ここが未来都市といわれる所以でもある。
 しかし、小さな頃からこの未来都市に暮らす私達にとって、たとえば自律型アンドロイドが交番で勤務をしているような光景は当たり前であり、それがすごいとは感じたこともなかった。
「今日から、同じクラスだね」
「え、ああ、なんだって?」
「もうっ、ゆえっちってば、話し聞いてない! 今日から、あたし達、高校三年生だよ」
「ああ、そうだったな」
 にんまりと笑ったしのぶの笑窪に、私は調子を合わせて微笑んだ。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 律氏です。
 そろそろ1000字小説にも飽きてきたので、ここは思い切ってということで、原稿用紙100枚くらいの中編小説を、1000字で区切ってあげてこうかな、とか思います。
 まぁ、僕の書き方は、冒頭を書く時はプロット白紙の状態なので、これからどうなるかなんて、神の味噌汁です。
 今作の主人公は、ちょっと男勝りな女の子と、天真爛漫な女の子二人で、書いたことが無い女の子の物語です。
 ちょっとワケありっぽい、湯江子ちゃんですが、彼女にいったい何があったのでしょう?
 とことで、この続きは、またいずれ。


追伸

 今年度は出来る限り顔を出したいかな、とか思っています。
 一年生……って、今は二年生か、がどれだけ僕の顔を覚えていてくれるか、内心怖くて怖くて(おそらく誰も覚えていない)

 色々大変だと思いますが、がんばりましょー
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加