空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

宇多喜代子/朧夜の戦車は蹲るかたち

2017-06-28 19:38:00 | 空見屋のスマホで絶句









人あまた鬼籍に入れし春日かな/青萄


『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 和田順子/群るる鴨群れざる... | トップ | 大井恒行/針は今夜かがやく... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みなと)
2017-06-29 17:10:31
青萄さん家の猫ちゃんですか?
三毛猫ちゃん?
口の茶毛が・・愉快です (笑)
Unknown (空見)
2017-06-29 19:24:09
みなとさん🍀このたびは大変なことで、ご愁傷さまでしたm(__)m
お気の毒でコメントも入れられず、失礼しておりました。
はい、この猫は唯一無二の愛猫ですが、もう旅立ちましたのです。
蝶とか蟲には反応なく、ネズミ、モグラ、コウモリ、ヘビ、鳥などは捕まえてくるので非常に困りました😓
Unknown (空見)
2017-06-29 20:21:30
佐藤錦をパクパク食べて、私はこの時期だったか嘘をついたことを毎年苦々しく思い出す。
善良な人だなんて、他にホメコトバモを思い付かず、お世辞で嘘を書いたのです。善良な人だと認知されたいという欲望のある人に。
そんなこともそうでないことも私は何も言うべきではなかった。それ繋がりで後に余計な人に余計な関わりもして後悔ばかり。
誰もが自分の欲にしたがって理性的に生きているのだとしても、嘘をつくのはあまり良くない、たとえその場しのぎのお世辞だったとしても、だ。

コメントを投稿

空見屋のスマホで絶句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。