でぶたんの城Ⅱ

デブ,ボチャ,メタポ君みんなおいで~。デブ,ポチャ,メタボのためのブログっす。本ブログのコピーは一切禁止っす!

「白鵬に内弟子 中村が宮城野部屋に入門、世界選手権85キロ未満で2連覇」とのニュースっす。

2017-02-22 05:59:14 | スポーツ


デイリースポーツ
 2/21(火) 16:36配信
白鵬(前列右)の内弟子として宮城野親方への入門会見
を行った中村(前列中央)。前列左が山口、後列が石浦

大相撲の横綱白鵬(31)=宮城野=の内弟子として石川・金沢学院大4年の中村友哉(22)が同部屋に入門し、21日、宮城野親方(元前頭竹葉山)、白鵬とともに都内で発表会見した。春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)で初土俵を踏む。

 167センチ、95キロの小兵ながら、大学2、3年の世界相撲選手権では85キロ未満で2連覇。スピードあふれる攻めで得意は「左に入ってかた下手投げ」と言う。兄弟子には小兵で業師の幕内石浦がおり、目標の存在だ。

 進路に悩んでいた昨夏、部屋関係者に誘われ気持ちはプロに傾いた。今年1月の初場所前に白鵬と初対面し、入門を決めた。「去年の夏から、(プロで)やってみたいと少しずつ思ってきた。世界で一番強い横綱に付いていけば間違いない」と、力を込めた。

 内弟子とは引退後、自身の部屋を持った際の弟子として、現役中に所属部屋に入門させる力士。白鵬にとって中村は十両・山口、幕内・石浦に次ぐ3人目。「石浦と同じような体形で大きい人にも負けないスピードがある。私は2年半ちょっとで関取になった。それを上回る2年で関取になってほしい。元気に稽古を付けてあげたい」と、語った。

 中村は「この体だから取れる相撲がある。いろいろと教わり、土俵を盛り上げる相撲を取りたい。まずは関取になるのが一番」と、闘志をみなぎらせた。(デイリースポーツ 2/21(火) 16:36配信より抜粋)との内容っす。

 体重別で世界制覇した中村っすが、プロは体重別じゃないっす。碧山のようなでかい力士から宇良のような小柄の力士まで色々いるっす。中村の相撲がどこまで通用するか見ものだと思うっす。スピードのある相撲で相手を翻弄させる相撲を見せてもらいたいっす。まるで鼠のようにチョロチョロと土俵を動き回る相撲かなと思うっす。ミッキーマウス中村っす。(^^ゞ

 その他気になるニュースはここっす。石橋改め朝乃山 富山の人間山脈、関取で第二の故郷に凱旋(デイリースポーツ)2017/2/21 14:00
 今度から石橋を叩いて渡らなくていいっす。(^^ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 照強、春場所へ闘志「地元だ... | トップ | 白鵬 内弟子入門に刺激「頑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。