でゞむ氏の 英文讀解教室

  - in the historical Japanese kana/kanji orthography

・114.3 When describing efforts by foreigners …

2017-05-15 | 出題英文讀解

パート3

     In 2001, Miyazaki published “Gaikokujin Rikishi wa Naze Nihongo ga Umai no ka (Why is the Japanese of Foreign Sumo Wrestlers so Good?),” reissued this year by Meiji Shoin.

     In it, Miyazaki (  C  ) nine (b) salient characteristics concerning the environment of foreign rikishi that have been able to achieve Japanese proficiency, including no prior Japanese study experience before coming to Japan; total immersion*; strong motivation to learn; adaptability; ability to tap* a variety of resources; and no looking [  ア  ] words in the dictionary.

     “To learn the language, they don’t need a teacher or a dictionary,” Miyazaki says. “They just learn through osmosis*. Foreign rikishi are not here to learn Japanese, but to learn sumo. But by learning sumo they have to learn Japanese. That’s their motivation. Many students who learn in classroom studies don’t know what to do with the language they learn. So it’s a matter of identity.”

*注 immersion: 没入すること tap: (資源を)開発〔利用〕する  osmosis: (知識などが)徐々に染み込むこと

 

問3 本文中の空欄 (  A  )~(  E  ) にあてはまる最も適当と思われる単語を1つ選び、それぞれ番号で答えなさい。

C.  1. contains  2. designates  3. refers

 

問4 次の単語の中から本中の空欄 [  ア  ]~[  エ  ] に入る最も適当な単語をそれぞれ1つ選び、番号で答えなさい。

1. down      2. under     3. them      4. it        5. opposite 

6. up        7. overcome  8. on        9. after     10. overrate

 

問5 次の単語の中から下線部 (a)~(c) の単語に最も近い意味をもつものをそれぞれ1つ選び、番号で答えなさい。

1. weak      2. strong     3. holy     4. bright    5. important

6. minor     7. idea      8. conclusion  9. title    10. friendly

 

【解答・解説】

[番號付英文]

3.1  In 2001, Miyazaki published “Gaikokujin Rikishi wa Naze Nihongo ga Umai no ka (Why is the Japanese of Foreign Sumo Wrestlers so Good?),” reissued this year by Meiji Shoin.

3.2  In it, Miyazaki designates nine salient characteristics concerning the environment of foreign rikishi that have been able to achieve Japanese proficiency, including no prior Japanese study experience before coming to Japan; total immersion; strong motivation to learn; adaptability; ability to tap a variety of resources; and no looking up words in the dictionary.

3.3  “To learn the language, they don’t need a teacher or a dictionary,” Miyazaki says.

3.4  “They just learn through osmosis.

3.5  Foreign rikishi are not here to learn Japanese, but to learn sumo.

3.6  But by learning sumo they have to learn Japanese.

3.7  That’s their motivation.

3.8  Many students who learn in classroom studies don’t know what to do with the language they learn.

3.9  So it’s a matter of identity.”

 

[設問]

問3 本文中の空欄 (  A  )~(  E  ) にあてはまる最も適当と思われる単語を1つ選び、それぞれ番号で答えなさい。

C.  1. contains(~を含む)  2. designates(~を指摘する)  3. refers([toを続けて]~に言及する)

問4 次の単語の中から本中の空欄 [  ア  ]~[  エ  ] に入る最も適当な単語をそれぞれ1つ選び、番号で答えなさい。

1. down      2. under     3. them      4. it        5. opposite 

6. up        7. overcome  8. on        9. after     10. overrate

 

 

問5 次の単語の中から下線部 (a)~(c) の単語に最も近い意味をもつものをそれぞれ1つ選び、番号で答えなさい。

1. weak(弱い)  2. strong(強い)  3. holy(神聖な)  4. bright(明るい/利發な)  5. important(重要な)  6. minor(小さい/重要でない)  7. idea(考へ)  8. conclusion(結論)  9. title(タイトル/資格/表題)  10. friendly(好意的な)

 

 

[正答へのアプロウチ]

