東京日和 曇り後、晴れ for all women インテリアのレシピ

インテリアをとおして・・仕事、プライベート、子育て。色々なシーンでその場所をより楽しく過ごすエッセンスや情報を綴ります。

自分に優しく、心地よく。北欧インテリアが教えてくれること。

2017-06-15 | インテリア
こんばんは!(*^_^*)

今日は素敵な日になりました。

今日はお休みで~す♪♪

そして、お休みを無駄にしてはいけないと、、、

ICON(日本インテリアコーディネーター協会 )から

お知らせ頂いた、北欧インテリア・暮らしセミナー☆彡

(初夏のヘルシーカフェランチ&スイーツ付き )!!

に行って参りました~(^o^)/まず、興味があったのは・・

今、大人気の北欧インテリアとは?北欧の暮らしとは??

マリッメッコとか?テーストとか何となくイメージは

出来ていますが、実際はどういうものなのか??

もっと知りたかったので。。

主催は株式会社リブコンテンツさん

”しあわせを作り出すオーダーキッチンのある暮らし”のキャチコピー。。

HPを拝見して、是非、会社に伺いってお話を聞きたい!!と

思いましたのと、食べ物~!!に釣られましたあ~!!(*^_^*)

リブコンテンツさんは恵比寿の店舗から、都立大学駅に移転して

1年程だそうです。1階はオープンキッチンと大きな大きな四角い

テーブル、セミナー専用なのでしょうか??一度に12人くらいで

テーブルを囲んでお食事が出来ます。

こんなかんじです。









2階はキッチン、洗面台、収納家具、トイレのディスプレイ。。

どの展示もとても素敵でした!!

こんなかんじです。











そして、お食事!!遊民カフェさんのヘルシーランチ!

体に良いものばかり!!繊維質が豊富~酵素玄米ごはん。。

かなりのデットックス効果です。







さて、肝心の『北欧のインテリアと暮らしのセミナー』は

ICONの会員でもいらっしゃる、超ベテラン、インテリア

コーディネーターの香取美智子さん。香取は実際にスウェー

デンとフィンランドに行き、色々な方のお宅を取材。去年は

ICさんや一般の方と北欧インテリアと暮らしのツアーに同

行されたようです。

その時のお話や、いろいろな企業様と取り組んでいる、暮らし

やインテリアのコンセプトや暮らしのデザインについてもお話

下さいました。


先ず、いかに北欧の国の方が住まい=人生という位置づけで、

各自、各々の家=住まいをデザインすることに、力を注いで

いるか。まさに、”空間をデザインすることは、人生をデザ

インすること”のようです。

ですので、家に置く家具や食器、空間のディスプレイには

手を抜かない。本物志向、ナチュラル志向、エコにこだわる

ほとんど、プラスチック製品がないのだそうです。

”北欧=原色使い”のイメージでしたので、意外でしたが、

原色のものはファブリックや食器のディスプレーのようです。

そして、一家族の家の広さの平均は72㎡と、日本とだいだ

い一緒か小さいくらい??そうなんですね。なので、日本人

もお手本にしやすい。また、北欧の方の気質も、謙虚、堅実、

几帳面と日本人と同じとか。。靴を脱ぐ文化など共通の感覚

です。

北欧は、雪に閉ざされる期間が長く、家にいる時間も長い。

その為に、家の中を明るいインテリアで飾る。美しく、温

かいイメージで部屋を飾る。長い冬が陰ならば、陽で明る

くのようです。ガラスは光る暖かいものというイメージだ

そうです。キャンドルの炎を朝、昼、晩と必ず、心の安ら

ぎとして取り入れて生活するそうですので、炎が写り込

んだガラスは暖かいイメージなのかも知れませんね。

そしてホワイトグラデーション。白は反射する色なので、

部屋を明るくしますね。その白をホワイトアイボリーや

薄いグレーでグラデーションにします。

”LAGON”とい言葉。程よく、丁寧に、余裕。

完璧にしない。が、丁度いいのだそうです。

”抜け感”ですかね。。

人もそうだとか、忍耐強く、協調し、最終的には

”ポジティブに諦める!”(笑)  そうなんですね。。

厳しい気候からの感覚なのだそうです。

ポジティブに諦める!?、、何だか、納得。自然の驚異

や全くの自然と共存する国。人にも、自然にも、動物に

も優しくが基本なのだそうです。

そして、自分にも優しく、心地よく。

すっ~と、肩の力が抜けますねえ(*^_^*)



インテリアは”心を満たすためにある”。模様替えは人生の

問題解決なのだそうです。

綺麗なインテリアと実際の生活の折り合いの答えがここに

あったようにも思いました。

北欧の素敵な国々。その魅力が前よりも分かりました。

ますます、、実際に行ってみたいところになりました。

(*^_^*)



おまけ。

情報は自分で租借して、思考すること、自分の考えに変換

することも大事。常に問題意識を持って思考するクセをつ

けておけば、だた情報を入れるにはならない。情報を入れ

る段階で、自分のベースにある疑問や、問題意識の答えを

最初から考えながら、情報を吸収しています。それは、何

かの施工例を見る時も一緒。ちゃんと納まってる?どう納

めてる?色バランスは?材料は?実際、必要な時の引き出

しとして。。漠然と情報収集はしないです。時間が勿体な

いですから。それで、実際のプランの時に具体的に必要な

情報取集をもれなくすることが一番効率が良いかな?と、

思います。シンプルがいい。


そして、このブログは情報のおすそ分けを。。してます。。

そんなブログです。

お仕事の方を今後もご紹介していきたいかな。。たくさん

のICさんや素晴らしい考えでお仕事をされている方の。どの方もみんな素敵だからです(*^_^*)

自分のお仕事をお伝えするつもりでもない。。

”インテリアと住宅、暮らしを考える”を目的に具体的な内

容でお伝えしております(*^_^*)



自分に優しく心地よく。素敵だなあ~と思いました。

ではまた。






お読みいただき、ありがとうございました。

これかも、ぼちぼち、インテリアや毎日を楽しく過ごす
情報をお届けいたします。


ランキングに参加しております。(#^.^#)
良かったら、ポッチとポッチとクリックして応援をお願いします。
インテリアコーディネート ブログランキングへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山田孝之のカンヌ映画祭 | トップ | ICON(アイコン)とは何かとい... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL