空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

車谷長吉/名月や石を蹴り蹴りあの世まで

2017-10-05 21:31:35 | 空見屋のスマホで絶句(2)






一粒のぶどう甘美に足裏(あうら)ぬれ/青萄






『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 佐藤鬼房/老衰で死ぬ刺青の... | トップ | 村上鞆彦/ガラス戸の遠き夜... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (空見)
2017-10-05 21:53:56
室温も20℃切るとうすら寒くて小さな電気ストーブちっと付けています🐱
Bspで国芳やってたなぁ、前にまどんさんから国芳のpostcardもろたなぁ、猫のやつ、プププ😱(笑)
Unknown (まどん)
2017-10-06 21:44:13
青萄さん、こんばんは!
ほんと、急に肌寒くなりましたね~
ついおとといくらいまで半袖で頑張っていましたが
フリース引っ張りだしました。
今日もシャツだけで出てしまい失敗でした。
車谷長吉も俳句をしていたのですね!
「赤目~」の本読んだことがあります。
嫌いではなかったです。
先日は中上健次のおじさんでしたが、
好きな作家の俳句というのは気になります!
いま猫~というと青萄さんですよ~♪
Unknown (青萄)
2017-10-07 18:55:15
まどんさんこんばんは🎵
ダンナが車買い換えで今日が納車で少し試運転ドライブでした~🚗
天丼と盛りそば(セットで800円)食べて満腹してましたです~🐽
さて、昔から文人俳句とか言いますものね、余技だから余りうまくないけど?たまには良いです😅
文章を書ける人なら俳句もできるだろう、とか思いますが、やはりその道の俳人には敵わないでしょう、俳句って頭のデキとは関係ないのかもね😱
「赤目…」あの路線が彼のダンディズムなんでしょうね、全く理解できませんが嫌いではないです(笑)
本当に寒暖の差が激しく、さて紅葉はどうなるんでしょうね┐('~`;)┌

コメントを投稿

空見屋のスマホで絶句(2)」カテゴリの最新記事