問3  Miyazaki  が主語ですから designates(~を指摘する)が適切でせう。本が主語でしたら contains も可能です。

□參考例文

114.3     The book contains much useful information.

                 その本には役立つ情報がたくさん含まれてゐる。

 

問4  look up the word in the dictionary: 辭書を引いてその單語をさがす

 

問5  5. important か 6. minor を選ばせるのでせう。(salient=most noticeable or important)

[解答]

問3  C.  2

問4  ア  6

問5  (b)  5

 

[語句・構文等]

3.2  やや長い文ですが、英語の特徴である「説明・情報を後ろに續ける」(筆者がこれまで「説明後置」と呼んできたものです)といふ構造になつてゐます。前から順に意味的かたまり毎に頭にはふりこんでゆく讀み方で對處できます。

  主だつた説明の續け方としては、①名詞の後ろに、分詞や不定詞、形容詞、前置詞の句や關係詞節、同格節などを置くパターンがひとつ。それから、②主文に就いて副詞節や分詞構文などで説明・情報を加へるものがあります。さらには、③コンマ、セミコロンなどの符號を置いたり、④ that is / in other words / or などの語句を用ゐるケースがあります。

  「意味的かたまり」が見えるやうになる要件としては、たとへば以下のやうな點があります。

・文構造に關する知識を増やす: 五文型、各種構文、上記の説明後置のパターンなどを例文によつて覺えることが有效です。(主部の中心となる)主語や(述部の中心となる)動詞が見拔けると隨分讀みやすくなるやうに思ひます。英文では語の配置が大きな意味をもち、置かれる位置によつて語のはたらきが定まることがあります。

・語彙力を培ふ: いはゆる熟語や set phrase 等の知識が多いとかたまりが見えやすくなります。また單語を覺える際に接頭辭、接尾辭(や派生語)の知識も併せて身につけると品詞の見當がつき、文の構造が見えやすくなります。

・應用演習を積み重ねる: 長い、また複雜な構造をもつ英文を讀む場合には、基本知識をいくつも組合せて對處してゆくことになります。基本知識に立脚した演習を重ねることが有效です。

 

3.2       a viriety of ~                            いろいろの~

3.2       look ~ up / look up ~         ~を調べる

3.4       osmosis                                發音注意  [ɑzmóusis/ɔz-]

 3.5  <not ~ but >:「~ではなく」。この構文に即して3.5を解することができます。

 3.6  この have to-不定詞は「~にちがひない」「(きつと)~のはずだ」の意味かと思はれます。

 3.8  疑問詞+不定詞: 疑問詞で提示された疑問について、後ろに置かれた不定詞が説明を補ふことになります。(※2014年5月14日付の拙稿に解説や例文があります。)

 

[意味把握チェック]

3.1  2001年に、Miyazaki は「外国人力士はなぜ日本語がうまいのか」を出版し、それは今年明治書院により再刊された。

3.2  そのなかで、Miyazaki は、日本語上達を達成し得た外國人力士の環境に關する九つの顕著な特質を指摘してゐるが、その中には來日に先立つ日本語學習の體驗は含まれてゐない。それらは、まつたくの沒頭、強い學習意欲、適應力、さまざまな學習材料の活用能力、そして辭書で調べたりしない、といつたことである。

3.3  「彼らは、日本語を學ぶために、先生や辭書を必要としない」とMiyazaki は言ふ。

3.4  「ただ徐々に染みこむやうに學ぶのである」

3.5  外國人力士たちは、日本語を習得するために(日本にゐるの)ではなく、相撲を習得するために日本にゐるのである。

3.6  だが相撲を習得することで、彼らはきつと日本語を習得してゐるはずである。

3.7  それ(相撲を習得すること)が彼らの(日本語を學ぶ)動機なのである。

3.8  教室で學ぶ多くの學生は、學ぶ言語をどう役立てるかがわからない。(※机上でことばを學ぶだけで、生活や實務の必要に迫られてゐないやうなケースを念頭に置いて述べてゐます)

3.9  だからそれ(言語習得)は自分が何者であるかの問題なのである。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・英文讀解のヒント (73) 《a... | TOP | ・114.4 When describing eff... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics