空見日和

何がとび出すやら...
空見日和の軽~いお話

夏井いつき/雪女ことことここへ来よ小鳥

2017-11-07 19:15:57 | 空見屋のスマホで絶句(2)




(つがいのオナガガモ)



柱巾の鏡ずらりと汀女の忌/青萄




(温室の植物/クレマチス・ユンナネンシス)




『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 林 誠司/手ぶらにてあゆむ峠... | トップ | さが あとり/舞茸のどさりと... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (空見)
2017-11-07 19:33:20
立冬といえど、穏やかな日和。ただ最高気温と最低気温の差がかなりあって、戸惑いつつ寝すぎて…オーマイガーッ😱
ダンナには私より長生きしてもらいたいが、風邪が治らずにもう2週間、けっこう丈夫な人だと思っていたが…老化のせいか❔弱っていますな😅
ジョギングしているおっちゃんの両親は、死ぬまでタバコ吸ってて、90幾つまで元気だったとか。全く人の寿命は分からんです。
そのおっちゃんも一年中ジョギングしてますが、ジョギング後は必ずタバコ吸ってますけど🐱
Unknown (空見)
2017-11-08 23:40:53
温室の高山植物園にあったからって、高山植物じゃないんだな、冬のクレマチスは❗花後はセンニンソウそっくりだ、やっぱり仲間なんだよね😅あまり好きじゃないけど(*´σー`)エヘヘ
紅葉見物がてらの粘り散歩、もう枯れ落葉のが多いが、黄葉はキレイだと思う。晩秋である、葉っぱの最後というのも見事なものである。

コメントを投稿

空見屋のスマホで絶句(2)」カテゴリの最新記事