MY LIFE AS A FOOTBALL

★★★ デーク・スカイウォーカーが送る
      にっちもさっちもいかない日々 ★★★

少年時代 20 白と黒の誘惑 

2017年04月17日 | 少年時代

わが伊勢SSS
ユニを新調した。

赤(あずき色)-黒-黒 という小学生には渋めのカラーリングから、
白黒のユーべタイプにチェンジ。しかもプーマ! やっぱり渋い^^

小僧にはどうかなぁは杞憂に終わり
なかなかどうして、よく似合う。




↑ 紹介しよう、ターツル・ファンキーモンキー・マサキだっ。
こう見えて6年生。 最上級生だ・・・_| ̄|○

スポ少のキャリアは長く、1年生から所属している古株だ。
実をいうと私より長い。
いつも言っている「おまえ、芸人ならにいさんだぞ。メシおごれっ!」

この前は5年生におちょくられ、オレの肩で泣いた^^
さんざん泣かせてあげておいてから、

「優秀選手賞、マサキにしようと思ってたけど泣いたからアウト」
と、非常の宣告をしてあげた。

断トツだったのに・・・
素晴らしい目の覚めるようなヘディングを決めたのに・・・
おまえ、泣いたじゃん 残念

集中すると(めったにしないが^^)悲しそうな顔で走る。
「マサキぃ ちょっと来いっ!」と3千回ほど怒鳴られている(ワタシに)
それもサッカー以外のことで(主に昆虫関係で)

キーパーもできるが、ヒマな時間をポストに寄りかかって過ごす。 
・・・ファンキーだろ

U-10の頃はそれはそれはよく転び、
「5回転んだら交代な」という条件を見事にクリアし、途中交代したこともある。
・・・モンキーだろ

この憎めないにーさんには、借りがある。
低学年の頃、ユニの首の後ろをつかんで引っ張ったところ
首がしまってしまい、その日は終日かすれた声をしていた。
とうぜん、父兄にも話していると思っていたが・・・

こいつはいっさい話題にもせず、
ワタシの名前もいっさい出していなかった。
“おとこの子”なのか、単に無頓着なのか・・・後者だろうなぁ
んでも、どちらにしろ新米のコーチは救われたのだ。
偶然とはいえ、首をしめっちゃったらコーチ失格だもの。
このマーカー耳男のおかげで、子供たちへの接し方を学んだのも事実であります。

千回怒られても、懲りずに1001回目もやる。
それもこんなおとぼけ顔で。

ま、きほん マサキは憎めない。
ちゅーか、きほん 好きなんだろうなぁ あのスタイルが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガケっぷち?

2017年04月16日 | A DAY IN THE LIFE

冷戦の時でさえ、
冷静な人間は核戦争は起きないと確信していた。

滅びるもんね、両者ともども・・・元も子もない

んんんんんがぁ プレゼントデイ
向き合うご両人・・・

   

この並び、冷静な人間でさえケツがもぞもぞしてくる。
やりかねない・・・両者ともども

かの狂犬マティスが至極まっとうな人間に見えてくる。

ドルトムントが、いやフットボールが爆弾の標的になる。
いよいよ世界は発狂しつつある。

みなさん、さようなら  

って、死ぬまで生きてるけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンギュラリティ(Singularity)45

2017年02月20日 | A DAY IN THE LIFE

 Googleの日本語入力を愛用してますが、
先々を読んで、どうぞどうぞともてなしてくれるのはいいんですが、
時に、いやそれいらねぇし んな先回りし過ぎ! みたいなことも起こる。

例えば、練習17:00~と打つと、
次は「れ」まで打たずに「r」の段階で、
あんたの打とうとしてんの「練習」これでしょ! とくる。
うるせぇよ。はえぇって 

ワタシのタイピングスピードをはるかに超えてるもんだから、
あっ Enter押しちゃったじゃん あぁっ17:00~って打っちゃったじゃん 
今回は9:30~なのに _| ̄|○的なことが多々起きる。


 かのUSAでは、「1984」がバカ売れだそうだ。
今日も今日とて、トランプが前夜にスウェーデンでテロ事件が起きたかのような発言をした。
実際には起きてないのに・・・いいのか? ダメに決まってる

トランプの目の周りが白いのは、
日焼けした肌に見せるために、だいだい色のスプレーを顔に吹きかけてるためで、
その際、目を保護するためにゴーグル(Goggle)してるもんだから、目の周りだけ白いんだと。
・・・いいのか^^ やっぱダメだろ おめえの顔がフェイクじゃん

「1984」のビッグブラザーは、
温厚そうな顔だとWikipediaには書いてある。
トランプはその意味でも分かりやすいっちゃー分かりやすい。

※ ワタシ、ビッグブラザーは発達したコンピューターの成れの果てだとばっかり。
  遥か遠い昔に読んだもんで・・・ホントに読んだのか?




さて、そのコンピューター、2045年頃には、
10万円のコンピューターの演算能力が、人間の脳の100億倍にもなり
AIが人間の脳を超えるシンギュラリティ(Singularity)というポイントが来るらしい。

従来の考えでは・・・(こっからはコピペを多用するぞ m(_ _)m)
AIは目的を自発的には持てないから、目的を与える人間を超えられない、はずだったけど
与えられた目的を最高レベルで達成するまで進化を止めないAIは、
途中で人間がプログラムを変えようとしても、目的達成の障害として排除しようとする・・・

まさにターミネーター スカイネットが支配する世界

どうよ? スカイネットとトランプ
どっちを選ぶ? はい!待ったなしにトランプ! 
コラコラ んなもん比べてどーする

ユーチューバーのお遊びを利用して暗殺が始まり、
フラフラ歩く正男ちゃんの姿がお茶の間で視聴できる世界だ。
フェイク顔がフェイクニュースをたれ流し、
でもそいつが核のボタンを持っている世界だ。

大丈夫なのか、世界は

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年時代 19(番外編)

2017年02月20日 | 少年時代

6年生以下のめんめん&うぃめん

ビートルズのリボルバー風にコラージュしようかと・・・考えなかったなぁ
次、やってみよう! 

 


甲府市伊勢地区限定ですね

 

  小僧たちの似顔絵

正式にご卒団の際は、ちゃんと描くからね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年時代 19

2017年02月20日 | 少年時代

 卒団していく6年生へ、
恒例のフォトフレームをプレゼント。

去年から似顔絵も描いたら、そっちがメインになってしまった。
あくまで主役は「額」なんだけど・・・ま、いいと^^
 

  惺 キャプテン



 航大 副キャプテン

 


 帆香 副キャプテン
 

 

 愛遥 副キャプテン^^ 何人いるんだ、副キャプテン^^


 


で、4人が揃うとピッチの出来上がり。
う~~ん、いい仕事するなぁ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さようなら、岡野さん

2017年02月03日 | フットボール・アワー





      


 
 我がサッカーの父にして師 
偉大なる道しるべ

 本当にお世話になりました。
永遠のお別れでございます。
 
                 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WRC 48

2017年01月11日 | フットボール・アワー



48って AKBかっ

死ぬほどあこがれ、ふるえながら見ていた時は16か国だった。

ライブなんて夢の夢。
別世界での別次元の戦いを見られたのは、ずっと時間が経ってからだった。

ブラジルでジュールリメ・カップ(初代の優勝カップ)が紛失し、
メキシコでは、イングランドのキャプテンが泥棒容疑で逮捕されたっけ。
すべてが極東のミソっかすには遠い遠い世界の出来事だった。

16になることは、それだけで偉業であり、なによりの誇りだった。
あの時、アジア枠はあったのだろうか・・・

クライフとベッケンバウアーが対峙した時でさえ、まだ16だったと思う。
4チーム4グループの1次リーグから2チームずつが抜け、
4チーム2グループの2次リーグをやって、2位抜け同士が3決、1位突破同士で決勝だった。

確か・・・
西ドイツ・スウェーデン・ユーゴスラビア・ポーランドのヨーロッパクループと、
オランダ・ブラジル・ウルグアイ・アルゼンチン?だっけ
※ アルゼンチンのバビントン、好きだったなぁ 若きケンペスもいたぞ

んで、そうそう、スペイン大会で24になったんだ。
この時は、3チームで2次リーグやらなかったっけ?
そうです、そうです、ブラジル・アルゼンチン・イタリアが同じグループになっちゃって(T_T)
太陽の子が降臨し、現チェルシー監督のコンテに後光がさして・・・


さて、AKB・・・48になると、アジア枠は8.5になると言われています。
それでなくても、若い人はドーハもジョホールバルも知らないでしょう。

あのヒリヒリ感とワクワク感。
国中が虚脱し、国中が沸き立つ感覚。

命を削るような選手たち。
大の男たちが、次々ピッチに突っ伏してしまう背負ものの巨大さ。

ワールドカップは、予選を含めてワールドカップでしょ。
出場するのが当たり前なのが、果たしていいことなのか・・・。

16の3倍 ですもの。
そりゃ別物といっていいでしょう。

↓ この新しい世界の長 どうよ?






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南谷真鈴!

2017年01月04日 | フットボール・アワー

新年、明けましておめでとうございます。

2017年 ・・・平成だと29年か 
奇数年にはワールドカップもユーロもオリンピックもなしか。
じゃ、たいしてめでたくないか^^

そーは言っても、かるくめでたいから新年にふさわしく富士山でいこう。
富士山は三つ峠から見るのがいい。

 



みよ、この完璧なるフォルム

われわれ山梨県人は、この画をNHKのニュース前にたびたび目にする。
そのたびに時間が止まり見とれてしまう。 見惚れるとも書く。

富士はウチからも頭が見えるし、当たり前にあるものだから、普段は意識もしないが、
台風シーズンにおける絶対的防波堤役(ある種のおまじない)とともに、
三つ峠からの富士は、ありがたくも美しく強大で神々しい山になる。
シン・ゴジラに勝てる唯一の存在だ。



 

 


で、この神々しい山を、近場へハイキングに行くように
かる~~~く登っていたのが、南谷 真鈴さん。



 

①アコンカグア(6,960m) 2015年1月、南アメリカ大陸
②キリマンジャロ(5,895m) 2015年7月、アフリカ大陸
③コジオスコ(2,228m) 2015年12月、オーストラリア大陸
④ヴィンソン・マシフ(4,892m) 2016年1月、南極大陸
⑤エルブルス(5,642m) 2016年3月、ヨーロッパ大陸
⑥エベレスト(8,848m) 2016年5月、アジア大陸
⑦デナリ(6,190m) 2016年7月、北アメリカ大陸 

 
彼女の登頂の足跡・・・これを達成したのが19歳!
南極は極点まで行ってるし。 
もひとつの極点も指呼の間にある。 

エベレストでも耐えうるダウンをユニクロに作らせたとか。
長野風花!につづいて、名前の後に!マークを付けざるをえない女性が現れた。

すげーもんはすげー シン・ゴジラにも勝てる
文句なし 南谷真鈴! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの約束

2016年12月24日 | A DAY IN THE LIFE

拓郎SONGSからの小田和正

高齢の・・・恒例の「クリスマスの約束」

今年の目玉は宇多田ヒカル! オーマイガー
ぜってい観ないと・・・と言いつつ、高齢の寝落ちです _| ̄|○

なんとか目を覚ますと、すでに始まっており・・・
・・・凄いなぁ 宇多田は。
小田とのデュエット「たしかなこと」 これは 反則だなぁ 泣ける。
上等な白いシャツのような・・・美しすぎる。

まさに贈り物。


つづいて、和田唱とマッカートニー・メドレー
ジャンク~ウォーターフォール~シリィ・ラブソング~マイ・ラブ
素晴らしいんですが、一点だけ注文が。

「マイ・ラブ」は、ギターソロが必須です。
あのソロあってのマイ・ラブ。
だって、マッカートニー本人がこう言っております↓

「彼はいきなり「マイ・ラブのソロ」を演奏した。
 そこで思ったのは、めちゃくちゃ凄いってことだけだった。
  誰かの技術や思いが、自分の希望を超える瞬間っていうのがたくさんあったんだよ」


彼、ヘンリー・マッカローは、本番直前にギターソロを変えたいとポールに言ったそうです。
ワンマン経営者のアイデアを無にするのは度胸がいる。
独裁者に逆らうと明日はない・・・でも、こっちの方がいいに決まってる

だからこそ、ヘンリーのギターソロは永遠なんでしょう。
ソロ途中でマッカートニー自身が、「Oh!」って、思わずもらしてますもの。

Paul McCartney & Wings - My Love [Live] [High Quality]


さて、記憶がまあまあ残っているのはここまで。
後は録画を見てみましょ。



  ※ ヘンリー・マッカローは、今年鬼籍に入りました。
  ※ 「上等な白いシャツのような」 これはサンタラの田村キョウコさんからのパクリm(__)m 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のバラとウォシュレット

