空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

ノアザミとノハラアザミの見分け方

2016-09-30 21:39:36 | 空見屋の飛んで575



鏡台にあえかなるきず秋薊 優空




秋の薊はノハラアザミ↑秋の蝶はウラギンヒョウモン(♀)チョウ↓






初秋から秋全般にかけて咲くノハラアザミ↑花の下部の総苞(ふくらみ)に粘りがあります。

‥さて↓



こちらの2枚は春から初夏、夏全般に咲くノアザミ…外見上さしたる相違はないのですが、総苞には粘り気がないようでありますf(^_^)




こすもすや人も柱によりかかる/竹久夢二


『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 山口新聞俳壇九月 | トップ | 吾輩の名は(ずうっと)猫で... »

コメントを投稿

空見屋の飛んで575」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。