空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

「一句一遊」‥奇跡?!の『天』

2016-09-24 20:58:33 | 空見屋の飛んで575


(以下は朧庵「落書き俳句ノート」より、一部をコピぺさせていただきました)m(_ _)m


俳句集団いつき組組長夏井いつきです。今週の兼題は「甘」甘いという字漢字一字ですね。お送りをしております。漢字シリーズの時はとにかく作品のレベルが高いんですけれども、今回またことさらでございました。

篠原そもの一句には、ワタクシ個人的に共感いたします。汀女の忌これは俳人中村汀女の亡くなった忌日です。

◇汀女の忌啜りて甘き中将湯  篠原そも

婦人薬でございます、漢方薬でございます。ワタクシ毎日飲んでおります。中将湯が甘いと思い出したらこれホント完璧な初老の女だと思いますが、汀女の忌という季語がお見事ですね。

そして味わいという意味でターナー島のこの一句もいいですね。

◇禅寺の白粥甘し稲雀  ターナー島

粥が甘いって句は見るんですけれども、「禅寺」「稲雀」ここらへんの季語の重ね方、さすがのベテランでございますよ。

味わいの句、甘いは甘なんで味わいなんですが、味わいに行った句の中で一個だけ面白い発想の句がありました。今日はこの方に天を差し上げたいと思います。日光の優空(はるく)優しい空と書いてはるくのこんな不思議な一句です。

  『天』  長き夜の甘さびしさやマヨネーズ  優空

マヨネーズ好きの人っていらっしゃいますよね。何にでももうマヨネーズ御飯にもぐにゅぐにゅかけちゃうような恐ろしい人たちね。マヨネーズでこの「甘さびしさ」って言葉よく出てくるなぁと思って。「長き夜」の愁思、秋の思いがマヨネーズの味に表現されていく。





キバナコスモスの畠↑



『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« かみなりすなわちこえをおさ... | トップ | むしかくれてとをふさぐ(蟄... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まどん)
2016-09-25 02:03:44
青萄さん、こんばんは!
>『天』  長き夜の甘さびしさやマヨネーズ  優空
こんな発想、マヨネーズ大好きでも、できません!
青萄さんしかいないです!おめでとうございます!
「甘さびしさ」・・・「かんさびしさ」と読めばよろしいのでしょうか。
真夜中のマヨネーズの存在そのものが「甘さびしさ」なのか、やはり、ここはひとりかけて食べている自分自身なのか・・
「天」の松山への道ははるか遠いです。
(あたたかいコメントどうも有り難うございました!とても嬉しかったです!)
追伸。杉山先生、俳句大賞受賞されたのですね。『泉』買わなくては!
Unknown (青萄)
2016-09-25 16:41:32
まどんさん♪
「天の俳句ノート」が今はどうなっているのか?そっちも楽しみなんです~(*^_^*)
あまさびしさ、ですか?急遽作ったんですね(笑)
松山は遠きにありて思うもの…なんてね~こりゃ組長に叱られるな!!(*_*)


Unknown (空見)
2016-09-26 18:04:54
ひさびさに野道歩き、昔はよくやっていた草の花などをマクロで撮って、なんだか懐かしい感じ♪
産直では地野菜の仕入れ、安くて新鮮が助かる~(*^_^*)
暗くなる前にメダカの仕分けと掃除や水替え、親は別にしても、子たちなんだかんだ100匹超の大世帯。か、かわいい?…と言えば、言えるけど…感動しにくいタチなんで(汗)

Unknown (雪うさぎ)
2016-09-27 00:00:32

青萄さん、ご無沙汰しております~
あ、優空さんて呼ばなきゃダメ?私にはやはり青萄さんがしっくりくるんですが(;^_^A
一句一遊、天おめでとうございます\(^o^)/☆・:*:・゜
なんだかとても嬉しかったです。
何故かというと、いやこのサイト読み逃げながらコンスタントに拝読しているのですが、
最近青萄さんの句が以前とずいぶん変わったなと思っていました。
悪い意味じゃないですよ、とっても格調高い句が多くて、なんか近寄り難いというか背筋のばして拝読いたします、みたいな(笑)
もちろんいつまでもわけわかんない句でウロウロしてる私などと違い、とてもとても素晴らしい作品群なのですが、
以前はもっと面白い句もあったよなあ・・とか勝手に嘆息する一面もあったわけです。
でもこの句の発想、ぶっ飛んでユニークで、久々にスカッとさせていただきました。
ハイポの「オクラ」で笑った記憶が今もあって、ああいう面白い句もたまには読みたいな、と思います。
いやはや、勝手なことばかり言ってごめんなさいね~
ますますのご健吟、ご活躍をお祈りいたします♪
Unknown (青萄)
2016-09-27 20:05:19
わ~い!!雪うさぎさんだ~(*^_^*)♪
いやあ、そうですか?憧れの雪うさぎさんにそう言っていただくと、汗顔のいたりm(_ _)m
オクラがね~組長的にはあのあたりのポイントが青萄の本質、と見抜かれているのかも(笑)
最近は俳号を複数使っています。ポストと一句一遊は優空ですが、ほかでは青萄や空見屋、エネチケーはまた別の名だったりして(汗)
今回の天は、たまたまのこと、マグレです。雪うさぎさんのこれまでの数々の名句、しっかりインプットされて、忘れようにも記憶から消せませんですよ。
私は参加しませんが、81句、頑張ってくださいね。元写俳の仲間として、心から応援しております!!
嬉しいコメントをありがとうございましたo(^o^)o

Unknown (ビビアンヌ)
2016-10-04 15:27:16
これまた、素晴らしい句です!!

「ニューヨーク」の句を思わせるごとき斬新な表現!

天。。。おめでとうございます!^^v
Unknown (空見)
2016-10-04 21:06:21
わ~いビビちゃん、ありがとうございます!!
私はマヨラーじゃないのよ、どっちかと言うと夏井組長のことを詠んだかも(笑)
甘いものを自己規制する夜中には、マヨネーズさえ甘く感じる?のかなと思ってさ、エッエへヘッ(*^.^*)
私はまだ俳句にとりつかれないようにと、逃げ腰の様子見猫のよう(=^・^=)

コメントを投稿

空見屋の飛んで575」カテゴリの最新記事