2016年12月24日 | A DAY IN THE LIFE



冬のバラは清々しい。
いかにも薔薇バラしていないところがいい。

美しいバラの話はあっという間に終了し・・・

・・・トイレの便座、ウォシュレット取り替え工事をしよう。
TOTOの5万円也を、コ~~ジマっで購入済みだ。 
工事代金6700円はキャンペーン中で無料なのだが、
時間がかかりそうなので、ここはDIYでいってみよう。 

デーク・スカイウォーカーの別名を持つワタシ(初期のハンドル名^^)
大工(デーク)仕事はお手の物。 

水道の元栓を止めて と。
まずは配管か・・・楽勝でしょ・・・うん?長すぎるなぁ
純正のフレキシブル菅が長いのよ。
てんで、使っていたやつをサンダーでカットして再利用・・・うん? 角度が合わんなぁ

しゃーない、ホームセンターへGO! 
この時点で、すでに楽勝とは言えません_| ̄|○

折り曲げ可能なやつを加工して、分岐金具も取り付けて と。
今度こそ楽勝でしょ



ベージュ系ホワイトも30年経つとでベージュに完熟している^^
後ろのベテラン・タンクの色と、手前の新人ウォシュレット便座の色の違うこと。

試運転も水漏れなし! 

ホームセンターへの往復を差し引けば・・・
取り付け作業は、ざっと1時間半くらいか。
デーク・スカイウォーカー、ミッション終了~~
「May the Force be with you」 フォースとともにあらんことを

さて、遅まきながらこのウォシュレット、母屋の母親専用。
ワタシはこれ↓

 

同じTOTOの誇る、携帯ウォシュレットだ。 
これで、じゅ~~~~ぶん事足りる^^

で、齢90の母親の感想は・・・・・・
リモコンの操作がむずかしい と。

 

というわけで、必要なボタン2個、緑と赤でふちどる。 
「信号と同じ。青でGO 赤でストップ それだけだよ」 

母、いまだ生還せず _| ̄|○ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エア・マラドーナ5人抜きをやってみた

2016年12月24日 | フットボール・アワー


↑ 「Foot!」 に明神がゲストで登場 ↓




その明神が「Foot!」好きになったきっかけがご存知!? 亘崇詞
日本人の9割以上が読めない名前・・・知ってる人は知っている・・・「ワタリタカシ」 ↓




ワタリはマラドーナにはさん付けする^^
マラドーナさん と。 ボカの先輩だから。
そして明神をとりこにしたワタリのレポートがこれ ↓


エア・マラドーナ5人抜きをやってみた


超おもしろい!

かのアステカで、やる方もやらせる方も素晴らしい!  ビバ!メヒコ じゃ
ワタリは、同じ試合で出た「神の手」もハンドじゃなかったと贔屓の引き倒しを図っている^^

そのワタリ、岡山湯郷のGM兼監督になった。
さすがに覆面をかぶってピッチに出てはこないだろうが・・・・・・出てもいいヨ

内巻敦子さんによるFoot!のイラストにもフッボル愛が溢れている。
’02日韓ワールドカップの際の、明神ネタも見事だった。
例の「8人の明神とクレージーな3人がいれば完璧なチームになる」
・・・というトルシエのクレージー発言をイラストにしたものだ。
※ 各自、想像してちょ


ちなみに、マラドーナさんの神の手と5人抜き、ワタクシ現場で見てるぜ!
ここ、ここ、アステカで。 
自慢じゃ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう、予想はよそう

2016年12月04日 | フットボール・アワー

優勝は心の中で・・・
・・・ただ今回は準決の出来が悪すぎた、杉田 と。

予想通り、予想は外れる と。
U-20女子ワールドカップ、ヤングなでしこ3位に落ち着く。

籾木と上野で、3-0は確実にしておきましょう。
次までの課題です。

そーはいっても、U-17、U-20とも日本が他を圧倒しておもしろい。
両大会を制した北朝鮮が次点でしょう。

ブラジルもフランスも、マルタやネシブに次ぐ選手を見出していませんが、
なでしこは長野風花!や植木理子、杉田妃和、長谷川唯、籾木結花などなど
個性豊かなキラ星たちが、サワノホマレの星を継ごうとしています。

一点、物足りないものがあるとすれば、スピードです。
走るスピード、瞬間のダッシュ力、そしてパススピード。
ハエが止まるようなパスを、何度インターセプトされたことか。

とはいえ、女子の将来は明るい。
前々から薄々感じてはいたけれど・・・サッカーは女子かもしれん^^
ま、すでにそーなんだけど。

 なでしこの原種がここに。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕らの暴言王

2016年12月04日 | A DAY IN THE LIFE

大統領しりとり

トランプ→プーチン ・・・終わっちゃったぞ^^ 
核ミサイルのボタンを握る比類なきおふたり・・・ 凄い世界になったものだ。

トランプ、トランプ騒いでいますが、我が国にも暴言王はいる。
それも親子で。

息子の元天気予報士は、オヤジの火消しのつもりか、近頃やたらうるさい。 
でなくてもうるさい五月の蠅が、見苦しいこと極まりなし。 
暴言する度胸はないから、叩いても大丈夫そうなところをキーキー突っつく程度だが。

日本の暴言王の代表的なやつを、文春の「言霊USA」からどうぞ↓

 

ワハハハ さすが慎太郎  さすが文学者
このひとが核ミサイルのボタンを握らなくてよかったね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あとふたつ!

2016年11月24日 | フットボール・アワー

U-20女子ワールドカップ 優勝おめでとう!

まだ? 
いいんです ワタシの心の中では優勝しております・・・
・・・って、このパターン、U-17でも言って決勝で負けたぞ^^
油断大敵じゃ

じゃが、じゃが、圧倒的じゃないですか。
ブラジルに、な~~~~~んもさせない気持ちよさヨ \(^o^)/

日本がアタッキングサードに侵入すると、
パプアニューギニアのファンがキャーキャー騒ぎますもん \(^o^)/
ハートわしづかみです。

“絶対女王”杉田がまわりだしました。まだ7分咲きくらいですが。
そして前線のファンタジスタふたり↓



 籾木はアーチー・ジェミルを思いおこします。 古くて誰も知らんぞ!
いや~ このところ女子の話題ばかり書いてますが 幸せです^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少年時代 18 

2016年11月08日 | 少年時代

少年時代もパート18か・・・

今回はスピンオフってわけでもないが、少女時代のお話を少々。

写真も前からは恥ずかしがるので、バックショットにしておこう。
「ちょっとぉ やめてぇ~」 とか言われそうだが・・・



7番と11番、世間じゃエースナンバーだ。

7番がホノで11番がアッスー 
ふたりとも美人と評判だが、2頭のメスゴリラとも呼ばれている^^

「男はぶっとばしていいぞ」という私の調教・・・教えを素直に実行している。
事実、泣かされた他チームの男子は数知れず。
文字通り、ぶっ飛ばされ、叩きつけられ、転がっちゃうのだ、男の子が。
そこへ「ごめんね・・・」とか謝られた日にゃあ、そりゃ男子 泣きます、くやしくて^^


足は速いし、当たりも強い。
フルタイム動きまわり、ハートは鋼(はがね)でできている。
スリーバックの両サイドは、男子の入り込む余地など微塵もない。

まあ成長したこと・・・・・・

入団したころときたら、
リフティングのはじめの一歩、リフトアップができません。
足の裏でボールを引くのさえおぼつかない女子ふたり。
引いたら引いたで、今度はとんでもない方向へボールが飛んでいきます。

何もかもが、ハシにもボーにもかからない・・・

「できなぁい こんなの無理!」 と言いつつ、試合になれば出たがるふたり。

「なあにぃ 出たいだぁ? 身の程を知れ!」 何度ベンチで言ったことでしょう^^

「どーせ 出してくれないんでしょ」 

「当たり前だろーがっ! やかましいわ!」


んがしかし、ふたりはあきらめない、へこたれない。
つづけたんですね。 地道に努力をつづけたんです。
まさに継続は力なりです。
 ※努力を努力と思わせないところが、ふたりのちょっとカッコいいところです。ちょっとね。

6年生になり、今やふたりとも県トレに選ばれるまでになりました。
他チームの指導者たちも、異口同音にふたりをホメます。

技術はまだまだ稚拙ですが、
素晴らしいサッカー小僧・・・小娘になったと思います。


※ ちなみに リフティングの回数はすでにワタシを超えております_| ̄|○
※ 基本、タメグチです_| ̄|○


コメント
この記事をはてなブックマークに追加