MY LIFE AS A FOOTBALL

★★★ デーク・スカイウォーカーが送る
      にっちもさっちもいかない日々 ★★★

南谷真鈴!

2017年01月04日 | フットボール・アワー

新年、明けましておめでとうございます。

2017年 ・・・平成だと29年か 
奇数年にはワールドカップもユーロもオリンピックもなしか。
じゃ、たいしてめでたくないか^^

そーは言っても、かるくめでたいから新年にふさわしく富士山でいこう。
富士山は三つ峠から見るのがいい。

 



みよ、この完璧なるフォルム

われわれ山梨県人は、この画をNHKのニュース前にたびたび目にする。
そのたびに時間が止まり見とれてしまう。 見惚れるとも書く。

富士はウチからも頭が見えるし、当たり前にあるものだから、普段は意識もしないが、
台風シーズンにおける絶対的防波堤役(ある種のおまじない)とともに、
三つ峠からの富士は、ありがたくも美しく強大で神々しい山になる。
シン・ゴジラに勝てる唯一の存在だ。



 

 


で、この神々しい山を、近場へハイキングに行くように
かる~~~く登っていたのが、南谷 真鈴さん。



 

①アコンカグア(6,960m) 2015年1月、南アメリカ大陸
②キリマンジャロ(5,895m) 2015年7月、アフリカ大陸
③コジオスコ(2,228m) 2015年12月、オーストラリア大陸
④ヴィンソン・マシフ(4,892m) 2016年1月、南極大陸
⑤エルブルス(5,642m) 2016年3月、ヨーロッパ大陸
⑥エベレスト(8,848m) 2016年5月、アジア大陸
⑦デナリ(6,190m) 2016年7月、北アメリカ大陸 

 
彼女の登頂の足跡・・・これを達成したのが19歳!
南極は極点まで行ってるし。 
もひとつの極点も指呼の間にある。 

エベレストでも耐えうるダウンをユニクロに作らせたとか。
長野風花!につづいて、名前の後に!マークを付けざるをえない女性が現れた。

すげーもんはすげー シン・ゴジラにも勝てる
文句なし 南谷真鈴! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスの約束 | トップ | WRC 48 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フットボール・アワー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL