空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

フェラーリの加速のごとき唐辛子/月野ぽぽな

2016-11-05 21:37:16 | 空見屋の飛んで575






疾走のけものとならん枯野まで/青萄






『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 俳句の雪俳諧の雪窓の雪/宇... | トップ | 立冬/つばきはじめてひらく... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナベパン)
2016-11-06 14:43:22
 空見しゃん  ども^^。  秋晴れはさわやかですね。 短そうだけど。。。  んで 世の中には不思議なことありますが、ひとつだけ100パー存在するものの一つに 気があります。  動物も植物も 生きてるものからは 気が出ております。 私も 気には敏感で 夕べも 仏壇にあがってる花の気を感じ、無言の会話を楽しんでおりました、 とても元気でした。  父親が亡くなる前日 毎日 気を送ってたんですけど、全く 気が出てないのに首をかしげ 帰ったことを思い出しました。  納得しました。  気は 生命エネルギーなんですね。  昨晩  思い出したもんで、これから毎日 気のトレーニング始めます^^。  自分の体にもよいはずですから。 気を出す気を出す気を出す^^。  んがっ!
Unknown (空見)
2016-11-07 19:52:26
ナベパン!!
その気なんの気気になる気~(^-^)/~~なんてね(・・;)
私も気がダイジと思うじょ、けど本読んで…なるほどなぁ、とか感心して、ひとつも実践ができないんだじょ…やらなくちゃなんだよね。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。